経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
東北地方
釜石・津波避難訴訟 遺族の訴えを棄却 盛岡地裁 印刷
2017年 4月 24日(月曜日) 18:39
東日本大震災の津波で、本来の避難場所ではない施設に避難して死亡したのは、釜石市が正しい避難場所の周知を怠ったため、などとして、遺族が釜石市に損害賠償を求めた裁判で、盛岡地方裁判所は21日、遺族の訴えを退ける判決を言い渡した。震災発生時、岩手県釜石市の鵜住居地区防災センターには196人が避難し、うち162人が死亡・行方不明になったと推計されている。
 
米軍三沢基地を巡るツアー始まる 印刷
2017年 4月 24日(月曜日) 18:39
米軍三沢基地をバスで巡る本年度の「フライデーツアー」(青森県三沢市主催)が21日、始まった。県内外から参加した31人が、軍事施設以外にも学校や病院、ファストフード店などがあり、「街」のような基地の内部を見学、近くて遠い米国を感じていた。ツアーは9月を除く毎月1回、金曜日に実施。米軍の協力で昨年度から1~3月もツアーが可能になり、通年開催が実現した。
 
VR映像「幕末の会津若松」 4月1日から上映開始 印刷
2017年 4月 04日(火曜日) 18:50
来年の戊辰150周年の記念事業として、会津若松市は4月1日から、同市のシンボル・鶴ケ城で、仮想現実(VR)技術を活用して制作した映像「幕末の会津若松」の上映を始める。30日に先行上映会が開かれ、参加者が幕末の鶴ケ城や城下町を体感した。映像は、鶴ケ城・鉄門内に設置された7・5メートルのスクリーンで上映される。
 
農水業の産出額目標 山形県500億円アップ 印刷
2017年 4月 04日(火曜日) 18:50

山形県は23日、2020年までの農林水産業の活性化策をまとめ、農林水産業を起点とする産出額の数値目標を従来より500億円高い年間3500億円に設定した。吉村美栄子知事が3期目の公約に掲げる農林水産業の成長戦略の一環。生産者の所得向上を図り、生産農業所得は直近で統計がある2014年の851億円の1.3倍となる年間1100億円を目指す。

 
ハタハタ漁獲量25%減 枠縮小検討も 印刷
2017年 4月 03日(月曜日) 13:35
秋田県や漁協で作る「ハタハタ資源対策協議会」が28日、秋田市内で開かれ、県内今期のハタハタ漁獲量(2016年9月~今年2月末)が833トンと、昨期に比べて約25%減ったことが報告された。県水産振興センターは、県内を含む日本海北部のハタハタの資源量について「増加傾向にはない」と分析。ハタハタ漁の長期的な持続には、漁獲枠の縮小を含めた見直しが必要だとの考えを示した。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 52 ページ