経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
宮埼県
「太陽のタマゴ」初競り40万円 最高値を更新 印刷
2017年 4月 23日(日曜日) 17:33
本県特産・完熟マンゴーの最高級品「太陽のタマゴ」の初競りは13日、全国一斉に行われ、宮崎市中央卸売市場では1箱40万円の過去最高値が付いた。全国平均価格は1キロ9242円。出荷は8月中旬まで。
 
初ガツオ水揚げが本格化 日南市 印刷
2017年 3月 31日(金曜日) 09:46
近海カツオ一本釣りの漁獲量が日本一の宮崎県日南市では、「初ガツオ」の水揚げが本格化した。南郷漁協所属の一本釣り漁船14隻が母港とする目井津漁港では、通常、宮崎市の市場でのセリに間に合うよう深夜から未明に水揚げが行われる。水揚げされたカツオは、宮崎市や高知市にトラックで運ばれるものが多いが、東京の築地市場向けに空輸されることもあるという。
 
朱の「炎」鮮やか 青島、カエンボクの花見頃 印刷
2017年 3月 07日(火曜日) 19:48

宮崎市青島2丁目にある宮交ボタニックガーデン青島の大温室で、カエンボクの花が見頃を迎えていると宮崎日日新聞が報じた。名前の通り「火炎」に見立てられる朱色の花が高さ約10メートルで咲き誇り、訪れた人を楽しませている。

 
宮崎で今秋サーフィンの世界ジュニア選手権を開催 東京五輪の追加種目 印刷
2017年 2月 14日(火曜日) 21:31

2020年東京五輪の追加種目に決定したサーフィンの世界ジュニア選手権が、9月23日から10月1日に宮崎県日向市のお倉ケ浜海岸で開催することが決まった。国際サーフィン協会(ISA)が9日に発表した。ISAが主催する主要大会の日本開催は1990年世界選手権(千葉)以来、27年ぶりになるという。

 
シルバー世代引っ張りだこ 県内企業、人手不足が背景に 印刷
2017年 1月 23日(月曜日) 10:50

60歳以上の人に仕事の場を提供するシルバー人材センターで受注する仕事内容が、県内で多様化していると宮崎日日新聞が報じた。草刈りや剪定など庭仕事のイメージが定着しているが、2013年度に本格的に派遣事業を始めてから、結婚式場での料理の盛り付けやゴルフ場の荷物運び、飲食店での調理補助など、さまざまな仕事が舞い込み、活躍の場が広がっている。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 > 最後 >>

1 / 8 ページ