経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

秋元国際奨学財団

バナー
教育CSRに熱心に取り組んでいるベンチャー企業がある。中古不動産の再生事業を展開している㈱アルデプロだ。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。
バナー

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー

アンケート

日本について、一番興味を持っていることは?
 
Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

TOHO-NEWS

オススメ
最新記事

国際学力テスト 日本、読解力低下 科学・数学は改善 

...

伝統工芸を世界に…推進委が初会合

都内老舗企業の伝統工芸品などを世界発信するためのブランド戦略を検討する「江戸東京きらりプロジェクト推進委員会」の初会合が5日、都庁で開かれた。出席した小池知事は「日本の伝統が世界に定着するような仕掛けを考えていきたい」と述べた。都内には創業100年以上の老舗が約3800社あり、江戸切子や羽子板、組みひもなど伝統工芸品が数多く作られている。...

大隅教授に賞金3.4億円=ブレークスルー賞 米IT業界

米フェイスブックなどIT企業の経営者らが出資する財団は4日、優れた科学研究をたたえる「生命科学ブレークスルー賞」を、ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった大隅良典・東京工業大栄誉教授に授与すると発表した。賞金は300万ドル(約3億4000万円)で、ノーベル賞(800万スウェーデンクローナ=約9800万円)を大幅に上回る。大隅教授は、細胞内で不要になったたんぱく質を分解し、リサイクルする「オートファジー(自食作用)」などの研究が評価された。...

ロボットサミット 2020年国際大会、愛知・常滑市を主会場に 産業、世界に発信を

世耕弘成経済産業相は2日の閣議後の記者会見で、2020年に「ワールドロボットサミット」(ロボット国際大会)を愛知県と福島県を会場に開催すると発表した。競技種目はものづくり、サービス、インフラ・災害対応の3分野計6種目で、ジュニア競技も実施する。世耕氏は「ロボットが未来の社会でどう活躍し、生活をどのように変えていくのか検証したい」と述べた。...

安倍首相、真珠湾訪問へ 歴代初「未来に不戦の決意」 26日から、オバマ氏と慰霊

国立大入試、記述2種類必須に 国語基本に20年度から

審議わずか6時間 カジノ法案を可決

給付型奨学金、1学年2万人を対象 自公が首相に提言

「ニホニウム」決定 「大変うれしく、光栄に」森田教授会見

ボート・カヌー、水泳は新設 バレー会場は先送り 東京五輪4者協議

弾道ミサイルの落下のおそれ想定した避難訓練 初実施へ

青森で鳥インフル、殺処分へ 国内2年ぶり、新潟でも疑い

国会、来月14日まで延長 年金法案の成立期す 政府・与党

川内原発1号機、来月8日にも運転再開の見通し

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

北海道地方

オススメ
最新記事

採算最悪、JR北海道の留萌―増毛間 4日最終運行 95年の歴史に幕

北海道のJR留萌線、留萌―増毛間(16・7キロ)は4日の運行を最後に廃止され、95年の歴史に幕を閉じると北海道新聞が報じた。JRと増毛駅前の商店会は4日、それぞれセレモニーを行う。留萌管内増毛町は5日から、路線バスがない早朝と夜間に、留萌市との間で乗り合いタクシーの運行を始める。...

ウトナイ湖サンクチュアリ開設35周年記念シンポ開く

日本野鳥の会(東京)の「ウトナイ湖サンクチュアリ開設35周年記念シンポジウム」が3日、同サンクチュアリ・ネイチャーセンターで開かれたと苫小牧民報が報じた。同会の柳生博会長や歴代レンジャーらが対談形式でウトナイ湖や勇払原野への思いを語った他、市民や研究者、行政によるパネルディスカッションを行い、苫小牧に残る貴重な自然環境の重要性を確認し合った。...

タブレット使いタイ、ベトナム語もOK 新千歳空港に外国人向け観光案内所オープン

北海道文化放送によれば新千歳空港に10月12日オープンした外国人観光案内所には、英語や中国語、韓国語が話せるスタッフが常駐し、観光や宿泊、交通に関する情報などを提供する。タブレット端末で東京にいる通訳と結び、タイ語やベトナム語などでも案内できる。 案内所は年中無休で、午前8時から午後9時30分まで。...

「流氷ノロッコ号」後継 「流氷物語号」運行へ JR網走―斜里間

JR北海道は15日、来年の流氷が見られる期間に合わせて、冬の観光列車「流氷物語号」を...

