経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
新潟県
巨木の天然杉を楽しめる遊歩道がオープン 佐渡 印刷
2019年 5月 20日(月曜日) 18:32

長年の風雪で独特に変形した杉の巨木群で知られる、「大佐渡石名天然杉」の一般公開が、今シーズンも17日から始まった。天然杉は、大佐渡山脈の標高およそ900メートル、尾根付近に広がる県有林の中にある。1周およそ800メートルの遊歩道沿いには、樹齢300年ともいわれる杉の巨木が立ち並ぶ。なかでも「四天王杉」は、12.6メートルの太い幹から、さらに4本の幹が伸びている。遊歩道の一般開放は11月ごろまでの予定。

 
佐渡金銀山紹介施設完成 世界遺産登録へ弾みに 印刷
2019年 4月 19日(金曜日) 09:34

佐渡金銀山の世界遺産登録を目指している佐渡市に、観光客などに金銀山の歴史などを紹介するガイダンス施設「きらりうむ佐渡」が完成し、11日に報道関係者に公開された。「きらりうむ佐渡」は、鉄骨平屋建てで総工費は8億9千万円。佐渡金銀山を構成する、「相川金銀山」「西三川砂金山」「鶴子銀山」それぞれの歴史や特徴が4つの大型シアターで紹介される。

 
山古志で自動運転サービス実証実験 中山間地の生活支援 印刷
2019年 3月 29日(金曜日) 09:22

自動運転サービスの実証実験は中山間地域の支援を目的に国交省が全国的に行っているもの。車は地面に埋め込まれたセンサーを頼りに自動で走行する。山古志地区では高齢者の移動や子どもの見守りなどを支援する役割が期待され、6人乗りと牽引もできる4人乗りの2台を導入し「復興交流館おらたる」を拠点に「アルパカ牧場」や「小中学校」などを通る約3キロのルートが想定されている。この実証実験は今月23日まで行われる予定。

 
早春的花朵鲜艳川崎御幸公园梅花盛开,2日观梅会 印刷
2019年 3月 05日(火曜日) 18:29

日本穀物検定協会が毎年発表するコメの食味ランキングで、魚沼産コシヒカリが最高評価の特Aに復帰した。去年、魚沼産コシヒカリはランキング開始以来初めて特AからAに陥落。産地に衝撃が走る中自治体やJA、生産者などによる検討会議を重ねるなどして復帰に向けた対策を練ってきた。JA北魚沼関武雄さんは「去年から総合的な取り組みをしてきた成果がこうなったということで大変うれしく思っている。」と喜びを語った。

 
JA全農、新潟県産米の輸出再開 1月末にも 印刷
2019年 2月 08日(金曜日) 09:39

JA全農は4日、中国が輸入を停止していた新潟県産米の輸出を1月末にも再開すると発表した。上海で1トン分の県産コシヒカリを試験的に販売する。県産米の輸出は2018年11月に中国が輸入規制解除をした後、初めて。消費者の反応を見極めながら、現地での販路拡大を目指す。JA全農の子会社の全農インターナショナル(東京・千代田)が県産米の輸出・販売を手がける。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 15 ページ