経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
鳥取県
出雲大社や鳥取砂丘 都道府県シール人気 JAL、客室乗務員が配布 印刷
2017年 11月 11日(土曜日) 23:12
日本航空の国内線機内で配布される「TODOFUKEN SEAL」(都道府県シール)が人気を集めている。島根県版には出雲大社、鳥取県版には鳥取砂丘をそれぞれデザイン。配布期間は来年3月末まで。国内線の短いフライト時間でも「乗客とのつながりを大切にしたい」という客室乗務員の思いを形にしたプレゼント企画の第2弾。縦5・5センチ、横4・5センチで各都道府県イチオシの名勝やスポットなどを意匠とした、切手のようなデザインが特徴だ。
 
鳥取県の美しい星空PR 「星取県」商品、次々と発売へ 印刷
2017年 11月 09日(木曜日) 23:03
鳥取県の美しい星空を発信する取り組み「星取県」をデザインした商品が今月、次々と発売される。商品を通じて、県への観光誘客などに一役買いそうだ。大山乳業農協(琴浦町)は冬限定販売の「白バラココア」の外装デザインに、今季から鳥取の冬の星空のイラストを採用した。側面には「鳥取県は星取県になりました」などとする「星取県」の広報欄も設けた。
 
山陰に早くも冬の使者 出雲にコハクチョウ、米子ではマガン確認 印刷
2017年 10月 18日(水曜日) 22:41

山陰地方に5日、冬の使者コハクチョウとマガンが飛来した。コハクチョウは昨年より6日早く訪れ、山陰では過去最も早い記録となった。マガンは米子水鳥公園(鳥取県米子市)に今季初飛来。島根県出雲市には4日に姿を見せている。コハクチョウは5日午前6時半頃、宍道湖西岸に当たる出雲市の斐伊川河口に、成鳥6羽と幼鳥1羽の計7羽が降り立っているのが確認された。

 
“カレー県”鳥取の農業試験場で「カレーに合う」新しい米誕生 今秋にも一般向け販売 印刷
2017年 9月 26日(火曜日) 21:04
カレーの消費が全国トップクラスで“カレー県”といわれる鳥取県で、カレーに合う新しい品種の米が作り出された。カレーと相性の良い長粒米だが、ツヤと粘りは日本人好み。今秋にも発売される予定だ。米は県農業試験場が育成した「鳥系香122号」。8月31日に品種登録出願をした。
 
鳥取―出雲市に新観光列車「あめつち」来夏運行 景勝地では徐行 印刷
2017年 8月 31日(木曜日) 17:57
JR西日本米子支社は17日、来年7月から新たな観光列車「あめつち」を投入、鳥取-出雲市駅間(約150キロ)で運行を始めると発表した。山陰両県にまたがる区間を走る初の本格観光列車となる。列車名は、古事記の書き出し「天地(あめつち)の初発(はじめ)のとき」にちなんで命名。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 10 ページ