经济新闻

旗帜广告
把握经济动向,及时发现新商机!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

旗帜广告
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地方信息专题

旗帜广告
从东京到山梨县无论是电车或汽车都能自啊两小时内达到。说到山梨的魅力,不得不提到雄伟的富士山。

东方通信社发行 学苑报

旗帜广告
面向中国国内大学,日语专业学生发放的免费杂志
Home China Online
China Online
武漢の病院建設ライブ配信が話題に 4000万人超が視聴 打印
2020-01-31 11:36

图片默认标题_fororder_TIM截图20200130090114

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を防ぐことを目的として、武漢市では現在、新型肺炎の専門病院である「火神山病院」と「雷神山病院」の建設が急ピッチで進められています。その建設現場の様子が、中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)傘下の映像アプリ「央視頻」でライブ配信されています。各建設現場に2台ずつ計4台のカメラが設置されており、29日正午にはこの4つのチャンネルの累計視聴者数が4000万人を突破しました。

图片默认标题_fororder_TIM截图20200130090135

2つの病院は2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS)の予防・抑制期間中に建設された北京小湯山病院をモデルとしており、火神山病院の建設は今月23日から、雷神山病院は25日から着工しています。

图片默认标题_fororder_TIM截图20200130090200

图片默认标题_fororder_TIM截图20200130090145

图片默认标题_fororder_TIM截图20200130090216

ライブ配信にはBGMや解説が一切なく、建設現場の映像と音声だけが流れ続けています。また、配信ページにはリアルタイムでコメントを書き込む機能もあります。この凄まじいスピードで進む「神がかった工事」を目にしたユーザーたちからは、「外出できずにストレスを溜めていたが、勇気づけられた」「頑張れ、武漢!頑張れ、中国!」といった感謝と応援のコメントが集まっています。

なお、ライブ配信は以下のリンクからご覧いただけます。

央視頻「疫情24時」

https://m.yangshipin.cn/static/2020/c0126.html?from=timeline&isappinstalled=0

 
英国がファーウェイの5G参入を正式に容認 打印
2020-01-31 11:31

图片默认标题_fororder_微信图片_20200130090307

現地時間1月28日、英国のポリス・ジョンソン首相が召集した国家安全保障会議で、華為技術(ファーウェイ)による英国5Gネットワーク構築への限定的な参入を容認する決定が行われたことが発表されました。ファーウェイの参入が認められたのは、英国5Gネットワーク構築における「非中核的」部分となり、その市場シェアの上限は35%とするものだということです。

BBCの報道によりますと、英国の移動体通信大手4社のうち、3社が非中核部品でファーウェイ製品を採用することを決めたということです。ファーウェイをボイコットする動きについて、ジョンソン首相は14日のインタビューで、「英国の人々には最先端の技術的成果を享受する権利がある」とした上で、「あるブランドへのボイコットをするには、代替の案を示さなければならない」と指摘しました。

現在、英国を除いて、ファーウェイはスペインやスイス、オーストリア、フィンランドなど10カ国以上の欧州国家と5Gに関する協力を展開しています。

 
習主席がWHO事務局長と会談 打印
2020-01-30 09:34

習近平国家主席は28日に北京で、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長と会談しました。

習主席はその際、「現在、中国の人々は肺炎をもたらす新型コロナウイルスの感染拡大と戦っている。国民の生命の安全と身体の健康は常に第一優先すべきものである。また、感染の予防と抑制は今最も重要な任務であり、私は自らその陣頭指揮をしている。信念を固め、互いに協力し合い、感染の予防・抑制に科学的に取り組み、的確な政策措置を取ることで、この新型肺炎との戦いには必ず勝利できる」と語りました。

これに対し、テドロス事務局長は「中国側はオープンかつ透明性のある情報開示をしている。新記録と言える短期間で病原体を突き止め、WHOや各国にウイルスの遺伝子配列情報を進んでシェアしている。中国政府の政治的な決断力と対応措置に敬服する。中国の取組みにより、今回の感染症は必ずや効果的に抑制できるだろうと信じている」との考えを示しました。

 
武漢で新型肺炎専門の「火神山病院」が建設中 竣工まで4日 打印
2020-01-28 21:02

新型コロナウイルスが猛威を振るい、武漢市では各病院の負担が増大しています。事態を重く見た武漢市都市建設局は23日午後に特別会議を開き、新たに専門病院を建設することを決定しました。

「火神山病院」と名付けられた敷地面積2万5000平方メートル、ベッド数1000床のこの病院の建設は、翌24日から始まりました。2月1日までに竣工し、3日に引き渡されることが求められています。

「火神山病院」は武漢市蔡甸区の知音湖の畔にある武漢職工療養所の近くに建てられ、2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS)の予防・抑制期間中に建設された北京小湯山病院がモデルとなっています。引渡し後は、新型コロナウイルスによる肺炎患者を治療するための専門病院となります。

なお、武漢市では「火神山病院」に続いて、同じく新型肺炎専門病院の「雷神山病院」も着工しており、ベッド数はさらに1500床増える見込みです。

 
新型コロナウイルス肺炎、1975人の感染確認 打印
2020-01-27 19:54

国家衛生健康委員会は26日、「25日0時からの24時間で、国内29の省(省級の区・市を含む)からの報告を合わせると、新型コロナウイルスによる新たな感染者688人、死者15人、すでに完治して退院した人は11人となった。また、感染が疑われる症状の患者が新たに1309人増加した」と発表しました。

25日24時までのデータによりますと、報告のあった30の省(省級の区・市を含む)ではこれまでに合わせて1975人が感染し、そのうち、重症患者324人、死者56人、完治した人は49人、感染が疑われる患者は2684人に上っているということです。

また、感染者との濃厚接触が確認されたことで医学的観察を受けていた2万3431人のうち、325人が観察を解除されましたが、未だに2万1556人が観察下にあります。

なお、中国大陸以外での感染者は、香港5人、マカオ2人、台湾3人で、国外ではタイで4人、日本で2人、韓国で2人、米国で2人、ベトナムで2人、シンガポールで3人、マレーシアで3人、ネパールで1人、フランスで3人、オーストラリアで1人が報告されています。

 
<< 首页 < 上页 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 下页 > 末页 >>

第 7 页,共 610 页