消防救急隊員が外国語研修 函館市

北海道新幹線開業などに伴い、外国人観光客が増えていることを受け、函館市消防本部は25日、同本部4階防災研修ホールで、英語による緊急通報や救急事案に対応できるよう外国語研修を実施したと函館新聞が報じた。この日は、消防指令センター職員や救急隊員など45人が参加し、道教育大函館校非常勤講師の市根井惠子さんから、現場で聞くことになるかもしれない英語フレーズを中心にレクチャーを受けた。...

とまこまい港まつり開幕 7日まで夏を彩る

シャチに出合う夏 北海道・羅臼沖 今年は観察率9割

北海道新幹線開業3カ月、乗客率10ポイント上昇

函館初LCCは台北線 タイガーエア台湾が8月に定期路線、週5便

北海道新幹線開業一カ月 輸送人員増加 在来線の2倍に

YOSAKOIソーラン、6月8日開幕 10増の280チーム

東電に2億円賠償命令 原発事故、ツルハ5店舗閉店で 札幌地裁

北海道新幹線開業まであと1カ月、イベント準備大詰め

「さっぽろ雪まつり」開幕 進撃の巨人、ドラゴンボールなど大雪像も

北海道新幹線試乗会に2万8千人応募 定員の9倍

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

東北地方

オススメ
最新記事

里山暮らし豊かさ発信 山形・西川町が研究所

地元で暮らすことの価値を見詰め直そうと、山形県西川町が今夏、「里山社会・文化研究所」を設立し、独自の幸福指標づくりを目指して活動していると河北新報が報じた。町の人口約5700はピーク時の3分の1。過疎に悩む町が経済発展とは一線を画した視点で、町の魅力を再発見しようという地方創生の試みだ。...

なまはげが4カ国語でしゃべります 男鹿線全線開通100年記念

秋田市と「なまはげの里」でもある男鹿市を結ぶJR男鹿線は12月16日、全線開通から100周年を迎える。JR東日本秋田支社では12月1日から来年2月28日まで記念キャンペーンを実施。12月17日に男鹿駅で記念式典を行い、4カ国語の音声再生機能を搭載する「なまはげ顔出しパネル」を新設するほか、だるまストーブ搭載の臨時列車を走行するなど、外国人観光客の誘致も視野に置いた各種イベントを行う。...

台湾トランスアジア航空解散に仙台空港関係者・観光業界戸惑い

台湾の中堅航空会社、トランスアジア(復興)航空が11月22日、会社の解散を決め、運航を取りやめた。その余波を受けたのが仙台空港。10月に同社が台北線(定期便)の運航を開始し、仙台-台北間の毎日運航が実現した矢先の出来事に、空港や県の関係者は戸惑いを隠せない。...

盛岡・愛宕山記念公園が「『恋人の聖地』サテライト」に 市内では初の選定

「盛岡グランドホテル・ウェディングヒル愛宕山公園」(盛岡市愛宕下)が11月1日、盛岡市内初となる「『恋人の聖地』サテライト」に選定されたと盛岡経済新聞が報じた。「『恋人の聖地』サテライト」はNPO法人「地域活性化支援センター」が主催する「恋人の聖地プロジェクト」が、プロポーズにふさわしいロマンチックなスポットを認定するもの。...

青森県太平洋岸で冬の味覚ホッキガイ漁解禁

色彩豊か、菊見ごろ 会津武家屋敷でまつり

山形・東根市に文化施設「まなびあテラス」 図書館、美術館など併設

横手で「きりたんぽナイト」 きりたんぽの日に合わせ東京と同時開催

東京五輪・長沼ボート場 宮城県とIOC、非公式に意見交換

盛岡で中津川に架かる橋巡る見学会 点検疑似体験も

弘前で「ふじ」出荷最盛期 市場に赤いリンゴ並ぶ

福島県産SAKEは『Good』 ニューヨークで交流レセプション

山形県北部の4町村 新宿・歌舞伎町にアンテナショップ

秋田で「イングレス号」発進 ローカル鉄道使い観光誘客の可能性探る

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

関東地方

オススメ
最新記事

水戸のタクシー会社が妊婦らに優先送迎サービス

水戸市のタクシー会社が365日、24時間態勢で行っている、妊婦や育児中の母親らを優先的に送迎するサービスが好評だ。妊婦らは事前登録する必要があり、対象エリアは同市と那珂市。「ママサポートタクシー」のマグネットプレートが貼られた車両が目印で、助産師による指導を受けた運転手が「思いやりの心」で対応している。...

津波からの避難を想定 鎌倉で訓練

...

