経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
佐賀県
玄海原発燃料税拡大条例、佐賀県議会が可決 印刷
2018年 10月 05日(金曜日) 18:55

佐賀県議会は25日に開いた本会議で、九州電力玄海原発で貯蔵されている使用済み核燃料に課税対象を拡大する条例を可決した。課税期間は平成31年度から5年間で、総務相の同意が得られれば実施する。貯蔵期間が5年を超えた使用済み核燃料1キログラム当たり、500円を課す。県は5年間で約21億円の税収を見込む。税収は現行の項目と合わせ、5年間で計約187億円になる。避難の際に使う道路や港の整備費などに充てる。

 
リンガーハット 9億円投じ、佐賀県・吉野ケ里町に新工場新設 印刷
2018年 9月 11日(火曜日) 11:56

リンガーハットと佐賀県の吉野ヶ里町は8月28日、吉野ヶ里町役場三田川庁舎おいて、新工建設舎に関する進出協定を締結した。敷地取得に7800万円、建物に8億5000万円、合計9億2800万円を投資する予定だ。竣工は2019年4月で6月から操業する計画だ。現在、鳥栖工場において 、リンガーハットで使用する「もやし」などを製造しているが、鳥栖工場の老朽化に伴い数年前から新工場建設を検討していた。

 
さが幕末維新博100万人突破 印刷
2018年 8月 22日(水曜日) 09:27

明治維新150年を記念し佐賀県が開いている「肥前さが幕末維新博覧会」全体の累計来場者数が11日、100万人に到達した。10カ月の会期で100万人来場の目標を掲げていたが、開幕から5カ月での達成に、山口祥義知事は「多くの方に来場していただいた。子どもたちが志を持って何かを成し遂げたいと思ってもらえれば」と語り、会期末の来年1月14日までさらなる盛り上げを期した。

 
カブトムシ「はっけよい」 太良町で相撲大会 印刷
2018年 7月 30日(月曜日) 17:51

「第34回全日本カブト虫相撲大会in太良」が22日、太良町のB&G海洋センター体育館であり、子どもたちが自分の“力士”を懸命に応援した。県内外の4歳から小学生まで約220人が参加。直径20センチのクヌギ材の輪切りを土俵に見立て、中心に糖蜜を含ませたスポンジを置いて競わせる。相手が闘わずに逃げると「にらみ出し」、勝負がつかない場合、ひっくり返して早く起き上がった方を判定勝ちとするルールも。

 
佐賀県が耐震診断を義務化 避難ルート沿道の建築物 九州初、大型地震に備え 印刷
2018年 7月 05日(木曜日) 18:50

佐賀県は大規模地震の発生時に住民避難や物流確保の動脈となる「緊急輸送道路」のうち主要ルートを指定し、沿道にある耐震性の不明な建築物の耐震診断を所有者に義務付けることにした。7月にルート指定と事前説明会を行い、8月から義務付ける。国土交通省は南海トラフ地震などへの備えとして5年前に都道府県に対応を要請、大阪や愛知など15都府県が既に義務化しているが、九州では佐賀県が初めて。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 13 ページ