経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
徳島県
二十二番札所が民泊開業 その名も「坊主の宿」 印刷
2017年 4月 19日(水曜日) 10:46
徳島県阿南市新野町の四国八十八カ所霊場二十二番札所・平等寺が8日、お遍路さんや一般の旅行者も宿泊できる民泊を境内に開業した。隣の札所まで10キロ以上離れているが近隣に旅館は1軒しかなく、民泊で地域のにぎわいづくりを目指す。南海トラフ巨大地震で想定される浸水域外の内陸にあることから、災害時は避難所として活用する。
 
災害時の情報提供で実証実験 徳島県とセブン&アイ 印刷
2017年 3月 28日(火曜日) 09:26

徳島県とセブン&アイ・ホールディングスは14日、大規模災害時の住民への情報提供で、コンビニエンスストアの店舗を活用した実証実験をした。自治体が集めた道路の状況や支援物資などの情報を、同社のシステムを通じてコンビニ店舗に配信し、それを印刷して店頭に掲示した。両者は南海トラフ地震などの大規模災害時の被災者支援で連携を進めており、実験はその一環。セブン&アイは徳島での実証実験を通じ、他地域でも展開できる被災者支援モデルの構築を目指す。

 
野老氏デザインで藍PR 印刷
2017年 2月 09日(木曜日) 20:24

徳島県特産の藍をPRするため、2020年東京五輪・パラリンピック公式エンブレムをデザインした野老朝雄氏が、新しいロゴマークと文様を制作した。文様は、古典的な波の図柄を基に、鳴門の渦潮や祖谷地方の雲の流れのイメージを組み合わせたデザインで、「組藍海波紋」と名付けられた。

 
JR四国が土讃線に新観光列車 4月から徳島・大歩危峡など走行 印刷
2017年 1月 18日(水曜日) 18:27

JR四国は13日、同社の新しい観光列車「四国まんなか千年ものがたり」を、同社多度津工場(香川県多度津町)で報道陣に公開した。田園風景と渓谷美を楽しめる土讃線多度津(同町)―大歩危(徳島県三好市)間で4月1日から運行させる。3両編成で定員57人(全席指定)。

 
「スウィーツ甲子園」 県代表のかがやきが全国一 印刷
2016年 12月 24日(土曜日) 18:31

障害者が働く事業所で製造するお菓子のコンテスト「第8回スウィーツ甲子園」(兵庫県主催)で、徳島県代表の障がい者就労支援センター・かがやき(阿波市)の「阿波晩茶のホロホロクッキー」が最優秀のグランプリに輝いた。県代表のグランプリ受賞は4年ぶり2回目。阿波晩茶を練り込んだ半球型のクッキーでホワイトチョコレートを挟み、表面には阿波和三盆糖をまぶした。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 > 最後 >>

1 / 8 ページ