経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。
ぐるっと日本




Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

北海道地方

オススメ
最新記事

直下型地震を想定 総合防災訓練

9月1日は「防災の日」。札幌では住民およそ1200人が参加して、震度7の直下型地震を想定した大規模な防災訓練が行われたと北海道放送が報じた。道と札幌市が合同で実施した1日の訓練は、市内で最大震度7の直下型地震が発生したとの想定で行われ、住民およそ1200人と61の関係団体が参加。西区の札幌市消防学校では、警察と消防が連携して大型バスに閉じ込められたけが人を助け出す訓練が行われた。...

札幌円山動物園でナイトウォッチング企画 星空観察会や音楽ライブも

札幌市円山動物園11日、夏の恒例イベント「夜の動物園」が始まると札幌経済新聞が報じた。ゆったりくつろぐユキヒョウや活発に動くオオカミやフクロウなど、昼間とは異なる夜行性動物の姿を観察できる同イベント。ホッキョクグマやレッサーパンダの給餌も行う。...

北海道観光振興機構と航空会社4社、鉄道会社2社が共同で「生HOKKAIDO」キャンペーンを展開

北海道観光振興機構は7月20日、道外からの観光客誘致のため「生きてる北海道を、めぐる旅。生HOKKAIDO」をキャッチコピーとし、航空会社や鉄道会社ら交通事業者や、旅行会社と連携した大規模な北海道観光キャンペーンを展開することを発表した。同日都内で、JAL、ANA、AIR...

全国初、太陽光発電テント納入 北海道・上砂川町

上砂川の町内に事業所を持つ球状太陽電池製造のスフェラーパワー(京都)などが共同で開発した太陽光発電テントが全国で初めて町に納入され、25日に町内で開かれた消防演習で披露された。発電機なしで電気を供給できるため、災害時での活用などが期待されている。福井県工業技術センターが県内の企業などと共同開発した太陽光発電テキスタイル製造技術を利用した。...

記録的大不漁だったスルメイカ漁 今季"初水揚げ" 去年の2倍近くに 北海道函館市

苫小牧のIR候補地を高評価 カナダの投資会社クレアベスト来苫

アイヌ民族の文様デパートの紙袋に 札幌丸井三越がデザイン一新「北海道に根差す」PR

国立アイヌ民族博物館基本設計公表 17年度着工、地上3階建て

新幹線効果顕著、五稜郭タワー10年ぶり100万人台確実

択捉島、進む観光地化 ツアー集客本格化 日本の投資期待も

JR北海道、2月に新研修センター 86億円投資

旭山動物園「ペンギンの散歩」10日から 一列で雪の上よちよち 

採算最悪、JR北海道の留萌―増毛間 4日最終運行 95年の歴史に幕

ウトナイ湖サンクチュアリ開設35周年記念シンポ開く

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

東北地方

オススメ
最新記事

EU 福島県産米などの輸入規制を年内にも一部解除へ

EU=ヨーロッパ連合は、6年前に起きた東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと福島県産のコメなどに科してきた輸入規制について、年内にもその一部を解除する方針を決定した。EUは福島第一原発の事故のあと東北や関東地方などから輸出される食品に対して、放射性物質の検査を受け、安全基準を満たしていることを示す証明書の添付を義務づけるなどの輸入規制を科している。...

山形で日本一の芋煮会 「2代目鍋太郎」で3万食

直径6メートル、高さ1.6メートルの大鍋「2代目鍋太郎」で牛肉やサトイモを煮込む山形の秋の風物詩「日本一の芋煮会フェスティバル」が17日、山形市の馬見ケ崎河川敷で開かれ、県内外から訪れた人は熱々の芋煮約3万食を味わった。大鍋には、県産のサトイモ6トンやネギ3500本、牛肉1.2トン、日本酒90リットルなどの具材が入れられ、早朝から大網などでかき混ぜながらじっくりと煮込んだ。...

秋田県で木質バイオマス発電所の建設開始 燃料用木質チップは地元木材

...

