経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
兵庫県
神戸の街にフルートの音色 18日から音楽祭 印刷
2017年 3月 23日(木曜日) 22:37

街中でコンサートや体験イベントなどが繰り広げられる「神戸国際フルート音楽祭」が18日、開幕する。神戸市などが主催する市民参加型イベントで、6月11日までの期間中、市内各地でフルートの音色が楽しめる。ミュンヘン、ジュネーブと並び、若手奏者の登竜門として知られる「神戸国際フルートコンクール」(5月25日~6月4日)に合わせ、初めて開催される。

 
姫路城で鷹狩り復活へ、実演も 17年度に1羽購入、市職員が技術習得 印刷
2017年 2月 28日(火曜日) 22:58

戦国大名らが好んだ鷹狩りを再現し、世界文化遺産・国宝姫路城の名物にしようと、兵庫県姫路市は2017年度、タカ1羽を購入する。池田輝政ら歴代城主もたしなんだという史実にちなみ、市立動物園の職員がタカを訓練する鷹匠の「放鷹術」を習得。来年1月には「鷹と姫路」をテーマにフォーラム開催を計画する。

 
外国人墓地、見学拡大へ整備 展望台改修、常設展など 神戸市 印刷
2017年 2月 06日(月曜日) 14:42

神戸の発展を支えた外国人らが眠る神戸市北区の市立外国人墓地について、同市は2017年度から、一般見学の受け入れ拡大に向けて関連施設の整備などに乗り出す。月1回に限定している見学会の規模拡充なども検討している。旧居留地の名残をとどめ、開港150年目を迎えた神戸港とのゆかりも深く、「ミナト神戸」が近代技術や国際的な文化を育んできた歴史を学ぶ場として生かす。

 
兵庫・明延実行委、「一円電車」運行日を倍増 今年は延べ17日 印刷
2017年 1月 16日(月曜日) 18:21

旧明延鉱山(養父市大屋町)で「一円電車」を定期運行(4~11月)している「鉱石の道」明延実行委員会(会長、小林史郎・明延区長)は、今年の定期運行日を延べ17日と決めた。平成23年から毎月1回だったが、「一円電車の復活をもっとアピールしたい」と運行日を増やすことにした。

 
灘の酒でノーベル賞祝杯 神戸酒心館「福寿」 印刷
2016年 12月 21日(水曜日) 00:23

スウェーデン・ストックホルムで開かれるノーベル賞授賞式で、晩さん会後のパーティーに、酒造会社「神戸酒心館」(神戸市東灘区)の「福寿 純米吟醸」が振る舞われると神戸新聞が報じた。2008年以来、日本人が受賞した年には注文があり、6回目。大隅良典・東京工業大栄誉教授の医学生理学賞受賞に花を添える。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 > 最後 >>

1 / 8 ページ