経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
佐賀県
経済効果114億円、大会期間2倍で過去最高 熱気球世界選手権 印刷
2017年 3月 06日(月曜日) 10:21

佐賀熱気球世界選手権組織委員会と実行委員会は1日、昨年の熱気球世界選手権の経済効果が114億3600万円となり、過去最高だったと発表した。大会期間が例年の2倍となる10日間と長く、来場者が増えたことを要因に挙げた。

 
「大隈重信旧宅」保存修理完了、11日から常時公開  印刷
2017年 2月 10日(金曜日) 18:35

国史跡「大隈重信旧宅」(佐賀県佐賀市水ケ江)の保存修理工事が完了し、11日から一般公開される。旧宅は1830年代の建築とされる。大隈は1838年に生まれ、30歳ごろまで旧宅を利用した。1922年に死去するまでに首相を2度務め、早稲田大学を創設した。

 
佐賀の風力発電に3銀行協調融資 印刷
2017年 1月 23日(月曜日) 10:47

東京スター銀行は、佐賀、豊和両銀行とともに佐賀県唐津市内の風力発電事業に計12億円を協調融資する。九州電力に売電し、売電収入の1%を地域の農業活動の支援に充てる。環境に配慮しながら農地を有効活用し、地域活性化を後押しする。出力約2000キロワットの風力発電設備をそれぞれ1基ずつ、計2基設置する。

 
厳か火柱、幸せ願いお火たき 佐賀・鹿島の祐徳神社 印刷
2016年 12月 26日(月曜日) 21:38

佐賀県鹿島市の祐徳稲荷神社(鍋島朝倫宮司)で8日夜、300年以上続く師走の伝統行事「お火たき」が行われたと佐賀新聞が報じた。詰め掛けた参拝客は、燃え上がる炎に照らされながらこの一年のけがれを払い、新年の幸せを願った。

 
退避施設、加部島にも 玄海原発、複合災害を考慮  印刷
2016年 12月 02日(金曜日) 18:05

唐津市は24日、九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)で放射能漏れの事故が起きたときに一時的に使用する屋内退避施設を、呼子町の加部島にも整備する方針を示した。加部島は1989年に呼子大橋で本土と結ばれて陸続きだが、複合災害で橋が使えない場合に孤立する危険性を考慮した。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 > 最後 >>

1 / 8 ページ