経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
佐賀県
吉野ヶ里歴史公園でライトアップイベント「光の響」 熱気球夜間係留、花火打ち上げも  印刷
2018年 12月 13日(木曜日) 19:11

祭祀に太陽が多く用いられた弥生時代、一年で夜が一番長く季節が春に向かう年の始まりの日を祝っていたという冬至に合わせて、環壕集落など弥生時代の遺跡や建物を光で演出する。キャンドル装飾のための設置作業を手伝うボランティアの事前申し込みも現在受け付けている。

 
「いちごさん」初出荷 佐賀県産20年ぶりの新品種 印刷
2018年 11月 21日(水曜日) 09:48

佐賀県産イチゴ20年ぶりの新品種「いちごさん」が15日、初出荷を迎えた。鮮やかな赤色や美しい形、ジューシーな甘さが特長で、味や実の色づきともに順調といい、目標とする全国トップブランドに向け、関係者の期待は高まっている。

 
高杉晋作の漢詩碑除幕 佐賀・鳥栖市に建立 印刷
2018年 11月 01日(木曜日) 10:02

明治維新150年記念事業の一環で、鳥栖市は幕末の志士高杉晋作(1839~67)が、長州とゆかりのあった対馬藩田代宿に身を隠し、前佐賀藩主鍋島直正公あてに決起を願う漢詩を送ったという史実を後世に伝えようと漢詩碑を田代新町に建立、21日に除幕式を行った。 田代八坂神社境内で行われた式には橋本康志市長や地元の代表らが出席。長崎街道まつりの参加者が見守る中、除幕された。碑文は高杉の自筆草稿「甲子残稿」を転写拡大したもの。

 
玄海原発燃料税拡大条例、佐賀県議会が可決 印刷
2018年 10月 05日(金曜日) 18:55

佐賀県議会は25日に開いた本会議で、九州電力玄海原発で貯蔵されている使用済み核燃料に課税対象を拡大する条例を可決した。課税期間は平成31年度から5年間で、総務相の同意が得られれば実施する。貯蔵期間が5年を超えた使用済み核燃料1キログラム当たり、500円を課す。県は5年間で約21億円の税収を見込む。税収は現行の項目と合わせ、5年間で計約187億円になる。避難の際に使う道路や港の整備費などに充てる。

 
リンガーハット 9億円投じ、佐賀県・吉野ケ里町に新工場新設 印刷
2018年 9月 11日(火曜日) 11:56

リンガーハットと佐賀県の吉野ヶ里町は8月28日、吉野ヶ里町役場三田川庁舎おいて、新工建設舎に関する進出協定を締結した。敷地取得に7800万円、建物に8億5000万円、合計9億2800万円を投資する予定だ。竣工は2019年4月で6月から操業する計画だ。現在、鳥栖工場において 、リンガーハットで使用する「もやし」などを製造しているが、鳥栖工場の老朽化に伴い数年前から新工場建設を検討していた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 13 ページ