経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
Home China Online
China Online
米国 新型コロナ感染者数328万人超 印刷
2020年 7月 13日(月曜日) 18:41

米国のジョンズ・ホプキンズ大学が発表した最新データによりますと、米国東部標準時の12日夕方現在、米国内で確認された新型コロナウイルスの感染者数は328万8788人、死者は13万5118人に達しました。前日の同じ時間と比べて、過去24時間内の新規感染者は5万9904人、死者は518人増えました。

また、米疾病予防管理センター(CDC)がこのほど発表した1日の新規感染者数のデータは数回5万人を超えました。「ニューヨーク・タイムズ」によりますと、アラバマ州やアリゾナ州、フロリダ州など、少なくとも8つの州で、先週の1日の新規感染者数が最多を記録しました。

連日続く感染者の急増で、米国の医療システムと検査機関は対応に追われています。米国の雑誌「アトランティック・マンスリー」が進めている全国追跡調査のデータによりますと、7月3日に新型コロナウイルスの検査を受けた人は71万9000人で、感染拡大開始以来、1日の検査人数の最多を記録しました。なお、過去1週間の1日当たりの検査人数は64万人でした。

 
家事代行サービス業に大きな潜在力 日本企業にもチャンスが 印刷
2020年 7月 08日(水曜日) 18:50

图片默认标题_fororder_G

商務部が7日に開いた記者会見で、関係責任者は「外国企業による中国の家事代行サービス業への投資を歓迎する」と示しました。

中国では外国企業の対中投資に対してネガティブリスト管理を実施していますが、その中に家事代行サービス業は含まれていません。そのため、外国企業も中国企業と同様に手続きをすることで、家事代行サービス企業を設立することができます。

高齢化やいわゆる「二人っ子政策」の実施に伴い、自宅での老後の生活、リハビリ看護、育児などの多様化した家事代行サービスの需要は持続的に急増し、市場の潜在力は大きくなり続けています。

2017年に同業界の営業収入額は前年比26%増の4400億元に達し、2015年から2017年までの3年間に年平均25.9%増の成長を見せました。2020年の市場規模は9000億元に達する見通しで、今後も急成長の勢いを保つことが見込まれており、特にハイレベルな家事代行サービスを有する日本企業などにとってはチャンスであるとされています。

 
「中国グッドライフシティ」トップ10発表 印刷
2020年 7月 07日(火曜日) 18:33

图片默认标题_fororder_D

中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)は6日、「2019年―2020年中国グッドライフシティトップ10」を発表しました。トップ10には上海市、長沙市、長春市、北京市、青島市、昆明市、済南市、海口市、深セン市、アモイ市の10都市がランクインしました。

图片默认标题_fororder_D2

图片默认标题_fororder_D3

この結果は国家統計局、中国郵政グループ会社、北京大学国家発展研究院の共同研究によるものです。達成感、幸福感、安全感を中心に13万人を対象にアンケートを行ったということです。

图片默认标题_fororder_D4

データを見ると、人々は一般的に水質・空気質、治安状況、医療サービス、教育状況、公園・緑化面積に対する満足度が高いことが分かりました。

图片默认标题_fororder_D5

图片默认标题_fororder_D6

北京市と上海市は超大規模都市として、全面的に発展し、各項目の満足度のバランスが取れている一方で、長沙市、昆明市、海口市は2回連続でトップ10にランクインしています。

 
劉亦菲主演の実写版『ムーラン』 全米で公開再延期が発表 印刷
2020年 7月 06日(月曜日) 16:29

图片默认标题_fororder_1-1

今年3月27日に予定されていた全米公開を7月24日に見合わせていた待望のディズニー映画『ムーラン(中国題:花木蘭)』ですが、このほど北米での上映を8月21日に再延期することを発表しました。新型コロナウイルスの猛威が続き、ニューヨークやロサンゼルスの多くの映画館が7月に予定していた営業再開を果たせなかったことが、その理由です。
中国の人気女優・劉亦菲(リウ・イーフェイ)が主演を務める本作は1998年公開のディズニーアニメ『ムーラン』の実写版リメイクで、中国の南北朝時代の叙事詩『木蘭辞』をベースに、父に代わって軍に入り、男装して敵と戦う少女・花木蘭(ファ・ムーラン)の活躍を描いたストーリーです。劉亦菲をはじめ李連傑(ジェット・リー)や甄子丹(ドニー・イェン)、鞏俐(コン・リー)といった中国のトップスター陣がそろってハリウッド大作にキャスティングされた作品として大きく期待されています。
一方で、同時期に再延期を発表したクリストファー・ノーラン監督の新作『TENET テネット(中国題:信条)』も含めて、今夏公開のハリウッド大作は全てなくなり、映画ファンからは残念がる声が上がっています。日本でも『ムーラン』は本来4月17日に一般公開される予定でしたが、新たな公開日は2020年9月4日に決定。

 
世界ブランド価値ランキング 中国企業17社ランクイン 印刷
2020年 7月 02日(木曜日) 19:11

6月30日に発表された2020年「世界ブランド価値ランキングBrandZ(ブランジー) Top百社」のうち、中国企業17社がランクインし、去年の15社よりも2社増えました。

Eコマース大手のアリババグループは依然として中国企業をリードし、去年より1つ繰り上がって、今年は第6位にランクインしました。

中国企業で2番目にランクインしたのはテンセント。そして、酒メーカーの「茅台」やフードデリバリー大手の「美団」、Eコマース大手の「京東」なども堅調な価値でランクインしました。

人気ショートムービーアプリの「TikTok」は初エントリーし、新参者のうち、最高位の第79位に躍進しました。

そのほか、IT大手の「ファーウェー」「小米」「Baidu」、家電企業の「ハイアール」、通信大手の「中国移動(チャイナモバイル)」、銀行系の「中国工商銀行」「中国建設銀行」「中国農業銀行」「中国銀行」などもランクインしました。

图片默认标题_fororder_J1-2

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 620 ページ