東京五輪組織委から返還の57億円、都が受け入れ

東京都の小池百合子知事は11日の定例記者会見で、2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会が、都に返還を決めていた都の出資金57億円について、返還を受け入れる意向を示した。「目的を達成したということから都に返還すると(組織委の)理事会で決定された。目的は果たしたということだ」と述べた。組織委は2014年1月、都と日本オリンピック委員会が1億5000万円ずつ拠出して発足。その後、都は57億円を追加投資した。...

「木更津市オーガニックシティフェスティバル2016」開催

オーガニックなまちづくりを目指す千葉県木更津市は、16、17の両日、同市のかずさアカデミアホールで、「木更津市オーガニックシティフェスティバル2016」を開催する。食環境ジャーナリストの講演や、ナチュラルコスメ・ヘアメークアーティストによるコスメ講座などのイベントを行うほか、フードコートでは地元産の食材を使ったオーガニックフードを食べることもできる。...

トランプ氏のマスク、注文殺到 さいたまの玩具会社、うれしい悲鳴

埼玉県さいたま市大宮区の玩具メーカー、オガワスタジオ(早川元章社長)では、米大統領選で共和党の実業家ドナルド・トランプ氏が勝利し、新大統領のゴム製マスクの注文が殺到していると埼玉新聞が報じた。「トランプ氏のキャラが良くも悪くも立っているせいでしょうか。大統領選の結果が判明した9日午後4時すぎから約500個、10日は約千個の注文がありました。とても生産が追い付かない」。同スタジオの八木原貴裕専務は「トランプ特需」にうれしい悲鳴を上げながら生産体制を強化している。...

群馬県内観光客大幅増6575万人 過去2番目も消費額に課題 昨年調査

宇都宮でギョーザ祭り 市内25店の味が一堂に

JAXA、超小型衛星7機を筑波宇宙センターで公開 来月打ち上げ

考えよう地球温暖化 11月12日藤沢で環境フェア

青梅で自伐型林業フォーラム 「林業を農業や観光業の副業に」

千葉市都市緑化植物園で「バラ・ハーブ・菊」展示 相談会や販売も

五輪ボート会場 彩湖、会場の対象外 上田知事「都が全てでない」

前橋に「匠」集結 日本の伝統技にふれる2日間 体験も

中禅寺湖のヒメマス漁 来春、6年ぶり解禁へ

つくば市が無電柱化条例を制定 景観維持、防災機能向上へ

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

甲信越地方

オススメ
最新記事

コンビニ業界と県・県警、「安全・安心拠点」で連携 

コンビニエンスストア9社などでつくる日本フランチャイズチェーン協会(東京)は18日、加盟店舗を地域の安全・安心拠点とする「セーフティステーション(SS)活動」の強化に向けて、県や県警と初の意見交換会を長野市内で開いた。コンビニのきめ細かな店舗網が地域住民にとって身近な存在になっていることを確認し、見守り活動を一層推進することを宣言した。...

富士五湖を楽しむ自転車コース紹介

富士五湖観光連盟は、「富士五湖サイクリングガイド」を発行したと山梨日日新聞が報じた。富士北麓の市町村などでつくる「富士山・富士五湖観光圏整備推進協議会」が2012年度に作ったガイドを改訂する形で作製。富士山の構成資産などを巡る八つのコースを紹介しているほか、自転車を貸し出す34店の情報を載せた。A4判の二つ折りで、2万部を用意。富士北麓エリアの観光案内所や道の駅などで配布している。...

「亀田の柿の種」50周年 ブランド強化、世界に発信

米菓最大手の亀田製菓(新潟市江南区)は「いつでもカリッと!」というキャッチコピーを掲げ、主力商品「亀田の柿の種」のブランド戦略を強化している。今月2日には巨大な柿の種をつくってギネス世界記録に認定された。佐藤勇社長は固定ファンだけでなく、若者もとりこにする菓子ブランドに育てるとともに「世界にも広げたい」と海外での売り込みにも意欲をみせている。...

「君の名は。」展覧会 23日から新海誠監督の故郷・小海で

...

富士急でハロウィーンイベント 戦慄迷宮おばけパレードや仮面女子ライブも

...

