経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
岐阜県
岐阜と石川結ぶ山岳道路 「白山白川郷ホワイトロード」が部分開通 岐阜県側で式典 印刷
2019年 6月 14日(金曜日) 10:38

冬の間閉鎖されていた、岐阜県と石川県を結ぶ「白山白川郷ホワイトロード」が7日部分開通した。「白山白川郷ホワイトロード」は、岐阜県白川村と石川県を結ぶ全長33.3キロの山岳有料道路で、石川県側の一部区間で、去年発生した土砂崩れの復旧作業が続いていることから、約30キロの部分開通となった。

 
空宙博とロ・宇宙ロケット博物館 連携事業推進で合意 印刷
2019年 5月 22日(水曜日) 23:04

ロシア訪問中の岐阜県視察団は15日、サンクトペテルブルクにある国立宇宙とロケットの博物館を訪れ、同博物館と岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(愛称・空宙博、各務原市)が連携事業を進めることで合意した。具体的な事業の協議を進め、9月にも宇宙とロケットの博物館関係者を空宙博に迎える。古田肇知事や空宙博の松井孝典館長、浅野健司各務原市長らは、宇宙開発を支えるロケットエンジンの実機や宇宙服など同博物館の展示を見て回った後、ウラジスラフ・ボルホビッチ館長、国際交流を担当するセルゲイ・カリューシキン副館長らと面談した。

 
気迫奏でる起し太鼓 古川祭 印刷
2019年 4月 22日(月曜日) 20:26

岐阜県飛騨市古川町の古川祭(気多若宮神社例祭、国指定重要無形民俗文化財)は19日開幕し、さらし姿の約700人の男衆がぶつかり合う「起し太鼓」を勇壮に繰り広げた。起し太鼓は、例祭の始まりを告げるために太鼓を打ちながら家々を回ったことが起源とされ、江戸時代から続く。町中心部のまつり広場で出立祭を営んだ後、午後9時前に打ち出し。起し太鼓主事の朱雀組の若者が櫓の大太鼓にまたがり、「ドーン」と大地を揺るがすような音を鳴らして町を練った。

 
岐阜農林高に特許庁長官賞 特許アイスの販売評価 印刷
2019年 4月 01日(月曜日) 20:58
岐阜県の伝統野菜マクワウリを使ったアイスクリームの製造方法で特許を取得し、優秀な販売実績を残したことが評価され、岐阜農林高(本巣郡北方町)が特許庁長官賞を受賞した。同庁などが開く「パテントコンテスト」の入賞経験があり、その後の事業化が認められた。生徒が県庁を訪れ、安福正寿教育長に喜びの報告をした。
 
明知鉄道に明智光秀ラッピング列車 印刷
2019年 3月 08日(金曜日) 18:23

戦国武将明智光秀が主人公の2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」にちなみ、第三セクターの明知鉄道(岐阜県恵那市明智町)が今月から運行を予定している光秀列車のラッピングデザインが決まった。戦国時代の戦乱を赤、金色の波模様で表現し、空想上の動物麒麟、甲冑姿の光秀を描き入れた。大河ドラマが放送されるのを前に、光秀ゆかりの地、明智町のある恵那市が沿線の観光振興を図ろうとデザインを公募した。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 15 ページ