経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
経済
全国で人口減少も 福岡市は「毎年1万人増」 一極集中に拍車、税収も大幅アップ 印刷
2019年 7月 17日(水曜日) 17:25

日本人の人口が過去最大の減少幅を記録する中、毎年1万人のペースで増え続けているのが福岡市だ。総務省が10日に発表した、1月1日時点の住民基本台帳に基づく人口動態調査の結果でも、全国の市や区のうち最も日本人の人口が増えたのは福岡市だった。 福岡市内の総生産のうち約9割がサービス業などのいわゆる第3次産業で、働く人が増えることが税収増に直結する。このことを背景に、市税収入は6年連続で過去最高を更新する見通しだ。

 
かんぽ全契約者に意向確認 日本郵便、2600万人 印刷
2019年 7月 17日(水曜日) 17:25

かんぽ生命保険の不正販売を巡る問題で、販売委託を受ける日本郵便が、契約内容が希望に合っていたかどうかなどを全ての顧客に確認することが14日、分かった。日本郵便が「お客さま対応方針」と題する資料で全国の郵便局に通達した。12日付。契約状況や保険金の支払われる条件などを確かめた上で、継続や解約の意向を問う機会になり、解約が増える可能性もある。かんぽ生命の顧客は約2648万人とされ、大規模な確認作業となる。

 
晴れぬ7月 記録的低温で湿る消費 プール客95%減、夏セール不振、野菜高騰 印刷
2019年 7月 16日(火曜日) 17:08

7月としては記録的な低温が続くなど初夏を感じさせない異例の天候がレジャー施設や小売店などに波紋を広げている。東京都内の大規模プールではプール開きからの客足が低迷。百貨店では春夏衣料のバーゲンセールが不調だ。野菜の生育不良も危ぶまれ、今後の天候が懸念されている。

最終更新 2019年 7月 17日(水曜日) 17:09
 
「文藝」17年ぶり異例の重版 特集は韓国文学とフェミニズム、購入者の半分近くが男性 印刷
2019年 7月 12日(金曜日) 16:55

河出書房新社は10日、季刊文芸誌「文藝」2019年秋季号を重版すると発表した。「文藝」の重版は、2002年以来17年ぶりだ。特集は「韓国・フェミニズム・日本」。一人の女性の人生を描いた『82年生まれ、キム・ジヨン』がベストセラーになるなど、日本でも注目を集めつつある韓国文学。現在の隣国の文学とフェミニズム的な視点にフォーカスし、日本文学とのつながりを探ろうという試みだ。

最終更新 2019年 7月 17日(水曜日) 17:07
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 455 ページ