新潟県知事選で初当選 米山氏「身が引き締まる思い」

メイド・イン・信州「玉乗り型」移動機器、世界デビュー G7各国関心

「和紙の町・市川三郷」全国PR 繊維の見える素材で「きらり」

ヒスイ 日本の石に選定 鉱物科学会

今夏の山岳遭難107件 3番目の多さ 長野県警、注意呼びかけ

河口御師の家「梅屋」 140年ぶり営業再開

新潟でわらアートまつり テーマは「変幻自在」 キツネなど6作品展示

「山の日」祝賀ムードに岳都沸く 皇太子ご一家お迎えし記念大会

城下町の雰囲気を演出 甲府で11日「小江戸夏祭り」

山中湖花の都公園で夏のイベント 百日草・サンパチェンスなど見頃

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

東海地方

オススメ
最新記事

伊勢志摩国立公園、20日で指定70年 実行委が記念イベント

伊勢志摩国立公園が昭和21年11月20日に国立公園の指定を受けてから20日で、70年を迎える。公園内の伊勢、鳥羽、志摩3市と南伊勢町などでつくる同公園指定70周年事業実行委員会は20日、志摩市の阿児アリーナとイオン阿児店で記念イベント「伊勢志摩満喫フェア」を開くほか、20日から22日にかけ、関係者による記念式典やエコツーリズム大会を阿児アリーナなどで開催、70周年を祝う。...

アジア大会の準備会設置 愛知県と名古屋市

愛知県と名古屋市は16日、2026年の夏季アジア競技大会の開催に向け「アジア競技大会愛知・名古屋合同準備会」を同日付で設置したと発表した。組織委員会の設立準備や、来年に控えるアジア・オリンピック評議会(OCA)との開催都市契約締結に向けた課題の検討、開催周知への広報活動などを進める。...

伊豆観光列車 気品前面 17年7月運行開始

...

清らか冬の“華” シクラメン出荷ピーク

岐阜新聞によればシクラメンの産地として知られる岐阜県中津川市阿木で、鉢植えシクラメンの出荷が間もなくピークを迎える。栽培農家のハウスには、赤やピンク、白など色とりどりの花が出荷を待ちわびるように並ぶ。クリスマスや年末年始の各家庭を彩る。伊藤園芸では、5号鉢を中心とする鉢植えシクラメンと、小型のガーデンシクラメン計約2万5千鉢を栽培。...

日向市と三重県熊野市、碁石が結ぶ縁 

日向市は22日、産業や伝説に共通のものがある三重県熊野市とパートナーシップ協定を締結した。両市の交流のきっかけは2011年、佐賀県であった囲碁大会。市長同士が同席し、日向市が日本唯一のハマグリ碁石の産地で熊野市は那智黒という良質の黒碁石の産地、日向市はへベス、熊野市は新姫と、かんきつ類の特産があるなど、似通った環境に意気投合したという。...

“サムライ”サミット!? 愛知県知事も参加

大規模停電を想定、復旧訓練 中電・静岡給電制御所

紅葉の輝き、湯煙に浮かぶ 新穂高温泉

伊勢志摩サミットの効果顕著に 英虞湾一望可能な横山展望台に団体客急増

MRJが新千歳から経由地のロシアへ

南海トラフ巨大地震予測へ 都内で研究者ら意見交換

日本刀を謝礼品に 関市の「ふるさと納税」

来年「お伊勢さん菓子博」 大手3社代表、三重知事に協力要請

アジア大会 一転共催招致 名古屋市提案に愛知県受け入れ

三島・遺伝研の研究チームが「縄文人」との共通部分解明 「わずかな差異」にも注目

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

近畿地方

オススメ
最新記事

西岩代の獅子舞が最優秀賞

第65回全国青年大会郷土芸能の部で、「西岩代の獅子舞」を披露した和歌山県みなべ町の西岩代伝統芸能保存会が、最優秀賞を受賞した。西岩代の獅子舞は「古来の獅子舞の姿を取り戻そう」と2010年、地域の若者が中心となって保存会の前身の伝承会を発足。古老に話を聞きながら、50年間途絶えていた「汐汲みの舞」を復活させるなどし、12年に町の無形民俗文化財、今年3月に県無形民俗文化財に指定された。...

門前町が集結、活性化議論 斑鳩で「全国サミット」

神社仏閣を中心に発展した門前町を持つ全国の自治体が一堂に集まり、地域活性化について話し合う「全国門前町サミット」が22日、斑鳩町で開催された。今回は14回目で、近畿での開催は斑鳩町が初めてという。サミットには、香川県琴平町や和歌山県高野町など全国24市町村が参加。この日は各市町村の意見交換会と、法隆寺の大野玄妙管長による基調講演「日本の精神と和の文化」が行われた。...

