経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
宮城県
明成高の恩師「感謝忘れず」八村選手ドラフト指名でNBAへ 印刷
2019年 6月 28日(金曜日) 09:40

バスケットボール世界最高峰の舞台NBA入りを目指していた明成高校出身の八村塁選手が、日本時間の21日午前、見事ドラフト1巡目で指名を受けた。NBAドラフト一巡目指名は、日本人初の快挙。ニューヨークで行われたNBAドラフト会議。八村塁は、1巡目でワシントンウィザーズから全体の9位という上位で指名された

 
松島水族館の跡地に新たな観光拠点「松島離宮」 印刷
2019年 6月 06日(木曜日) 10:51

2015年に閉館した「松島水族館」の跡地に、新たな観光施設が造られることになり、30日、地鎮祭が行われた。地鎮祭を行ったのは、蔵王町の総合商社「丸山」が整備を進める体験型観光施設「宮城県松島離宮」。30日は村井知事など関係者60人が出席し、工事の安全を祈願した。木造2階建ての「松島離宮」は、観光案内所や飲食・物産販売スペースのほか、製作体験ができる「こけし工房」、松島湾をイメージした庭園などが整備される。まずは来年4月に施設の半分をプレオープンさせた上で、来年9月に全館開業の予定。

 
気仙沼湾を横断する橋に「巨大な支柱」設置 仙台と青森をつなぐ三陸道 建設進む 印刷
2019年 5月 14日(火曜日) 16:45

仙台から青森までをつなぐ「三陸道」は、「復興道路」として着々と建設が進められている。このうち、気仙沼湾を横断する橋の「巨大な支柱」が、10日、大型クレーン船を使って設置された。気仙沼湾に浮かぶ大型クレーン船が吊り上げるのは、高さ65メートル・重さ890トンという、橋を支える「巨大な支柱」。気仙沼湾をまたぐ三陸自動車道の「気仙沼湾横断橋」は、全長680メートル。

 
気仙沼大島大橋 開通日3時間で2000台通行 観光客殺到、翌日も市内で渋滞 印刷
2019年 4月 15日(月曜日) 18:55

7日に開通した気仙沼市の大島と本土を結ぶ気仙沼大島大橋で、開通直後の3時間の車の通行量が約2000台に達していたことが12日、分かった。宮城県が見込む1日平均通行量は2500台で、橋の開通を目当てに観光客が島に殺到した状況が浮き彫りとなった。同日、県気仙沼合同庁舎であった国、県、市の担当者が大島に関する交通対策を話し合う「気仙沼大島大橋交通対策調整会議」の初会合で報告された。

 
クロダイ出荷制限解除 宮城県沖海産魚種は全て解除 印刷
2019年 3月 24日(日曜日) 23:08

宮城県は14日、宮城県沖全海域のクロダイの出荷制限指示が解除されたと発表した。基準値を超える放射性物質が検出されたとして、国から2012年に指示を受けていた。東京電力福島第1原発事故以降、県沖ではクロダイ、マダラ、ヒラメ、ヒガンフグ、スズキの計5魚種が国の出荷制限指示を受けたが、今回の措置で全て解除された。村井嘉浩知事は「引き続きモニタリング調査を実施し、安全・安心な海産物の提供に努める」との談話を出した。

最終更新 2019年 3月 24日(日曜日) 23:08
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 16 ページ