経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
佐賀県
唐津-壱岐フェリーに新船 横揺れ防止、料金2割安に  印刷
2019年 4月 09日(火曜日) 20:16

唐津市と長崎県壱岐市を結ぶ九州郵船の新船「ダイヤモンドいき」(932トン)が1日、就航した。旧船と比べて乗り心地が向上し、片道料金も2割安くなる。唐津市東大島の唐津東港のフェリーターミナルでは同日、入港歓迎式があり、市職員らが乗船客を出迎えた。 唐津壱岐間は従来、エメラルドからつと、フェリーあずさの2隻が運航してきた。4月からあずさに代わり、ダイヤモンドいきが走る。あずさにはなかった横揺れ防止装置を搭載。船内は段差を少なくし、エレベーターも完備して幅広い人が快適に過ごせるようにした。

 
芸妓に流鏑馬 体験観光を充実 佐賀・武雄 印刷
2019年 3月 18日(月曜日) 17:41

武雄市と市観光協会は新年度から、観光客が見るだけでなく体験して武雄らしさを楽しめる「体験観光」に本格的に取り組む。新たに加えた「流鏑馬の射手」など体験メニューを充実。パンフレットやウェブサイトも新たに作ってPRする。体験メニューは今でも陶芸などがあるが、市商工課内の市地域雇用創造協議会が本年度から3年計画で内容の磨き直しを進め、新たなメニューづくりやアンケート、ウェブ広告制作に取り組んでいる。

 
御船が丘梅林「観梅まつり」佐賀県武雄市 印刷
2019年 2月 27日(水曜日) 22:01

昭和17年、日中友好の目的で作られた「如蘭塾」の敷地には梅が植えられ、梅林が作られました。毎年、開花時期の2月中旬から3月下旬には約16万5千平方メートルの広大な敷地に約3000本の梅が咲き誇り、「観梅まつり」が開かれる。また、3月3日(日)は、毎年恒例の「観梅スケッチ大会」が行われる。参加費は無料。春の訪れを告げる、「一目1万本」の梅の花を見に出かけてみませんか。

 
佐賀空港にノリの自販機、PRへ佐賀県設置 印刷
2019年 1月 31日(木曜日) 09:26

生産量、販売額ともに日本一を誇る佐賀県産ノリをPRしようと、2月上旬から佐賀空港にノリの自販機が設置されることになった。県外客や訪日客をターゲットに、ちょっとしたお土産として購入してもらい、消費拡大につなげる狙いだ。23日に佐賀県が発表した。空港ターミナルビルの1階、搭乗口へと続く階段横に自販機を設置する。ノリの表面には「海の大豆」と呼ばれているといったうんちくや、バーベキューの際に一緒にあぶって食べるとうまいといったお薦めポイントなどを加工技術で印字。

 
佐賀の商社が「おしぼりロボット」開発 中国のおしぼり製造機ヒントに  印刷
2019年 1月 09日(水曜日) 10:31

中国式水ギョーザの製造販売などを手掛ける商社「東洋プロダクト」が12月8日、おしぼり自動製造ロボット「OMOBORI」の販売を始めたと佐賀経済新聞が報じた。 「OMOBORI」を開発したのは、社長の範東洋彦さん。中国吉林省出身の父が経営する会社が「おしぼりを自動で作ってくれる機械」用のロール紙を製造していることを知ったことがきっかけ。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 14 ページ