経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
北陸地方
ミサイルに漁協が悲鳴「予測できない」 印刷
2017年 9月 19日(火曜日) 23:56
北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、福井県は15日午前9時半から各部局の連絡会議を開き、状況や国、県の対応を確認した。県危機対策・防災課などによると、県内の漁船は発射時に北海道沖で操業しておらず、県内の原発や港湾施設、入港予定のフェリー、定期コンテナ船にも影響はなかった。
 
来年度の北陸経済、プラス成長の見込み 中部圏社会研究所が発表 印刷
2017年 9月 17日(日曜日) 18:39

中部圏社会経済研究所(名古屋市)が8日発表した2018年度の北陸三県の経済見通しは、輸出や生産の増加、個人消費の伸び率拡大を見込み、実質経済成長率を前年度プラス1.8%とした。プラス成長は6年連続となる。企業、家計部門の伸びを見込む一方、中国経済の成長鈍化で民間企業設備や外需は前年度より寄与度が低下する。同研究所は人手不足の深刻化や地政学リスクなどを懸念材料に挙げた。

 
秋の味覚、ベニズワイ初競り 新湊漁港 印刷
2017年 9月 17日(日曜日) 18:38
富山湾の秋の味覚・ベニズワイガニの今シーズンの初競りが2日、射水市八幡町の新湊漁港で行われ、色鮮やかなカニと競り人の威勢のいい掛け声に港が活気づいた。ベニズワイガニ漁は毎年1日午前0時に解禁。ことしは高波の影響で、新湊漁協所属のカニかご漁船5隻のうち2隻が漁を取りやめ、3隻が沖合にカニかごを仕掛けていた。
 
福井で「フィンランド・デザイン展」 「ムーミン」原画など700点一堂に  印刷
2017年 8月 25日(金曜日) 17:03

福井市美術館で現在、「フィンランド・デザイン展」が行われていると福井経済新聞が報じた。フィンランド独立100周年を記念して企画された同展。独立以前から現在までを振り返り、同国におけるデザインの歩みを作家ごとに紹介する。石堂裕昭副館長は「北欧好きや家具好きという方が多く訪れる一方で、20代~30代の親子連れの来場も目立つ」と話す。

 
7年ぶり大キリコ乱舞 輪島で曽々木大祭 印刷
2017年 8月 25日(金曜日) 17:03

輪島市町野町曽々木、春日神社の例大祭「曽々木大祭」は17日行われ、国指定名勝である曽々木海岸の「窓岩」を背に、大小4基のキリコが集結した。今年は高さ10.5メートルの大キリコが7年ぶりに乱舞した。大キリコは巡行に50人以上が必要で、青年団員が年々減って動かせずにいたが、今年は団員が輪島出身の友人や知人に声を掛けて担ぎ手を確保した。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 28 ページ