初出荷へ向け 宮城でカキの水揚げ始まる

29日から始まる生食用カキの出荷に向け、宮城県でカキの水揚げ作業が始まった。このうち、石巻市の渡波地区では、漁師が沖あいの養殖施設でロープに吊るしたカキを次々と引き上げていった。今シーズンは台風の影響でカキが落下するなどの被害が出たが、県内のカキの生産量は去年と同じおよそ1700トンを見込んでいる。震災後初めて解禁日の9月29日に出荷されます。...

サンマ 昨年比20日遅く初水揚げ 岩手・宮古市魚市場

岩手県の宮古市魚市場に23日朝、サンマが初水揚げされた。昨年より20日遅く、魚体も小ぶり。乗組員らは「サンマがいなくて苦労した」と悲鳴を上げた。福島県いわき市・中之作漁協所属の「第11権栄丸」(199トン)。北海道の東約870キロの公海で、20日から21日にかけて操業。22トンを漁獲し、約40時間かけて宮古港を目指した。重さ120グラムの小型が中心。...

大玉不足で品薄感 2016年青森県産リンゴ販売額が3年連続の1千億突破

医療機器 アジアに発信 県内8社、タイ展示会出展

『日本酒』『雪』で広域観光へ 3県合意、強み生かし観光誘客

秋田県内陸で強い地震 大仙市神宮寺で震度5強

仙台・勾当台公園で「ハイウェイフェスタ」 東北6県の郷土芸能とグルメ集結 

「南部もぐり」の継承や育成評価 種市高が海洋立国推進功労者表彰

東京、大阪で17年産青森リンゴ初売り

福島県、31.2%増で1位 夏の国内旅行・人気上昇ランキング

山形の夏開幕 花笠まつり、踊り手艶やかに「マカショ」

秋田で伝統行事「西馬音内の盆踊」始まる 観客2万人超で初日にぎわう

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

関東地方

オススメ
最新記事

秋の鎌倉散策を 15日まで「鎌倉 極楽寺・稲村ガ崎アートフェスティバル」

鎌倉市の極楽寺・稲村ガ崎地区でさまざまなアート作品や体験講座が楽しめる「鎌倉 極楽寺・稲村ガ崎アートフェスティバル」が、6日から15日まで行われる。「イベントを通じて地域の魅力を伝えたい」と、1997年に3店舗でスタート。21回目となる今年はギャラリーや店舗、個人宅など計約50店舗までに増えた。...

四ツ谷・東京おもちゃ美術館で「東京おもちゃまつり」 企画多彩に

四ツ谷の東京おもちゃ美術館(新宿区四谷4)と四谷ひろば(同)で14日・15日、年に1度のおもちゃと遊びの祭典「東京おもちゃまつり2017」が開催される。主催は認定NPO法人芸術と遊び創造協会...

バンドウイルカ、開館中に出産 鴨川シーワールド

千葉県鴨川市の鴨川シーワールドは27日、バンドウイルカの「オリノ」が出産したと発表した。バンドウイルカの出産は4年ぶり。生まれたイルカは順調に成育しており、同館奥にある「イルカの海」で見られる。同館によると、オリノは21日午後1時22分に破水。3時間20分後に出産した。当時開館中だったため、来館者から「おめでとう」といった歓声が上がった。...

大宮で「オクトーバーフェスト」 ドイツ直輸入ビールと地元クラフトビールも

...

ぐんまちゃん 中国人投票でもナンバーワン ご当地キャラ人気で表彰

中国人が投票した「全日本ご当地キャラクター人気投票inチャイナ」の結果発表と表彰式が27日、都内で行われ、ぐんまちゃんが1位に輝いた。全国のご当地キャラ30体がエントリーし、中国の大手旅行代理店のホームページで投票を17~26日に受け付けた。2位は花笠マハエ(沖縄県)、3位は壺侍(佐賀県)だった。大沢正明知事は「国内に続き、中国でも優勝できたことはうれしいニュース。応援してくれた皆さんに心から感謝する。これをきっかけに、中国をはじめ東アジアとの交流を積極的に進めたい」とコメントした。...

