経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
Home China Online
China Online
滴滴出行の提携ネットワーク、世界人口の6割をカバー 印刷
2017年 8月 16日(水曜日) 13:28

中国のタクシー配車アプリ大手・滴滴出行は、このほど、中東・北アフリカ地域の配車アプリ企業・カリームへの投資を発表しました。

滴滴出行はここ2週間で国際市場における重要業務をすでに2度展開しており、カリームへの投資で3回目となります。

7月24日、滴滴出行は東南アジア地域の配車アプリ大手「グラブ」と連携し、東南アジアの融資規模の最高記録を更新しました。

また、ヨーロッパ・アフリカの配車アプリ「タクシファイ(Taxify)」へ投資し、EU市場にも進出しています。

滴滴出行の多国間協力ネットワークは現在、北アフリカ、東南アジア、南アフリカ、南アメリカなどの1000以上の都市に広がり、世界人口の6割をカバーしています。「一帯一路」建設の下で、中国の配車アプリ分野をリードする「滴滴出行」は、多くのIT企業と共に海外市場への投資に取り組んでいます。

 
四川地震、3万人の観光客はほぼ避難完了 印刷
2017年 8月 10日(木曜日) 11:55

8日午後9時19分、四川省阿覇(アバ)チベット族チャン族自治州九寨溝県でマグニチュード7.0の地震が発生しました。この地震により、9日午前9時30分までに、13人が死亡、175人が負傷したということです。現地政府の関係部門と民間による救援活動が続いています。

地震が発生した九寨溝県は、有名な観光地です。今がちょうど観光シーズンに当たるため、国内外から大勢の観光客が集まっています。県政府当局の発表によりますと、8日夜の時点で九寨溝には約3万人の観光客がおり、地震の犠牲者の中には数名の観光客が含まれているということです。

地震発生後、四川省震災対策本部は直ちに3万人の観光客の避難を開始し、9日早朝までに観光客のほとんどが避難を完了しました。現在、同県では民兵や武装警察部隊など800人を動員しての救助活動が展開しています。

 
新作映画『戦狼2』が大ヒット中!『美人魚』の記録抜く 印刷
2017年 8月 08日(火曜日) 22:03

国内映画の新作『戦狼2』が、2016年の大ヒット作であるチャウ・シンチー(周星馳)監督の『美人魚』の興行成績を越えました。

本作はシリーズの2作目に当たり、前作に引き続き「中国を侵害したものは、何処にいようと必ず討つ」をテーマとするスーパーヒーローアクション大作です。粗削りな部分はあるものの、総じて優秀な作品であると評価されています。

ストーリーの大筋はアフリカの戦乱から中国の同胞を救い出すというもので、俳優の呉京氏が演じた屈強な主人公・冷鋒による水中アクションやテンポ良い展開が魅力です。

シリーズ1作目は2年前に上映され、興行収入は5億元を超えています。今回の『戦狼2』は好評を博しながら興行成績が急上昇中で、早くもシリーズ第3弾が期待されています。

最終更新 2017年 8月 08日(火曜日) 22:06
 
中国人の海外旅行者数が増加、「爆買い」が減少 印刷
2017年 8月 07日(月曜日) 11:48
中国観光研究院と旅行サービスサイトの携程旅行網(シートリップ)はこのほど、共同で「2017年中国海外旅行発展年度報告」を発表しました。

報告は「上海・北京・広州からの海外旅行者数は最も多く、成都市や武漢市などの海外への旅行者数も急速に増えている。しかし、海外への旅行者はこれまでの『爆買い』から脱出して、飲食・宿泊・交通などの面で惜しまなくお金を使う傾向が強くなりつつ、また現地の人々の生活などを体験してみたい人が多くなってきている。今年上半期、個人で海外を旅行する人は全体の58%を占めるようになった」としました。

 
米高官 朝鮮半島の非核化が米中両国の共同目標 印刷
2017年 8月 03日(木曜日) 18:43

米国のスーザンソーントン国務次官補代行(東アジア・太平洋担当)は2日、「朝鮮核問題において、米中両国は共同の目標を持っている。つまり半島の非核化である。両国は、朝鮮核問題の解決においてより効果的な協力方法を模索している」と明らかにしました。

米国のティラーソン国務長官がまもなく東南アジア三ヵ国への訪問をはじめますが、それに先立って、スーザンソーントン国務次官補代行は、「朝鮮は、一途に核兵器を開発しようとするが、そのために払う代価のことを意識しなくてはならない」と指摘し、交渉のテーブルに戻るよう、朝鮮に呼びかけました。同時に、「米国は、現在朝鮮の行動からいかなる対話の意欲を見ることができない」と述べました。

なお、ティラーソン国務長官は5日から5日間の日程で、フィリピン、タイ、マレーシア三ヵ国を歴訪します。その間、米・東南アジア諸国連盟(ASEAN)外相会議、東アジアサミット外相会議、及びASEAN地域フォーラムなどに参加します。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 520 ページ