経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
東京都
小笠原航空路、空港建設案軸に検討 東京都が方針
関東地方 - 東京都

小笠原諸島(東京都)への定期航空路の開設について検討している東京都は27日、小笠原村との協議会で、父島(同村)に空港を建設する案を軸に検討する方針を決めた。今後、自然環境への影響や採算性などの精査を進めるという。都は従来、硫黄島(同村)の自衛隊基地を使ってヘリコプターで行き来する案と、水上飛行艇を運航する案と合わせた3案を検討してきた。しかし、他の2案については実現性に課題が多いと判断し、空港案を優先させることとした。

 
日本橋でうちわコン 老舗扇子店が婚活サイトとコラボ、マイうちわ作りも 
関東地方 - 東京都
日本橋の老舗扇子店「伊場仙」(中央区日本橋小舟町4)で7月8日、婚活イベント「オリジナルうちわ作りin老舗伊場仙」が開催されると日本橋経済新聞が報じた。1590(天正18)年創業の同店。創業者の伊場屋勘左衛門は徳川家康の江戸入府のころに日本橋に入り江戸日本橋堀江町で、江戸幕府の御用商人として、主に和紙、竹製品、などを扱っていた。当時の屋号「伊場屋」は初代の出身地が遠州伊場村(現在の浜松市伊場町)であったことにちなむ。
 
新宿観光案内所の来所者、10万人超える 外国人の割合が増加中
関東地方 - 東京都
2016年12月10日に開所した新宿観光案内所(新宿区新宿3)を訪れた人が5月までに、10万人を超えたと新宿経済新聞が報じた。文化観光情報発信拠点活用事業の地域の活性化を目的に設立された同所。新宿駅東南口広場に隣接した場所にあるため、さまざまな人が立ち寄るスポットになっている。訪れる目的は道案内、乗り換え案内、グルメやショッピングなどの観光情報の問い合わせのほか、旅行プランの相談も寄せられるという。
 
「都市づくりのグランドデザイン」素案 「都心」「副都心」から脱却
関東地方 - 東京都
都は19日、2040年の東京の具体像を示す「都市づくりのグランドデザイン」の素案を公表した。変化を続ける社会経済情勢を見据えながら、少子高齢化などの都市の課題解決に向けた先駆的モデルを目指すとしている。パブリックコメントを踏まえて、今夏にもとりまとめる。素案では、都市機能が集積する「都心」と、それをサポートする「副都心」というまちづくりの考え方から脱却。都内各地を高度な都市機能が集積する「中核的な拠点」として再編するとしている。
 
婚活ツアーで島嶼部振興 都、夏めどに開始 事業者に助成金
関東地方 - 東京都
島嶼地域の人口増や産業活性化につなげる施策として都は、都内の島を船で巡りながら出会いを演出する「婚活ツアー」を今年夏をめどにスタートすることを決めた。都は今後、婚活ツアーを企画する旅行会社などの事業者を募集、審査を経た上で事業者に助成金も交付する。
 
1 / 10 ページ