コンテナ建築会社がホテル開発を本格化、栃木県に移設・再利用型ビジネスホテル開業へ

茨城県の工場敷地に航空機のパネル落下か

酪農家×神奈川県、地産生乳ブランド化 生産量全国2位も 原料は県外産

東京都、屋内は原則禁煙の条例を制定へ 加熱式たばこも禁止 30平方メートル以下の飲食店は例外

JR千葉駅ビル開業 107店、買い物客で活況「集い、楽しめる施設に」

秩父鉄道「SLパレオエクスプレス」運行30周年 絵本付き乗車券発売 

高崎オーパ来月13日開店 駅西新時代 160店集結

栃木県、省エネ家電への買い替え促進 抽選で商品券などの景品贈呈

秒の精度、飛躍的向上を評価 江崎玲於奈賞に香取東大大学院教授 

ミシュランの味ずらり 横浜赤レンガ倉庫に15店舗集結

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

甲信越地方

オススメ
最新記事

日銀の短期経済観測調査・企業の業況感はバブル期以来の高水準に

県内企業の景気判断はさらに回復し、バブル期以来26年ぶりの高い水準になった。日本銀行松本支店が公表した先月の短期経済観測調査によると、「景気が良い」と答えた企業から「悪い」と答えた企業を引いた指数は全産業で20となり、6月の前回の調査より5ポイント上昇した。製造業は34で前回を10上回り、いずれもバブル期の1991年以来の高水準です。...

2017年夏季の富士山登山者数、昨年と比べ3.9万人増 環境省が発表 

...

長岡市摂田屋地区を巡るイベント「おっここ摂田屋市」開催

醸造の町として知られる長岡市摂田屋地区を巡るイベント「おっここ摂田屋市」が7日、同地区で開かれる。NPO法人「醸造の町摂田屋町おこしの会」が主催し、ことしで13回目。メイン会場となる摂田屋4の吉乃川では約30のブースが並び、日本酒や甘酒の試飲などが楽しめる。機那(きな)サフラン酒本舗をはじめ歴史ある蔵を巡るスタンプラリーや、アマチュアバンドによる演奏も行われる。...

中野市、「ぼたんこしょう」ブランド化へ原産地呼称管理制度

...

今夏富士登山22万3800人 前年比4%増 外国人客が後押し 

...

糸魚川と長野でサイクリング快適に トラックで自転車輸送

長野県産米「風さやか」東南アジアに輸出へ

河口湖駅と富士山五合目バス乗場で音声認識多言語翻訳アナウンス実証実験

県央産の逸品じっくり吟味 三条・金物フェア

移住相談、長野県が1位 首都圏から交通の便良く

全国726点、プロの五感で採点 日本ワインコンクール審査会

手ぶらでBBQを 海辺の森キャンプ場 オープン

長野市「路上喫煙禁止」で条例改正の方針・重点区域では罰則も検討

ビーチスポーツの拠点へ 寺泊にコートオープン 長岡市の寺泊中央海水浴場

長寿日本一は長野県 厚労省が調査

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

東海地方

オススメ
最新記事

トヨタ部品とヤマト運輸、三重県で共同物流 走行距離・時間を大幅削減

トヨタ部品三重共販(三重県津市)とヤマト運輸(東京都中央区)は、3日より、三重県内の一部のルートで、荷物の共同物流を開始した。この事業は、三重県内の「津-名張・上野」ルートと、「津-松阪」ルートにおいて、ヤマト運輸が事業所間で運行するトラックの荷台スペースを活用し、両社の荷物を混載して輸送するもの。...

住友商、愛知県でバイオマス発電所の運転開始 出力7.5万キロワット

住友商事は5日、子会社のサミットエナジー(東京)を通じて愛知県半田市に建設したバイオマス発電所の商業運転を始めたと発表した。総事業費は約200億円。発電容量は7万5000キロワットで、稼働中のバイオマス専焼発電所としては国内最大級となる。...

