経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
愛知県
住友商、愛知県でバイオマス発電所の運転開始 出力7.5万キロワット 印刷
2017年 10月 14日(土曜日) 20:50

住友商事は5日、子会社のサミットエナジー(東京)を通じて愛知県半田市に建設したバイオマス発電所の商業運転を始めたと発表した。総事業費は約200億円。発電容量は7万5000キロワットで、稼働中のバイオマス専焼発電所としては国内最大級となる。

 
事故等の現場へ医師が救急車で出動 年度内にも試行 救命率向上に期待 印刷
2017年 9月 20日(水曜日) 21:54
名古屋市は15日の市議会本会議で、事故や火事などで消防が現場に向かう際、同時に別の救急車で医師が出動する制度を導入する方針を明らかにした。今後、医療機関と協定を結んで医師の確保を進め、今年度中に試験的に施行し、来年度から本格実施を目指すという。
 
リカちゃん展が通算来場者数8万人突破 記念に非売品の特別ドレス人形 印刷
2017年 8月 30日(水曜日) 09:24
今月9日から名古屋で開かれている着せ替え人形のリカちゃんの展覧会で、東京など3つの会場を合わせて、通算来場者数が8万人を超え、記念のセレモニーが開かれた。8万人目に来場したのは、名古屋市名東区から来た佐飛さんの家族で、フラワーアレンジメントのドレスに身を包んだ非売品のリカちゃん人形などが記念品として贈られた。
 
ロボットがサッカーに挑む「ロボカップ2017名古屋世界大会」 印刷
2017年 8月 07日(月曜日) 11:43

人工知能(AI)を搭載したロボットがサッカーなどで性能を競う-。「ロボカップ2017名古屋世界大会」が、名古屋市港区の名古屋市国際展示場などで7月27日開幕。約40の国・地域の約400チームがロボットに組み込んだ技術を披露し、熱戦を繰り広げた。日本からも約50チームが出場。2016年にドイツで開かれた前回大会では、千葉工業大のチームが子供サイズの人型ロボットのサッカーで3位に入るなど、日本勢も健闘している。

 
災害時に活躍が期待される「ドローン飛行隊」が愛知県豊橋市で結成 印刷
2017年 7月 13日(木曜日) 19:11

災害のときに活躍が期待されるドローン飛行隊が愛知県の豊橋市に結成され、佐原光一市長らが出席し発足式が行われた。豊橋市は簡単に人が近づけない災害現場から映像を送信するなど、災害時の状況把握などにドローンを活用したいとしている。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 10 ページ