経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
愛知県
愛知・設楽町 「奥三河天狗なす」の出荷始まる 印刷
2018年 7月 20日(金曜日) 17:32

愛知県設楽町で伝統野菜に認定されている「奥三河天狗なす」の出荷が始まっている。「奥三河天狗なす」は普通のナスの約5倍の大きさがあり、まれに天狗の鼻のような形のものができることなどから名づけられた。愛知県設楽町のJA愛知東では生産者など約10人が集まり、JAの職員から栽培から出荷までの注意点などについて説明を受けていた。JA愛知東では名古屋市や浜松市などに約1万5000本の出荷を予定。

 
海軍工廠跡地に平和公園 愛知県豊川市 印刷
2018年 6月 28日(木曜日) 09:41

第2次大戦中に米軍の空爆で2500人以上の犠牲者を出した豊川海軍工廠。かつては東洋一の兵器工場ともいわれたその広大な跡地の一部に、「豊川海軍工廠平和公園」が完成した。園内には、火薬庫、信管置き場、防空壕跡などが当時と同じ位置で修復・保存されている。

 
ジブリパーク基本構想 愛知県が今年度に完成方針 印刷
2018年 6月 07日(木曜日) 11:56

愛知県は、愛・地球博記念公園(長久手市)につくる「ジブリパーク」の基本構想や基本設計を、今年度中に完成させる方針を明らかにした。関連経費として、総額3億7600万円の一般会計補正予算案を5月臨時県議会に提出する。関連経費の内訳は、施設の内容などの基本構想策定に4900万円。基本構想を踏まえて各エリアの図面を作成する基本設計や、スタジオジブリに支払うデザイン監修料に2億9100万円。

 
名古屋城全体の「保存活用計画」が完成 木造天守を復元する上で必須 印刷
2018年 5月 16日(水曜日) 10:59

名古屋城の木造天守を復元する上で必須の計画が完成した。完成したのは名古屋城全体についての「保存活用計画」。市は約2年かけて専門家から意見を聞き、従来の計画には盛り込まれていなかった「天守の木造復元」を前提とした新たな計画を策定した。国の特別史跡である名古屋城の現状変更には文化庁の許可が必須で、市は城全体の「保存活用計画」に木造復元を盛り込むことで、今後文化庁に提出する書面などとの整合性を確保し、復元工事に向けた許可を得たい考え。

 
藤井聡太六段 「瀬戸市民栄誉賞」「愛知県特別賞」を受賞 印刷
2018年 4月 18日(水曜日) 19:32

将棋の最年少棋士・藤井聡太六段(15)は30日、地元の瀬戸市から「瀬戸市民栄誉賞」、愛知県から「愛知県特別賞」を受賞。表彰式に臨んだ。瀬戸市民栄誉賞は同市初。愛知県特別賞は2007年に日本一となった中日ドラゴンズ以来、7例目。過去にはシーズン最多(当時)の210安打を記録したイチロー(44=マリナーズ)、女子フィギュアスケート・アルベールビル五輪銀メダリストの伊藤みどり(48)らが受賞している。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 12 ページ