丹波焼の産地で最古の登り窯 火入れ、公開中

兵庫県篠山市今田町上立杭にある丹波焼産地に残る最古の登り窯で18日、焼成作業が始まった。公募の作品など約千点を焼き上げる20日夜まで、作業を一般公開すると神戸新聞が報じた。登り窯は、1894(明治28)年に造られた。老朽化のため2014年7月から丹波立杭陶磁器協同組合が中心となって修復。昨年11月に修復後、初めての焼成が行われた。...

南海 外国人旅客増加で増便など対策

急増する外国人観光客に対応するため、南海電鉄は、難波と関西空港を結ぶ「特急ラピート」と「空港急行」の本数を来年1月から増やすと発表した。特に空港急行は、現在メインの6両編成から8両編成に順次切り替え、さらに大型の荷物を置けるスペースを設けた新型車両を新たに12編成増やす。...

ネスレ、宇治抹茶普及へ京都府と連携 試飲拠点や農家支援

ネスレ日本は9日、宇治抹茶の普及に向けて京都府と連携協定を結んだと発表した。宇治抹茶と同社の菓子を試飲・試食できる拠点を府内に設けるほか、茶農家への支援や将来の海外販売も検討する。道具や作法が必要な抹茶を手軽に楽しんでもらい、宇治抹茶ブランドを国内外に発信する。...

湖東三山、真っ赤に染まる 滋賀の古刹、紅葉競演

日米修交225年で式典

子規ゆかり「柿の日」PR JR法隆寺などで無料配布

阪神高速、震災の傷痕公開へ 11月神戸の保管庫

通天閣が開業60周年 新世界の商店主らが再建した2代目 

清水寺参道で外国人観光客向けに利き酒講座 京焼のおちょこで 

復活「赤ソバ」満開、秋空に映え 東近江

大河ドラマで登場も数週間で舞台は大坂へ どうする?九度山真田丸効果と課題

国宝殿に新たな魅力 光と水、神秘の表現空間も 

兵庫・砥峰高原のススキ見頃 秋風に揺れる銀の群生

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

中国地方

オススメ
最新記事

山口県長門市で日露首脳会談 桜咲くか、安倍父子の執念

来月15日、山口県長門市で日露首脳会談が開かれる。市内には安倍晋三首相の父、晋太郎元外相の墓があり、プーチン大統領が立ち寄る可能性も取り沙汰されている。晋太郎氏は、両国の平和条約締結に力を注ぎ、志半ばで倒れた。父子2代にわたる思い入れを知る関係者は、首脳会談に深い感慨を抱く。...

「ばらのまち福山」PR大使にバーグマンさん フラワーアーティスト

広島県福山市が新たに設けた「ばらのまち福山PR大使」に23日、デンマーク出身のフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマンさんが就任した。市内のホテルで委嘱式があり、バーグマンさんは「100万本のバラがある福山の環境はすごい。しっかり活動していきたい」と抱負を述べた。バーグマンさんは1998年に来日。ヨーロッパのフラワーデザインスタイルと日本の感性を融合させた独自の作品を発表し、国内外で活躍している。...

備前市が「みんなで使おう備前焼条例」 利用推進へ制定方針

岡山県備前市は24日、市を代表する伝統工芸品・備前焼の利用を推進するため、市民らに協力を求める「みんなで使おう備前焼条例」を制定する方針を示した。30日開会の11月定例市議会に条例案を提案する。...

松江城「塩札」市指定文化財に 塩生産・流通の一端解明

江戸時代の松江城で使用されていた「塩札」と呼ばれる木製の札について、松江市文化財保護審議会は24日、市文化財に指定するよう市教委に答申した。江戸時代後期、天守内での籠城などに備えた塩の備蓄状況や、松江藩内の塩生産・流通の一端を明らかにする貴重な資料だと評価された。「塩札(松江城天守出土)」として市文化財指定を答申された木札は、昭和20年代の松江城天守解体修理工事の際に地階からみつかった木製品40点。...

事業影響、企業の8割「ない」 鳥取地震でアンケート

10月21日に発生した鳥取県中部地震で、鳥取県と島根県東部の企業の8割近くは、事業活動に「影響なし」-。山陰経済経営研究所が行った緊急アンケートで、こんな結果が出た。 緊急アンケートは、同地震の地元企業への影響を調べるため、10月26日~11月8日に実施。鳥取県と島根県東部(松江市、安来市)の757社に調査を依頼、315社から回答を得た。事業活動への影響の有無では、「影響あり」が22.6%、「影響なし」が77.4%だった。...

