経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
Home China Online
China Online
国際組織、WHOへの支持表明相次ぐ 印刷
2020年 4月 09日(木曜日) 18:24

米トランプ大統領は8日、ホワイトハウスで行われた記者会見で、引き続き世界保健機関(WHO)を非難し、WHOへの資金援助を取り消すことを考えていると示しました。また、ポンペオ国務長官も「WHOは職責を果たせなかった」と非難しました。これに対し、国連とアフリカ連合(AU)はいずれもWHOへの支持を表明し、「世界が団結して新型コロナウイルス感染症と戦うよう」呼びかけています。

国連のグテーレス事務総長は8日声明を発表し、「世界保健機関は、支持を受けなければならない。このことは、世界の感染症との戦いに極めて重要である」と指摘しました。そのうえで、「いまは団結が必要な時で、国際社会が一丸となってウイルスの蔓延とそれによってもたらされる破壊的な結果をくい止めていく必要がある」と強調しました。

また、アフリカ連合(AU)は8日、世界が一致団結して感染症と戦うよう改めて呼びかけました。AUの輪番議長国である南アフリカのシリル・ラマポーザ大統領は、「このような時期において、全世界は感染症に打ち勝てるよう一致団結して取り組んでいくべきだ」と指摘しました。

WHOのテドロス事務局長も8日行われた定例記者会見で、「新型コロナウイルスの政治化」というやり方を隔離させるべきだと話し、「新しく現れたこの危険なウイルスを前に、それを政治化したり、政治の点数を稼ぐための道具にしたりしてはならない」と訴えました。

 
中国医療専門家チームがフィリピンに到着 印刷
2020年 4月 07日(火曜日) 18:49

中国の専門家チームが5日、チャーター機でフィリピンの首都マニラに到着しました。フィリピンのロクシン外務大臣らが空港で出迎えました。

チームは、感染症の予防・抑制、臨床治療、検査などの専門家12人から構成され、その多くが新型コロナウイルスとの戦いの最前線を経験しています。

このチャーター機には、中国政府からフィリピンへの支援物資として、サージカルマスク30万枚、N95マスク3万枚、医療用防護服5000着、医療用フェイスシールド5000枚、人工呼吸器30台も積載され、届けられました。

 
チェコ大統領、中国の予防抑制物品質への批判に反論 印刷
2020年 4月 06日(月曜日) 13:30

現地時間5日、チェコのミロシュ・ゼマン大統領は現地メディアの取材を受けた際に、「中国は唯一、他国に防護装備を提供できる国家である。現在80の国家が中国の医療物資の購入を待っている状況で、チェコは購入において価格上の優位性などを提供してくれた中国のサポートに感謝している」と述べました。

ゼマン大統領は、「一部の欧州国家は医療防護用品の輸出を禁止している。新型コロナウイルスに直面している今、欧州の一致団結は楽観的ではない」と述べました。その上で、一部の人が中国の予防・抑制物資の品質を疑っていることに対して、ゼマン大統領は反論し、「前任と後任の衛生部長やヤン・ハマーチェク環境大臣を含む関連者に話を聞いたが、中国医療製品の質は高く、品質問題をわざと大げさにする人は謝罪すべきである」と示しました。

さらに、ゼマン大統領は記者らに写真を提示しました。この写真は「中国製のマスクがトイレよりはまだましである」ということを表したものです。それに対して、ゼマン大統領は、「数百万枚のマスクの中から1つの不良品を取り上げ、それを悪質と判断することは根拠のないばかげた話で、ただ関心を集めようとする報道だ」と述べました。

 
新型コロナ犠牲者の全国規模の追悼式 4日開催へ 印刷
2020年 4月 03日(金曜日) 14:02

新型コロナウイルス肺炎との戦いの中で犠牲になった医療従事者と、この病により命を落とした同胞たちへの全国各民族人民の深い哀悼の意を表すため、2020年4月4日に全国的な追悼式が実施されることが決まりました。

国務院の3日の公告によりますと、期間中は国内全土と外国駐在大使館で弔意を示す半旗が掲げられ、全ての娯楽イベントなどが中止されます。同日午前10時から全国人民は3分間黙祷し、自動車、列車、艦船がそれぞれ警笛やサイレンを鳴らすほか、防空警報も鳴らされます。

 
米国30州が非常事態宣言 連邦政府の医療備蓄は枯渇 印刷
2020年 4月 02日(木曜日) 18:33

現地時間1日、米国のトランプ大統領はノースダコタ州などからの要請をうけて、同州へ非常事態宣言を出しました。米国ではこれまでに、新型肺炎の影響により30の州が非常事態宣言を出しています。

このほか、フロリダ州、ネバダ州、ミシシッピ州は1日に、感染拡大防止に向けた隔離措置を発表し、すべての住民に自主的に自宅隔離を義務づけました。生活物資の購入や、看病など必要な活動以外の外出は禁止されています。この措置に先駆けて、米国の30余りの州ではすでに在宅隔離を発表しています。

また、ニューヨーク・タイムズの4月1日の報道によりますと、「米国連邦政府のマスク、手袋などの医療物資の備蓄はすでに枯渇しており、各州は連邦政府にサポートを求めている。しかし、物資不足のため、連邦政府は州政府、個人企業、グローバル市場で仕入れ先を奪わなければならない」と伝えています。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 611 ページ