経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
石川県
金沢大の「理工学域能登海洋水産センター」設立 能登町 印刷
2019年 6月 12日(水曜日) 09:39

能登半島での水産資源の研究開発などを目的にした「金沢大学理工学域能登海洋水産センター」(石川県能登町越坂)の設立を祝う式典が5日、開かれた。新技術の開発や人材育成の拠点として期待されている。センターは九十九湾に面した海沿いに立つ。鉄筋3階建て、延べ床面積約1千平方メートル。魚を育てる飼育室、培養室や実験室があるほか、海外の研究者らが長期滞在できるように研究室も設けた。

 
JDI、白山工場を減損 人員削減で地域に影響も 印刷
2019年 5月 22日(水曜日) 22:51

経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)は15日、スマートフォン向け液晶パネルを生産する白山工場(石川県白山市)について、2019年3月期に747億円の減損処理を実施したと発表した。さらに19年度、国内外の拠点で1000人規模の人員削減を実施する。石川県内の拠点も影響を受ける可能性があり、地域の雇用や生産に影を落としそうだ。

 
七尾湾イルカ、毎日遊覧 14業者、船を当番制に 10連休前にも開始 印刷
2019年 4月 19日(金曜日) 09:42

「七尾湾イルカ保護委員会」に所属するイルカウオッチングの遊覧船が、毎日周航することになった。現在は船を所有する個人や事業者がそれぞれにイルカ観察を実施しており、船が1隻も出ない日があるが、当番制に変更することで観光客の利便性を高める。依頼が複数の船に分散した場合は当番船に乗客を集め、他の船の燃料費削減にもつなげる。大型連休の前後にもスタートする見通しだ。

 
最新3D機器で開発支援 石川県工試 印刷
2019年 3月 29日(金曜日) 09:23

石川県工業試験場は4月、中小製造業の製品開発力を強化するため、最新の金属造形用3Dプリンターを同試験場に導入する。近赤外線のレーザー光線を多方向から集中的に照射し、高精細な造形が可能になる。精密加工で付加価値の高い製品づくりを目指す企業は多いが、高額のため設備投資に踏み切れないケースもある。県工試は品質評価などを担う機器4台も増設して専用ラボを拡張し、中小企業の新製品づくりを後押しする。

 
石川県とコマツ、小松の公園整備で協定 足湯や農業体験 印刷
2019年 3月 08日(金曜日) 18:19

石川県とコマツは5日、木場潟公園(小松市)東側の雑木林を園地として整備する協力協定を結んだ。足湯を併設した休憩拠点や農作物の収穫を体験できる施設を開設する。足湯や暖房の熱源には整備時に出る間伐材を利用する。2023年に予定されている北陸新幹線の敦賀延伸までに施設の整備を終え、全国から観光客を呼び込む。木場潟公園は豊かな自然を保全しており年間約70万人が訪れるが、公園の東側にある雑木林は荒廃が進んでいた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 15 ページ