経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
岐阜県
ハナショウブあで姿 県百年公園 印刷
2017年 6月 20日(火曜日) 17:57
岐阜県百年公園(関市小屋名)のハナショウブが見頃を迎えている。白や紫などカラフルな花が咲きそろい、来園者が写真を撮るなどして楽しんでいる。園内のしょうぶ園(広さ約1300平方メートル)には、約100種約2万株のハナショウブが植えられている。今月に入って徐々に咲き始め、現在はほとんどの株があでやかな花を付けている。また、周囲にはアジサイの花も咲き、美しさを競っている。同公園事務所によると、強い雨が降らなければ今月いっぱいは楽しめそう。
 
韓国でヒノキブーム 日本の木造建築学ぶ 印刷
2017年 5月 29日(月曜日) 17:54

県産木材でつくる木造住宅を韓国で広めようと、岐阜県は韓国の大工らを対象にした研修会を各務原市などで開いている。ヒノキブームの韓国では日本の木造住宅への関心が高まっており、現地の大工に日本式の建築技術を習得してもらうことで、県産材の輸出拡大につなげる狙いがある。参加したのは韓国木造建築技術協会に加盟する大工など技術者15人。

 
高山―長野待望の広域道 上ケ洞バイパス開通 印刷
2017年 5月 03日(水曜日) 00:00
岐阜県高山市と長野県伊那市を結ぶ国道361号のバイパス工事で、高山市高根町上ケ洞の上ケ洞工区が27日、開通したと岐阜新聞が報じた。大型車両が通行できるようになり、県域を越えての広域観光や緊急時の連携が期待される。同工区は県が2003年に事業化。延長2.143キロで片側1車線、高根トンネル(延長1981メートル)を設けた。
 
スイセン2万株見頃 下呂市乗政 印刷
2017年 4月 11日(火曜日) 10:30
岐阜県下呂市乗政で、約2万株のスイセンが見頃を迎え、訪れる人たちを楽しませていると岐阜新聞が報じた。同所の農業永田甚四郎さん(92)が、昨年亡くなった妻の美代子さんと一緒に、約20年前から株分けして、自宅周辺で増やしてきた。今では土手約200メートルにわたって、約1500平方メートルを黄色く染めるかれんな花が観光客らを楽しませており、同所は「乗政すいせんの里」と呼ばれる名所になった。
 
岐阜総合高の濱﨑さん、ジュニアマイスター全国1位 印刷
2017年 3月 18日(土曜日) 19:48
高校生の工業系の資格取得などを点数化して表彰する「ジュニアマイスター顕彰制度」(全国工業高等学校長協会主催)で、岐阜総合学園高(岐阜市須賀)マルチメディア部3年生の濱﨑瑞樹さん(18)が、3年間で20種もの資格を取得し、全国1位となる経済産業大臣賞を受賞した。同賞の受賞は同校では初めて。「こつこつと頑張ってきたことが評価されうれしい」と喜んでいる。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 > 最後 >>

1 / 9 ページ