日本一早い初滑り 富士山2合目、イエティに500人

裾野市須山の富士山2合目にあるスキー場「イエティ」が6日、今季の営業を開始した。屋外のスキー場としては19年連続で国内最速のオープンで、静岡県内外から集まった約500人が日本一早い初滑りを楽しんだ。同スキー場の標高は約1450メートル。2週間前から4基の人工造雪機をフル稼働させ、約1キロのゲレンデを整備した。...

光の世界でインスタ映えを 美濃和紙あかりアート展

第24回美濃和紙あかりアート展は7、8の両日、同市のうだつの上がる町並み一帯で開かれる。一般部門と小中学生部門合わせて約400点の和紙のオブジェを展示する。ことしは写真投稿サイト「インスタグラム」にハッシュタグ「#あかりアート2017」と付け、同展の写真を投稿した人の中から10組に、和服を着て和紙人形を制作する体験か和紙照明をプレゼントする。...

「三重銀行」+「第三銀行」=「三十三」 経営統合後の持ち株会社の名称が決まる

...

事故等の現場へ医師が救急車で出動 年度内にも試行 救命率向上に期待

帆船「みらいへ」初寄港 園児ら歓迎 富士・田子の浦港

計算の天才少女、快挙 珠算・暗算中部大会総合V

クジラ仕留める演技披露 鳥出神社の鯨船行事 遺産登録後初の祭典

リカちゃん展が通算来場者数8万人突破 記念に非売品の特別ドレス人形

18年春高卒求人1.94倍 静岡県内、過去最高水準に

窯業原料「売れなくなり投棄」 中央道土砂崩れ

三重県内最大級の農産物直売所「朝津味」1周年 感謝祭イベント続々

ロボットがサッカーに挑む「ロボカップ2017名古屋世界大会」

静岡浅間神社で「朝顔展」 丹念に育てた300の大輪

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

近畿地方

オススメ
最新記事

アメリカへの柿の輸出解禁 柿の生産量日本一の和歌山県

日本が長年要望してきた柿のアメリカへの輸出が、昨日から可能になったとテレビ和歌山が報じた。和歌山県は、今年度中に輸出を始めたいと意気込んでいる。アメリカはこれまで、日本産柿の輸入に関して、日本側の検疫体制が不十分だとして禁止してきたが、農園や生産者の事前登録や検査などを条件に、輸入を受け入れた。柿の生産量日本一の和歌山県は、アメリカへの輸出解禁をにらんで、去年から検疫体制の整備を本格的に進めていて、今年度中にも輸出を始めたいとしている。...

国宝指定の木簡がずらり!「地下の正倉院展」

9月に国宝に指定された平城宮跡出土の木簡を集めた特別展が平城宮跡資料館で始まるのを前に、展示内容が報道陣に公開された。文字を木の板に記した「木簡」は古代の生活などを伝える貴重な資料で、平城宮跡で出土した3184点の「木簡」は9月、国宝に指定された。「木簡」の国宝指定は初めてだといい、特別展では3期に分けて95点が展示される。...

神鋼、環境アセス手続き延期 火力発電所計画

アルミや銅製品、さらには鉄粉製品と不正の対象が拡大する様相の神戸製鋼所データ改ざん問題は、神戸製鉄所(神戸市灘区)で計画している石炭火力発電所増設計画の審査にも波及した。環境アセスメントで、同社が提出した環境への影響を示すデータを兵庫県や神戸、芦屋両市の審査会などが審議しているが、兵庫県は「信頼性が損なわれた」として、審議をいったん延期し、データを精査する方針を示した。...