山口県防府市に総出力12MWの大規模太陽光発電所 「ソーラーファーム防府」が完成

広島の官民、働き方改革へタッグ 県・市や商議所が新組織

冬の味覚、カキの水揚げ始まる 瀬戸内市

隠岐に「味覚の秋」到来 アケビ科の植物「ムベ」が食べ頃

鳥取の地震禍 梨落果、選果場も 復旧支援策を検討 JAグループ

薩長同盟150周年、鹿児島・山口県が都内でウオークラリー

カープ25年ぶり優勝祝い、広島電鉄が「花電車」

1000のため池を持つ岡山県笠岡市、水上メガソーラーが広がる

西条柿出货开始 出云 平田

スマホで鳥取観光案内、外国人観光客向け「バーチャルガイド」アプリ実証実験へ

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

四国地方

オススメ
最新記事

高校生津波サミット初開催 30カ国から360人参加 高知・黒潮町

世界30カ国から集まった高校生が津波防災について討議する「世界津波の日 高校生サミットin黒潮」が25日午後、高知県黒潮町で開会した。国連が11月5日を「世界津波の日」に制定したことを受け初めて開かれ、約360人(国内約110人、海外約250人)が参加。2日間の日程で津波被害の実態や災害への備えについて意見交換し、26日に成果を宣言としてまとめる。...

ご当地グルメやイベント 松山で「すごいもの博」

愛媛県最大級の産業の祭典「えひめ・まつやま産業まつりwithメディアパーティー すごいもの博2016」が26日、松山市堀之内の城山公園で始まり、大勢の家族連れらが県内のご当地グルメや多彩なイベントを楽しんだ。27日まで。産業の発展につなげることを目的に県や松山市、経済団体などでつくる実行委員会が実施し、6回目。...

高松で12月10、11日に年明けうどん大会 16道府県・台湾から出展

日本各地の“ご当地うどん”が集合して12月10、11の両日、高松市のサンメッセ香川で開かれる「全国年明けうどん大会2016inさぬき」の出展うどんが決定した。会場では県出身の俳優で「うどん県副知事」の要潤さんのトークショーなども計画されている。...

「津波碑・痕跡」展始まる 南海地震の恐怖を伝承

過去に徳島県を襲った南海地震の被害や教訓が記された石碑などを紹介する企画展「南海地震津波碑と地震痕跡」が266日、板野町犬伏の県立埋蔵文化財総合センターで始まった。1946年12月21日の昭和南海地震から70年の節目を迎えるのを機に、防災意識を高めてもらおうと県教委が初めて企画した。県内では、地震津波に関する石碑などが沿岸部を中心に38基確認されている。...

大迫力の「津野山神楽」、高知・梼原の三嶋神社で奉納

秋本番を迎え、高知県梼原町梼原の三嶋神社で10月30日、国の重要無形民俗文化財「津野山神楽」が奉納され、多くの参拝者や見物客でにぎわった。11月3日は同町田野々の三嶋五社神社で、23日には竹の藪の三嶋神社で奉納される。津野山神楽は18演目で構成され、刀を使った舞と太鼓や笛を使った速い拍子が特徴。...

巨大地震想定、医師ら訓練 県中央病院

ふわりオリーブの香り 小豆島で採油始まる 

「木頭ゆず」出荷が始まる 徳島・那賀町

高知・日高村に「薪」の直販市場 トラックで買い付けに来る県外客も

「鉢合わせ」熱気最高潮 松山地方祭フィナーレ 

新漬けオリーブは秋の味 小豆島で10日販売解禁へ製造本格化

川面彩る夢幻の花…デジタル映像でアート 

3家公司合作 高知县政府予以支援

タンパク質研究、世界に発信 松山で国際シンポ始まる

清めの潮川神事厳かに 金刀比羅宮例大祭へ準備本格化

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

九州地方

オススメ
最新記事

「県内で働きたい企業ある」25% 34高校意識調査

宮崎日日新聞によれば県内の実業系高校など34校の3年生約4500人を対象に宮崎労働局(元木賀子局長)が初めて行った意識調査で、進学を希望する生徒のうち、県内で働きたいと思う企業が「ある」と答えた生徒が25.9%にとどまったことが1日、分かった。一方、30~40歳をイメージして「県外に住んでいたい」と答えた生徒は25.3%だった。地元にとどまろうとする生徒が少なくない中、県内企業の魅力を伝える努力がさらに求められそうだ。...

大分駅前でクリスマスマーケット ヨーロッパの輸入雑貨販売など 

大分駅府内中央口広場で12月5日、「クリスマスマーケットin...

