経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
鳥取県
不二家が鳥取県と「食」で連携 印刷
2019年 6月 18日(火曜日) 09:35

鳥取県と菓子メーカーの不二家(東京)は、県産食材の利用などを盛り込んだ「『食のみやこ鳥取県』等に関する連携協定」を締結した。不二家の子会社が鳥取和牛などを使用する鉄板焼きレストランを大阪市に開店するほか、新商品開発や誘客促進のPRでも協力する。 レストランは「鳥取和牛大山不二家心斎橋本店」で、7月14日に大阪市中央区心斎橋筋にオープン予定。

 
熊野那智大社で紫陽花祭 梅雨時期の無病息災願う 印刷
2019年 6月 18日(火曜日) 09:34

和歌山県那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)は14日、梅雨の頃の無病息災と自然の恵みへの感謝をアジサイに託して神前に供える祭典「紫陽花祭」を営んだ。この日から、境内にある「紫陽花園」の一般開放も始まった。30日まで。無料。祭典では大社拝殿にアジサイの花を供え、男成宮司が祝詞を奏上。みこ2人が、アジサイの小枝を持って「豊栄の舞」を奉納するなどした。那智の滝がある別宮・飛瀧神社でも営んだ。

 
鳥取県のとっとり花回廊でバラまつり開催中 印刷
2019年 5月 28日(火曜日) 09:44

鳥取県西伯郡南部町のとっとり花回廊では5月18日からばらまつりが開かれている。園内では5月中旬から咲き始め、190種およそ1000株のバラが今、見頃をむかえている。ヨーロピアンガーデンには、とっとり花回廊20周年記念の撮影スポット「バラの世界へ誘うローズゲート」が設置されている。ローズゲートをくぐると、皇室ゆかりのバラや世界の王室にちなんだバラなど14品種を含むおよそ100鉢が並んでいる。

 
楽天と鳥取県が包括連携協定を締結、キャッシュレス化等に取り組む 印刷
2019年 5月 14日(火曜日) 15:21

楽天と鳥取県は、17日、5項目において提携すると発表した。今回の協定は、①デジタルマーケティングを活用した県内への誘客、ファンづくりに関すること、②デジタル化促進による県内事業者の生産性向上に関すること、③デジタル化による県民生活の利便性向上に関すること、④県内の次世代人材の育成に関すること、⑤その他、地域の活性化・県民サービスの向上に関すること、となる。

 
インバウンド向け指さしコミュニケーションシートを作成 鳥取県産食材やご当地グルメも紹介 印刷
2019年 4月 05日(金曜日) 09:56

鳥取県はこのほど、「食のみやこ鳥取県」の食材や、飲食店での接客に使えるフレーズの外国語訳を掲載した「指さしコミュニケ―ションシート」を作成した。「食のみやこ鳥取県推進サポーター」に登録されている県内の飲食店約340店舗に配布した。外国人観光客が増加するなか、飲食店におけるインバウンド受入体制の充実と食の魅力発信を行う。冊子には、飲食店での接客に使えるフレーズや県の食材、大山おこわやとうふちくわなどのご当地グルメを掲載。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 15 ページ