大阪ビジネスパークで「陶芸ジャパン」 全国の窯元作家が集結 

大阪ビジネスパーク(以下OBP)ツイン21で18日~22日、全国の窯元作家が出店する「陶芸ジャパン2017 in Osaka 彩りの器市」が開催されると京橋経済新聞が報じた。 大阪で1995年から始まった同イベント。実行委員会メンバーが全国各地を訪ねて依頼した陶芸家たちが直接会場で作品を販売する。OBP会場で初開催した去年は約1万8200人を動員した。今年は昨年より1日多い5日間行う。...

薩摩と会津、二条城で競う? 大政奉還150年物産展

鹿児島市のキャラバン隊「薩摩観光維新隊」が12日、京都市中京区の京都新聞社を訪れた。二条城(同区)で13~15日に開かれる大政奉還150周年記念の物産展などをアピールした。物産展は、京都市の観光連携事業に参画する鹿児島市や福島県会津若松市など17自治体が出展。各地の特産品販売や観光情報の紹介を行う。鹿児島ゆかりの西郷隆盛と篤姫、大久保利通にふんした維新隊メンバーは「来年は明治維新150年。この機に鹿児島を訪れ、多彩な味覚や温泉、歴史に触れてほしい」と呼び掛けた。...

中山道「全国会議」 21日から滋賀・守山で

高野山麓世界遺産、路線バスで回ろう 周遊キャンペーンスタート 

あべのハルカスの展望台「ハルカス300」、来場者数が700万人突破

宝塚大劇場の緞帳新調 8年ぶり「夕べのひととき」表現

観光振興の拠点へ 県が奈良市役所南に新設 高級ホテルなど進出 起工記念式典 

江戸期の天橋立、屏風で鮮明に 京都、修理終え展示

途上国の11人、窯元を視察 滋賀・信楽、JICAが招待

和歌山の島精機開発の「全自動手袋編機」が機械遺産に認定 

奈良市の古民家改装「女性専用ゲストハウス」、国内外から人気 

电影“关原”14处称为观光地 观光振兴起爆剂

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

中国地方

オススメ
最新記事

地域商社やまぐち」発足 山口県の特産品を国内外に発信

山口県の特産品を首都圏や海外に広めようと、山口フィナンシャルグループなどが出資した「地域商社やまぐち」が発足し、11日、同県下関市で記念式典を開いた。大手百貨店のバイヤー経験者ら外部の専門家も含め、従業員5人態勢でスタートする。生産者と連携し、仕入れや商品開発、販売までを一貫して手がける。...

広島駅に新幹線改札口近く「総合案内所」 鉄道と観光の情報発信 

広島市とJR西日本が1日、JR広島駅構内に2カ所ある案内所を統合し、同駅舎2階に鉄道と観光を案内する「広島駅総合案内所」を新設したと広島経済新聞が報じた。総合案内所は駅舎2階の新幹線改札口外で自由通路横に面した場所に新設。これまで土産物などを販売してきたコーナーを改装した。区画面積は約33坪。...

「がん哲学カフェ」岡山県内に広がる 悩む患者らへ前向きに生きる力を

がん患者や家族、医療関係者らが、お茶を飲みながら病気や人生について考える「がん哲学メディカルカフェ」が岡山県内で広がっている。参加者が同じ目線で病気について語り合い、不安を和らげ、前向きに生きる力を得てもらおうと、ボランティアや医療機関による取り組みだ。2人に1人ががんになる時代に、“心の処方箋”を提供する場として専門家も普及を呼び掛けている。...

島根特産の西条柿「こづち」初出荷 香港への輸出本格化

島根県特産の西条柿「こづち」が収穫期を迎え、同県出雲市のJAしまね・平田柿選果場から6日、初出荷された。7日に地元・山陰両県や関西、瀬戸内地区などで初売りされる。同JAでは今年度、昨年試験的に実施した香港への輸出を本格化させる。中国地方を中心に生産される西条柿。全国一の栽培面積を誇る島根県では、実の形状が打ち出の小づちに似ているとして「こづち」のブランド名で市場に送り出している。...