災害公営住宅まず300戸 熊本県が補正予算案、410億円増額

熊本県は24日、熊本地震で自宅が全半壊し、自力再建が困難な被災者が低家賃で入居できる災害公営住宅を300戸建設すると発表した。県は同日、熊本地震の復旧・復興事業費を中心に、平成28年度一般会計を410億円増額する補正予算案を発表した。うち14億円を300戸分の建設予定地の調査費や、甲佐町の50戸分の本体建設費に充てるとした。...

「ふるさと物産まつり」始まる 特産品ずらり1000点

長崎県内の優れた特産品を展示、販売する「ふるさと物産まつり」が23日、長崎市賑町の中央公園で始まり、多くの買い物客でにぎわった。28日まで。県産品を消費者にPRして販路を広げ、地域振興を図ろうと、県と県物産振興協会が毎年開き、32回目。今回は県内で農水産加工品や酒、工芸品などを生産、販売する60社の品約千点が並んでいる。...

退避施設、加部島にも 玄海原発、複合災害を考慮 

唐津市は24日、九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)で放射能漏れの事故が起きたときに一時的に使用する屋内退避施設を、呼子町の加部島にも整備する方針を示した。加部島は1989年に呼子大橋で本土と結ばれて陸続きだが、複合災害で橋が使えない場合に孤立する危険性を考慮した。...

博多駅前陥没現場沈下 最大7センチ 一時通行止め

屋久島で「春牧とび魚祭り」 500尾振る舞い、テーマソング「飛べ飛魚」披露も

外国人客、食で呼び込め 高千穂にバイキング店

大分・臼杵で「うすき竹宵」 小室哲哉さんふるさとライブも

熊本地震で被害の「阿蘇神社」へ支援広がる 34年度の修復完了目指す

全島民が商社員 長崎・松浦 一般社団法人「青島〇」発足 水産品の販路開拓へ

唐津くんち、町廻りで閉幕 

「まつり起業祭」始まる 6日まで八幡東区

川内原発定期検査入り 安全運転の先頭を走る

日南・酒谷発電所が稼働 小水力、治水専用ダム初活用

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

沖縄地方

オススメ
最新記事

「夢は五輪開会式で琉球舞踊」 東京沖縄県人会、華やかに60周年

東京沖縄県人会(仲松健雄会長)創立60周年記念「沖縄芸能フェスティバル2016」が11月26日、板橋区立文化会館で開かれ、都内や関東の古典音楽研究会や琉舞道場などで活動する実演家ら約300人が出演。古典音楽の合奏や民謡、舞踊、ポップスなど多彩な演目で集まった約800人の観客を楽しませた。...

コザモータースポーツフェスティバル2016 モータースポーツの魅力発信 沖縄市で祭典

コザモータースポーツフェスティバル2016(沖縄市主催)が5日午前、沖縄市諸見里の市コザ運動公園を中心に開幕した。フェスティバルはモータースポーツ振興による地域活性化を発信し、市が推進する(仮称)沖縄サーキット建設実現への機運を高めることを目的に、昨年から実施されている。...

海外の沖縄県系人、約41万5千人 県が5年ぶり推計

沖縄県交流推進課は第6回世界のウチナーンチュ大会に合わせ、海外で生活する県系人の人数を41万5361人とする推計をまとめた。前回大会(2011年)から約1万6千人が増え、初めて40万人を突破。第1回大会(1990年)の27万人から1.5倍に増えた。今大会まで2週間を切る中、12日現在で海外から過去最多の約7千人が参加を申し込んでいる。...

ヤンバルクイナの日 大宜味で16年ぶり繁殖確認 保護策奏功

17日は沖縄県の国頭村議会が制定した「ヤンバルクイナの日」。大宜味村でヤンバルクイナの繁殖が16年ぶりに確認された。野生動物の調査活動を続けているNPO法人どうぶつたちの病院沖縄の独自調査で明らかになった。環境省と県が実施してきたマングースの防除事業が奏功したとみられる。...

県内15年度ホテル客室 稼働率、単価とも前年上回る

沖縄振興開発金融公庫は26日午前、2015年度の県内主要ホテル(71軒)の稼働状況を発表したと琉球新報が報じた。入域観光客数の増加を背景にシティーホテル、リゾートホテル、宿泊特化型ホテルの3タイプとも客室稼働率は前年度を上回った。連動する形で客室単価も上昇し、稼働率と同様にいずれも前年度を上回った。1室当たりの平均売上高(レブパー)が前年度を上回ったホテルは67軒と、全体の9割を超えた。...

