経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
岡山県
吉備路マラソン2万2334人エントリー 岡山・総社で24日、フル最高齢84歳 印刷
2019年 1月 29日(火曜日) 10:17

岡山県総社市内を発着点に2月24日に開かれる「2019そうじゃ吉備路マラソン」の実行委員会(岡山陸上競技協会、岡山県、総社市、同市教委、山陽新聞社で構成)は25日、フル、ハーフマラソンなど計7種目に2万2334人のエントリーがあったと発表した。前回大会(2万2563人)より229人減少したものの、過去2番目の規模。43都道府県から申し込みがあり、県外は2428人で135人増えた。

 
岡山県8JA合併検討 20年4月、全国最大規模に 印刷
2019年 1月 07日(月曜日) 18:27

JA岡山を除く岡山県内8JAが2020年4月の合併を検討していることが分かった。組織の効率化を図り、経営基盤を強化するのが狙い。合併後の正組合員数は10万人を超える見通しで、全国農業協同組合中央会によると全国最大規模という。8JAは岡山東、岡山西、倉敷かさや、びほく、あしん、まにわ、つやま、勝英。来年1月17日に予備契約を締結し、同2月に各JAの臨時総会で正式に合併承認案を議決する。

 
农药的广域物流据点的作动 印刷
2018年 12月 11日(火曜日) 18:36

JA全农药11月26日在冈山市内设置中四国7个县域(鸟取、島根、冈山、广岛、山口、徳島、爱媛)的农药广域物流据点“JA全农中四国广域物流中心”。12月3日开始作动。中四国广域物流中心设置农药厂商的保管设施。统一管理库存。

 
JA全農/岡山に農薬の広域物流拠点稼働 印刷
2018年 12月 10日(月曜日) 18:24

JA全農は11月26日、中四国7県域(鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、愛媛)を供給エリアとする農薬の広域物流拠点「JA全農中四国広域物流センター」を岡山県岡山市内に設置し、12月3日から稼働すると発表した。中四国広域物流センターでは、農薬メーカーのストックポイント(一時保管のための施設)や各県域の在庫を集約し、一元的に在庫管理を行う。

 
岡山県瀬戸内市に最大級メガソーラー完成 パネル90万枚、竣工式で祝う 印刷
2018年 11月 19日(月曜日) 09:32

岡山県瀬戸内市の錦海塩田跡地に整備された国内最大級の大規模太陽光発電所(メガソーラー)の竣工式が9日、現地で行われた。約260ヘクタールに約90万枚の太陽光パネルを設置し、最大発電能力は235メガワット。10月から本格操業しており、一般家庭約8万世帯分の電力を供給している。総事業費は約1100億円。米ゼネラル・エレクトリック(GE)のグループ会社や中電工(広島市)など出資の特別目的会社・瀬戸内Kirei未来創り合同会社(瀬戸内市)が手掛け、発電した全量を中国電力(広島市)に売っている。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 14 ページ