山陰に早くも冬の使者 出雲にコハクチョウ、米子ではマガン確認

山陰地方に5日、冬の使者コハクチョウとマガンが飛来した。コハクチョウは昨年より6日早く訪れ、山陰では過去最も早い記録となった。マガンは米子水鳥公園(鳥取県米子市)に今季初飛来。島根県出雲市には4日に姿を見せている。コハクチョウは5日午前6時半頃、宍道湖西岸に当たる出雲市の斐伊川河口に、成鳥6羽と幼鳥1羽の計7羽が降り立っているのが確認された。...

下関・シーズン到来フグ初競り

宿泊型高級客船「ガンツウ」公開 せとうちクルーズ、10月就航

400年超の伝統 どぶろく造り 岡山・新見の船川八幡宮

人工関節手術1万例に 松江・玉造病院「患者の満足度高める」

“カレー県”鳥取の農業試験場で「カレーに合う」新しい米誕生 今秋にも一般向け販売

宇部で県内初の「フットゴルフ大会」 ココランドで32人がラウンド

広陵・中村「清原超え」6本塁打 32年ぶり新記録「出来過ぎ」

懸賞金50万円…岡山の「脱走」ゾウガメ15日ぶり発見 捜索の親子、15分で〝ゲット〟

島根県に北斎作品1000点 研究第一人者・永田氏寄贈

鳥取―出雲市に新観光列車「あめつち」来夏運行 景勝地では徐行

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

四国地方

オススメ
最新記事

秋葉まつりの里 仁淀の歴史展 高知・仁淀川町

土佐の三大祭りのひとつと言われる仁淀川町の秋葉まつり。200年以上続く祭りの歴史を調査した古文書とその解説文の展示会が行われている。展示会は祭りが行われる秋葉神社の境内で開かれている。毎年2月に行われている秋葉まつりは高岡郡別枝村で(現在の仁淀川町別枝)寛政6年=1794年に始まったと言い伝えられている。この歴史の裏づけが欲しいと、9年前に当時のまつりの保存会の会長の呼びかけで調査が始また。...

「伊予国府」所在地、遺構や遺物から探る 今治で企画展

...

太鼓台、勇壮に舞う 小豆島の秋祭りシーズン幕開け

勇壮に太鼓台が舞う小豆島(香川県)の秋祭りシーズンが幕開けした。小豆島町福田の葺田八幡神社では11日、同地区と土庄町小部の4自治会から4基の太鼓台が集まり奉納された。小豆島の秋祭りは「太鼓祭り」とも呼ばれて親しまれており、小豆郡内に8社ある八幡神社での秋の祭礼に奉納される。葺田神社では太鼓台のほかに、獅子舞と長刀踊りが呼びもの。...

「徳島ビジネスチャレンジメッセ2017」AIや藍 活用アピール 徳島で商談会始まる

徳島県内外の企業などが出展する展示商談会「徳島ビジネスチャレンジメッセ2017」が12日、アスティとくしま(徳島市)で開幕した。18回目となる今回のテーマは「AI(人工知能・藍・愛)」。215の企業・団体が出展、昨年を35上回る。14日まで開く。AI技術を活用したロボットを集めたブースを設置したほか、徳島特産の藍を活用した製品などを展示する。知的財産の活用といった様々なテーマのセミナーや商談会、小学生を対象にした職業体験も実施する。...

ヤナセ天然スギ 計画伐採今年で休止 高知・馬路村

...