知事表示 日本政府正扭住冲绳的胳膊 欺凌冲绳

知事「政府が沖縄ねじ伏せる」 違法確認訴訟、国の強権批判

甘~い!「マンゴーの日」 沖縄、生産減でも糖度アップ

宮古島保良の石灰華段丘 天然記念物指定へ

在沖米軍人・軍属の外出、1カ月間制限

世界最大級240キロのオサガメ 沖縄で見つかる

琉大の経済効果694億円 学生ら調査、全国の地方大より高額

辺野古移設遅れ、オバマ米大統領が容認 展開静観へ

サンゴの日 池袋で沖縄まつり開催 海の魅力を紹介 

外国人に人気! 民泊、沖縄で拡大中 airbnbでは登録施設300超

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

China Online

オススメ
最新記事

パキスタン航空機墜落、中国人1名含む全員が死亡

パキスタン国際航空(PIA)の旅客機が7日、同国の北部ハベリアンで墜落し、外国人3人を含む乗員乗客47人全員が死亡したということです。...

農民の平均収入、2020年までに倍増の目標

国務院はこのほど『農民の収入増加促進に関する指導意見』(以下『意見』)を発表しました。『意見』では、「食糧生産と畑作生産に従事する農民を中心に、強農・恵農・富農の政策(農業基盤を強化し、農村に実益をもたらし、農民を豊かにする政策)をさらに整備する。農民の収入を持続的に増加させ、都市部と農村部の住民の所得格差を減らして、2020年までに農民の平均収入を2010年に比べ倍増させる目標の実現を確保する」と強調しました。...

第1回中日韓経済産能フォーラム、東京で開催

第1回中日韓経済・生産能力協力フォーラムが5日、東京で開かれました。同フォーラムは3カ国のシンクタンク、企業、金融機関・地方政府間の交流と協力の場を構築し、中日韓3カ国による海外市場への共同投資の手段と方法を模索するものです。 国家発展改革委員会国際協力センターの曹文煉主任は挨拶で「中日韓はアジア地域の重要な国、世界の主要経済体として、アジア経済と世界経済の成長における重要な役割を果たしている。3カ国は地理的に近く、相互補完性を持っており、近年は経済協力の深化が続いている。3カ国の貿易総額は2015年、6257億ドルに達した。中国に対する投資額は2015年末の時点で、日本が1030億ドル、韓国が637.2億ドルに達した。3カ国企業による投資のうち、33%が製造業、60%がハイテク技術とサービス業である」としました。...

中国・イラン外相が初の年度会合

外務省の王毅外相は5日北京で、イランのザリーフ外相と「両国外務大臣年度会合メカニズム」初となる会議を行いました。 王毅外相は、「今年1月に習近平主席がイラン訪問をしたことで、双方は全面的戦略パートナーシップを築くことに合意し、中国・イラン関係は新たな一歩を踏み出した。『両国外務大臣年度会合メカニズム』は両国首脳の共通認識を確かめる重要なものである。両国の外務省は交流と協力を強化させることにより、両国の多国間事務における戦略的協力を推し進めるべきだ」と述べました。そして、「両国の指導者が引き続き密接な交流を保つことを希望する。中国はイランと『一帯一路』構想の枠組みにおいて協力を展開することを高く重視し、イランと経済貿易、エネルギー、インフラ施設建設などの分野で更なる成果を挙げ、双方の生産能力協力の重要プロジェクトができるだけ早く実行できるよう推進したい」との希望を示しました。...

中国がアジア太平洋の経済成長を主導=国連報告書

国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)は1日、報告書『2016年アジア太平洋経済社会の概略』を発表しました。報告書は「世界経済が鈍化、貿易の成長が停滞し、主要経済主体の先行きが不透明な中、中国は、アジア太平洋地域の経済成長をリードし、世界経済の力強い下支えとなった」としました。...

OPEC総会、減産合意の枠組みを議論

朝鮮核実験 安保理の更なる決議を支持=外務省

三峡ダム地域、「高速鉄道の時代」に突入

フィデル・カストロ氏が死去

中欧の政界・経済界が『一帯一路』戦略を討議

中国側に越境したミャンマー国民 約3000人=外務省

習主席、日本側の求めで安倍首相と言葉を交わす

「名探偵コナン」劇場版最新作が11月25日に中国大陸部で公開

神舟11号と天宮2号が分離に成功、宇宙飛行士は帰途へ

習主席ラテンアメリカ訪問、全面協力の新時代へ