経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
大分県
大分県、台風被害の津久見市と佐伯市に災害救助法適用 印刷
2017年 10月 02日(月曜日) 22:08
大分県は19日、台風18号で家屋に大規模な浸水被害が出た津久見市と佐伯市に、災害救助法と被災者生活再建支援法の適用を決めた。確認された浸水被害はさらに増え、両市など11市で少なくとも1787棟となった。大分県の広瀬勝貞知事は被災状況を視察。記者団に「早期の復旧に向け、県を挙げて全力で支援する」と語った。
 
大分の避難所、全て解消 印刷
2017年 9月 07日(木曜日) 21:14
大分県は31日、九州北部の豪雨で唯一残っていた日田市の避難所1カ所が閉鎖され、県内の避難所が全て解消したと発表した。県内では一時、14+市町の計244避難所に計2277人が身を寄せていた。最後までいた1世帯2人が31日退去した。県によると、既存の民間賃貸住宅を行政が借り上げる「みなし仮設住宅」や公営住宅への入居が進み、避難所の被災者は徐々に減少していた。
 
豪雨に負けず、梨出荷ピーク 日田市 印刷
2017年 8月 16日(水曜日) 13:26

大分県日田市特産の梨「幸水」が、お盆を前に出荷のピークを迎えている。JAおおいた日田梨部会によると、数年ぶりに大ぶりの梨が実り、朝夕の温度差が激しかったため、糖度が高いものも多い。九州北部豪雨で被災した梨園もあるが、年間出荷量は昨年に比べ15%ほど増え、約3000トンを見込んでいる。

 
大分・臼杵石仏の里で「蓮まつり」 写真コンテストも  印刷
2017年 7月 24日(月曜日) 19:05

国指定史跡「国宝 臼杵石仏」で9日、「石仏の里 蓮まつり」が始まったと大分経済新聞が報じた。1区画の休耕田から始まったという同イベントは今年で5回目。2000年に地元のハス愛好家とボランティアでつくる団体「はないちえ」と地元民が協力してハスを植栽し、2012年から始まった。現在は約4400平方メートルの敷地に約1000株、1万本のハスが植えられている。

 
地熱発電所建設へ調査 九電、涌蓋山東部で7月から 印刷
2017年 6月 30日(金曜日) 16:41

九州電力は16日、大分県九重町と熊本県小国町にまたがる涌蓋山東部で、7月から地熱発電所建設に向けた調査を行うと発表した。九電によると、周辺の岩石や、九州大学などの地質調査から、地熱発電に使う高温の水蒸気層が期待できるという。調査地点は九重町に位置し、14日に同町から調査同意書の交付を受けた。九電は数千キロワット規模の発電所建設を目指す。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 10 ページ