今治造船 国内で17年ぶりの大型ドック完成

武士の装いに見る美意識 丸亀の資料館で特別展 

阿波藍の魅力を発信 徳島でサミット

トロッコ列車「幕末維新号」でおもてなしへ

「道後オンセナート」プレオープン前に内覧会

高松空港13路線目指す 国交省が民間委託提案内容公開

バス16人死傷事故 運送会社を家宅捜索

高知龍馬空港に巨大鳴子が登場

愛媛県、8月18日に四国4県の消防防災航空隊と合同訓練を実施へ

かがわ縁結び支援センター人気 登録者4倍の801人 県「おせっかいさん」追加募集

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

九州地方

オススメ
最新記事

米蔵改装の交流施設好評 長崎・東彼杵の住民企画

米蔵を改装した長崎県東彼杵町の交流施設「Sorrisoriso(ソリッソリッソ)ちわた米創戸」が好評だ。立ち寄る人々は「気軽に人とつながれる」と、併設のカフェで憩いのひとときを楽しんでいる。東彼杵町の地域おこし団体「長咲プロジェクト協議会」が平成27年12月にオープンした。地元農協が所有し解体予定だった築約60年の米蔵を、町の協力を得ながら約1900万円かけて改修。昨年は約2万7千人が利用したという。...

佐賀県、玄海30キロ圏にヨウ素剤配布

...

「祭り」テーマに砂像展 福岡県芦屋町

福岡県芦屋町主催の「あしや砂像展2017」が、20日から11月5日まで芦屋海浜公園で行われる。今年のテーマは「祭り」。米国、イタリアなど6カ国から招いた6人のプロ彫刻家が青森ねぶた祭り、博多祇園山笠、リオのカーニバルなど七つの祭りを砂で表現し、アマチュアによる作品を含め計39の像が展示される。...

佳能在宫崎县建设新的数字照相机生产据点

佳能公司宣布,将在宫崎县儿汤郡高锅町建设新的数字照相机的新的生产据点。操作开始2019年的8月份预定。佳能2016年度开始新的5年计划“全球优良企业集团构想V”推进,新规事业培育一个环节下,现行事业的再强化组织方针。...

霧島アートの森 入園者150万人達成

...

キヤノンが宮崎県に新たなデジカメ生産拠点を建設、自動化技術をさらに強化

大分県、台風被害の津久見市と佐伯市に災害救助法適用

24日に水俣条約会議開幕 米中など70カ国超参加

「ロボットラボ」10月開設 時津・杉原エンジニアリング 長崎県内初

電子決済「エアレジ」活用実証へ からつ観光協、20社公募

天神中央公園で「九州うまいもの大食堂」 地酒バーも

「防災の日」 デパートで地震想定訓練

焼酎トップメーカー「霧島酒造」、世界展開へ意欲満々

大分の避難所、全て解消

地震被災状況を全国の市町村職員が視察

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

沖縄地方

オススメ
最新記事

チビチリガマ荒らしで特別決議 読谷村議会「戦争犠牲者への冒涜」

...

高校求人は5年前の4倍 那覇職安調査、人材確保で前倒し傾向

沖縄労働局の那覇公共職業安定所は31日、沖縄県の恩納村・宜野座村以南の地域で企業から出された7月末時点の本年度新規高卒者求人受理数は前年同期比18.5%増の1802人となったと発表した。5年前の7月末と比べると4倍の水準になっており、同所は「県内企業の好調な業績と人手不足が要因だと推察される。企業はいい人材を確保するため、早めの求人を出している」とみている。...

「島あっちぃ」で活性化 31人、伊平屋観光県事業

...

現地の味そのまま! 女子も大好きな沖縄フードがセブンに登場

セブン-イレブンは、きょう18日からおにぎりやお弁当、スイーツなどを中心に「ハイサイ!...

5月有効求人倍率、過去最多1.13倍 失業率は改善3.5%

内閣府 離島振興に6.9億円交付 新規で22事業

ドクターヘリ発信基地、浦添に完成 関係者ら出席し竣工式

4月第3日曜は「もずくの日」 沖縄県那覇市でモズク早食いなどイベント

白い百獣の王が来た 沖縄こどもの国、あす歓迎セレモニー

沖縄-愛媛-北海道 農作業バイト、繁忙期にリレー

県産医療機器、中城発アジアへ 三鷹光器

海底光ケーブルが開通、離島結ぶ 沖縄県 通信速度20倍・災害時も安定

クルーズ世界大手3社、本部・平良・石垣3港に拠点 

「夢は五輪開会式で琉球舞踊」 東京沖縄県人会、華やかに60周年