経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
東京都
「東京五輪・パラを支援」東京・北京の友好都市40周年で記念イベント
関東地方 - 東京都

東京都と中国の北京市が友好都市提携を結んでから40周年を迎えたことを記念したイベント「北京ウイーク」が7日、都内で開かれた。北京市トップの蔡奇・同市共産党委員会書記(党政治局員)が開幕式に出席し、「40年来、両都市間の関係は幾多の風雨と試練を乗り越え、得がたい成果を収めた」と強調。その上で、来年開かれる東京五輪・パラリンピックに向け、北京市としても支援する考えを示した。

 
東京都、職員500人を海外派遣 先進的な政策調査、都政に反映
関東地方 - 東京都
東京都は本年度、海外の先進的な政策を調査して都政に反映させるため、職員500人を世界各地に派遣する。これまでも年間20~30人の職員を海外派遣してきたが、国際感覚の養成や先進都市間のネットワークづくりのため、大幅に増やす。都によると、欧米で大規模テロ対策を調査したり、東南アジアで島しょ振興策を研究したりすることなどを想定している。現在、職員からの提案を選定中で、5月下旬ごろから派遣が始まる。
 
ペット「殺処分ゼロ」 東京都、1年早く目標達成
関東地方 - 東京都

東京都の小池百合子知事は5日の記者会見で、2016年7月の都知事選で公約の一つに掲げた「ペット殺処分ゼロ」について、都の目標より1年早い18年度末時点で達成したと発表した。過去殺処分が最も多かったのは猫で、15年度は193匹いたが、適正な飼育や飼い主のいないペットの譲渡を呼び掛けた結果、17年度には16匹に減り、18年度で初めてゼロを実現した。

 
昭和記念公園で「フラワーフェスティバル」 ライトアップで「夜桜散歩」も 
関東地方 - 東京都
「フラワーフェスティバル2019」が3月23日から、国営昭和記念公園(立川市緑町)で開催されると立川経済新聞が報じた。毎年3月下旬から5月下旬にかけての同園は、年間で最も園内が鮮やかに彩られる季節。早春球根類、サクラ、ナノハナ、チューリップ、ネモフィラ、ブーケガーデン、シャーレーポピーなどが次々と見頃を迎える。今年のソメイヨシノの見頃は3月下旬から4月初旬にかけてと同園では予想。
 
観客輸送に水上バス導入 交通混雑対策の一環
関東地方 - 東京都

東京都は28日、2020年東京五輪で競技会場が集中する臨海部の観客輸送のため、水上バスの活用を検討する方針を明らかにした。鉄道やバスなど既存の公共交通機関の混雑緩和が目的で、水辺空間の魅力を国内外に発信する狙いもある。五輪では、東京臨海部で水泳やテニス、体操など多くの人気競技が行われ、期間中、観客や通勤客らによる交通渋滞が懸念されている。このうち、ボートやカヌー・スプリントなどの開催会場となる「海の森水上競技場」は、最寄りの鉄道駅から離れており、都はシャトルバスの運行を計画してきた。新たに水上バスも追加することで、混雑緩和を目指す。

 
1 / 15 ページ