经济新闻

旗帜广告
把握经济动向,及时发现新商机!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

旗帜广告
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地方信息专题

旗帜广告
从东京到山梨县无论是电车或汽车都能自啊两小时内达到。说到山梨的魅力,不得不提到雄伟的富士山。

东方通信社发行 学苑报

旗帜广告
面向中国国内大学,日语专业学生发放的免费杂志
Home China Online
China Online
6日の新たな感染者は3143人 2日連続で大幅減 打印
2020-02-07 23:24

国家衛生健康委員会の宋樹立報道官は7日、北京での記者会見で、全国で新たに確認された新型コロナウイルスの感染者数が2日連続で大幅な減少を見せていることを明らかにしました。

宋報道官は「6日0時から24時までの間に、全国31の省・自治区・直轄市および新疆生産建設兵団によって新たに確認された新型コロナウイルスの感染者は3143人であった。感染者の増加数は2日連続で減少しており、予防対策の効果が現れている」と示しました。

記者会見ではまた、国家衛生健康委員会医政医管局の特別監察員を務める郭燕紅氏が「『早期の発見、報告、診断、隔離』の対策と、『患者、専門家、資源を集中させて集中的に治療にあたる』という治療法が効果を上げている」とした上で、「武漢における最大の課題は、患者数が増え続けているのに対して、医療のリソースが限られていることだ。そのため、全国から1万1000人を上回る医師と看護師が派遣されている」と示しました。さらに、「治療方案」については「現在までに5回の修正を経て、効果的な治療法と経験を診療マニュアルに取り入れてきた。同時に、中国医薬の強みも生かし、新薬や新たな治療法の臨床応用に力を入れている」と述べました。

 
疫病の中小企業への影響を軽減=北京 打印
2020-02-06 23:23

北京市政府はこのほど、各区政府と関係部門に対し、中小企業と零細企業への負担を軽減させ、金融面の支持を増やし、疫病がこれら企業の経営に与えた影響を軽減させるよう要求しました。

北京市は『新型コロナウイルスによる肺炎の疫病対応、中小企業・零細企業の良好な発展促進に関する若干の措置』を発表しました。中には、行政的な料金徴収の一時停止、対象企業の家賃減免、経営困難な企業の納税延期、零細企業研究費補償などが含まれています。

北京市発展改革委員会の談緒祥主任は、「文化、スポーツ、観光、飲食、宿泊、会議・展示、交通運輸などの業界が疫病によって最も大きなダメージを受けている。これら業種には中小企業が集中している。北京市政府は対応策を講じて、経営上資金面の圧力を緩和させる」と紹介しました。

 
武漢「雷神山病院」 5日に引渡し準備が完了 打印
2020-02-05 18:12

图片默认标题_fororder_G1

2月4日夜 ラストスパートをかけた雷神山病院の建設工事現場

新型コロナウイルスに感染した肺炎患者の収容と治療にあたる武漢「雷神山病院」は5日、引渡しの準備が完了しました。先だって開業した「火神山病院」は4日から、第1陣の患者の受け入れを開始しています。

1月26日に着工した雷神山病院は総建築面積が7万9700平米、ベット数1600台(集中治療室=60台)が設けられており、2000人以上の医療関係者を収容できます。病院全体は医療隔離エリア、医療関係者生活エリア、総合サービスエリアに分けられ、ユニット型の設計となっています。

火神山病院と雷神山病院はいずれも、新型肺炎の患者を収容するための専門病院です。武漢市内ではさらに、「臨時拠点病院」が複数箇所で建設され、比較的症状が軽い患者の収容と治療にあたる予定です。(洋、CK)

图片默认标题_fororder_G2

「魚の骨」状に医療隔離エリアが配置された雷神山病院

病室はコンテナハウスの構造で建てられたもの

最后更新于 2020-02-05 18:14
 
火神山病院で最初の新型肺炎患者の治療開始 打印
2020-02-04 20:30

图片默认标题_fororder_F  图1

10日間で完成した火神山病院は4日、最初の入院となる新型肺炎患者に対して治療を始めました。

病床数1000床を有する火神山病院は、外来診察は設けず、新型コロナウイルスの感染が診断された患者を収容・治療しています。院内には集中治療(ICU)エリア、重症者用エリア、一般エリアを設置し、感染の抑制、検査、特殊診療、放射線診断などが行える補助施設も設けられています。現在、軍から派遣された医療関係者1400人が医療任務に当たっています。

火神山病院薬局の責任者・季波氏によりますと、感染抑制やウイルス抑制薬品、生物学的製剤、救急薬品などを含む新型肺炎患者の治療用の薬品を備えているということです。

图片默认标题_fororder_F  图2

また、感染を防ぐため、病院内では医療関係者用と患者用の通路は完全に分けられ、医療関係者らに安全な医療環境を提供しています。さらに遠隔操作の診察システムを構築し、映像による遠隔診察を行うことができます。

一つの病室には2床のベッドが設置され、専用のトイレも用意されています。また、二層のガラスと紫外線システムからなる伝送キャビンがあり、患者用の食品と薬品は紫外線システムによって消毒され、感染を防止しています。

現在も建設が続いている雷神山病院には1600の病床があり、この病院でも同じく新型肺炎患者の治療にあたります。

 
防護服の生産量2万枚/日に マスク生産は6割回復 打印
2020-02-03 15:50

工業情報化部は2日の記者会見で、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防と抑止に必要な医療物資の状況について説明しました。同部の報道官である運行監測協調局の黄利斌局長は「2月1日現在、中国の医療用防護服の1日あたりの生産量は2万枚に達し、そのほとんどが湖北省、特に武漢市を中心とする地域に提供されている。今後も医療物資を確保するための複数の措置を取っていく」と述べました。

黄報道官は、感染者が最も多い湖北省で緊急に必要とされる医療用防護服やマスクなどの提供について、「2月1日夜24時の時点までに、国内企業から湖北省へ出荷された防護服の数は13万6千枚に、N95マスクは13万4000枚になった。これらの物資は湖北省の対策指揮グループに引き渡された後で分配される」と明らかにしました。

また、医療用の防護服、N95マスク、メガネといった重要な医療物資の供給が不足していることについて黄報道官は「対策としては、第一に、連携を強化することによって中央の備蓄を感染者の多い地域に送る。第二に、重点企業の生産力を活用して生産量を増やし、各企業へ送った特派員の役割を十分に果たすことで原材料や部品などの問題解決を支援する。第三に輸出基準と国内基準のマッチングを推し進めることで、輸出用の商品を使用することを促していく。そして第四に、国際協力を強化し、海外からの輸入を通じた問題解決をしていく」と示しました。

 
<< 首页 < 上页 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 下页 > 末页 >>

第 6 页,共 610 页