経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
山形県
花笠で紅く染まる 山形花笠まつりが開幕 印刷
2019年 8月 14日(水曜日) 17:48

東北四大まつりの一つ、「山形花笠まつり」が5日、開幕した。この日は最高気温が36.3度と山形市では今年一番の暑さとなった。午後6時過ぎ、「ヤッショ、マカショ」といきのいい掛け声とともに紅花をあしらった花笠を手にした、揃いの浴衣姿の山形県花笠協議会舞踊指導員の踊り手が、最上川を渡る爽やかな風と揺れる稲穂をイメージした「女踊り」と呼ばれる正調花笠・薫風最上川を披露。

 
山形・新潟への宿泊旅行、1人3000円補助へ 印刷
2019年 7月 22日(月曜日) 18:38
石井国土交通相は9日の閣議後の記者会見で、6月の山形県沖を震源とする地震で需要が落ち込んだ山形、新潟両県への観光支援策として、現地を訪れるツアー料金の一部を補助すると発表した。旅行会社を通じて申し込んだ場合、1人当たり3000円を国が支援する。 山形県か、新潟県に1泊以上宿泊する対象旅行商品を購入する場合、3000円を割り引いた額で購入できる。
 
山形県沖地震・県内20人が重軽傷 印刷
2019年 6月 28日(金曜日) 09:42

山形県沖を震源とし、鶴岡市で震度6弱を観測した地震から一夜明けた19日、被害状況が明らかとなった。山形新聞が県や各自治体に取材した集計では、鶴岡市を中心に計20人が重軽傷を負った。山形地方気象台によると、県内では2011年に起きた東日本大震災の震度5強を超える観測史上最大の震度となり、本県沿岸部に同震災以来の津波が到達した。鶴岡市内では液状化も起き、小学校の相撲場が倒壊。交通機関は復旧が進んだものの、大規模な停電や断水など生活基盤にも影響が出た。

 
目指せ枝豆産地の日本一 山形県が3年計画 印刷
2019年 6月 06日(木曜日) 19:18
山形県は29日、枝豆の全国一の産地にするため、「山形枝豆日本一産地化推進協議会」を設置した。3年計画で枝豆の生産量と販売量で日本一を目指す。枝豆を産出額(平成29年)でみた場合、1位が千葉県で47億円、2位は群馬県で45億円、山形県は3位で40億円。品種をみると山形県内は、だだちゃ豆(庄内地方)、ハッピー枝豆(村山地方)、上杉まめ(置賜地方)と3地方で独自のブランドを作っており出荷時期と食味に違いがある。
 
桜舞う天童で人間将棋 高校生たちが甲冑姿で駒に 印刷
2019年 5月 19日(日曜日) 17:29
将棋駒の生産量日本一の山形県天童市で4月20日、「人間将棋」があった。満開の桜が咲く舞鶴山の頂上で、天童高校と創学館高校の生徒らが甲冑や着物を身にまとい、棋士の指示で移動。大勢の観光客が迫力ある時代絵巻に見入った。 対局は、宮宗紫野女流二段と加藤結李愛女流2級。「居飛車党で行くぞ」「お主の考えはお見通しじゃ」などと場を盛り上げながら熱戦を繰り広げた。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 16 ページ