経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
秋田県
「マサル」の縫いぐるみ販売へ 秋田犬保存会、大館で計画 印刷
2018年 6月 19日(火曜日) 18:50

秋田犬保存会は、フィギュアスケート女子のアリーナ・ザギトワ選手(16)=ロシア=に贈った秋田犬「マサル」をモデルにした縫いぐるみの発売計画を進めている。ザギトワ選手への贈呈により国内外で高まっている秋田犬の人気を持続させたい考え。同市の秋田犬会館で販売することを想定している。

 
山菜出货事业局面不错 印刷
2018年 5月 29日(火曜日) 19:52

老龄化率日本第一的秋田县,各地的老人采摘的山采在首都出货的事业局面不错。5年前开始后,去年老人们成立了NPO法人“秋田元气GB商务”机构。

县政府表示,希望提供能够令老年人活跃的场所。

 
山菜出荷事業で高齢者に笑顔 秋田県、4年で売り上げ3.6倍 印刷
2018年 5月 29日(火曜日) 19:44

高齢化率日本一の秋田県で、各地のお年寄りが収穫した山菜を集めて首都圏に出荷する事業が好調だ。5年前に県が音頭を取って始め、昨年にはお年寄りたちがNPO法人「あきた元気ムラGB(じっちゃん・ばっちゃん)ビジネス」を設立。受注など県の役割を引き継ぐ計画で「高齢者の活躍の場をつくっていきたい」と意気込んでいる。

最終更新 2018年 5月 29日(火曜日) 19:46
 
クマ出没 目撃件数が昨年の3倍超 秋田県が注意報発令「山菜採りなど複数で行動を」 印刷
2018年 5月 07日(月曜日) 22:52

秋田県は4月23日、ツキノワグマの目撃件数が例年以上のペースで続いていることや、今年初の人身事故が発生したことを受け、ツキノワグマ出没に関する注意報を発令した。発令期間は7月15日まで。県自然保護課は「山菜採りなどで山に入る機会が増えるが、必ず単独ではなく複数で行動してほしい」と注意を呼び掛けている。

 
60万人「衝撃的」、県人口将来推計 難局へ知恵結集を 印刷
2018年 4月 10日(火曜日) 19:20

「衝撃的な数字」「一喜一憂せず、まちづくりを進める」―。国立社会保障・人口問題研究所が30日発表した将来推計で、2045年の県人口が60万1649人に減少すると予測された秋田県。特に減少が大きく進むとされた県内自治体からはさまざまな声が聞かれた。推計によると、県内では人口減のペースが最も緩やかな秋田市でも15年から45年までの減少率が28.5%に達し、13市町村では人口が半分以下に減る。佐竹知事は「難局を乗り越えるため、人口減を県民それぞれが自分に関係していることだと認識し、故郷を守るために何をすべきか考えてほしい」と呼び掛けた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 12 ページ