経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
群馬県
群馬県、「三大梅林スタンプラリー」を5月6日まで開催 印刷
2019年 4月 19日(金曜日) 09:30

群馬県は全国2位、東日本では1位の規模を誇る梅の産地。その中で、安中市の秋間梅林、高崎市の榛名梅林、箕郷梅林は「ぐんま三大梅林」と呼ばれ、3月1日~5月6日の期間、「三大梅林スタンプラリー」が実施される。三大梅林や磯部温泉旅館組合事務所、榛名神社、碓氷峠鉄道文化村など計10カ所のラリーポイントの中から、二つ以上のスタンプ(うち1カ所は梅林)を集め応募すると、磯部温泉旅館宿泊券(1万5千円相当、2本)や榛名湖温泉ゆうすげペア宿泊券(2本)などが当たる。

 
群馬県内の高速道路が定額で乗り放題に!期間限定「ググっとぐんまフリーパス」発売 印刷
2019年 3月 27日(水曜日) 09:20

NEXCO東日本関東支社は、4月1日~9月30日のうち連続する最大2日間、群馬県内の高速道路が定額で乗り放題となるETC車限定のドラ割「ググっとぐんまフリーパス」の申込受付を開始した。「ググっとぐんまフリーパス」は、群馬県内の観光と高速道路利用の促進を目的とし、NEXCO東日本関東支社が群馬県産業経済部観光局観光物産課及びググっとぐんま観光宣伝推進協議会と連携し、平成31年4~6月に開催される群馬プレディスティネーションキャンペーン(プレDC)に合わせて販売。

 
香港が青果検査を緩和 群馬県産全品目 実質的に輸出可能に 印刷
2019年 3月 01日(金曜日) 18:19

香港政府が群馬県産食品の輸入の条件としている放射性物質の検査の内容が変更され、青果物の輸出をしやすくなったことが8日、分かった。当初は検査にかかる時間と費用がネックとなり輸出が困難だったが、県は「実質的に青果物の全品目が輸出可能になる」とみている。香港は日本にとって農林水産物の最大の輸出先で、県内の農家や事業者にとって追い風となりそうだ。

 
暑さに強い蚕の新品種 群馬県が開発 夏場も収量と質 維持へ 印刷
2019年 2月 08日(金曜日) 09:36

近年の夏の猛暑による蚕の成育不良に対応するため、群馬県蚕糸技術センター(前橋市)は16日、暑さに強い新たな蚕品種を育成したと発表した。猛暑でも通常の品種に比べて高品質を維持し、1割以上多い繭の収量を見込める。昨夏の記録的猛暑で、本年度の県内の繭生産量は前年度比1割減の41.07トンに落ち込むなど、高温による障害が顕著に表れており、経営安定のため農家などから対策を求める声が上がっていた。

 
八木節や絶メシ 東京ドームでPR 20日まで「ふるさと祭り」 印刷
2019年 1月 17日(木曜日) 09:33
全国各地の祭りやグルメを集めた「ふるさと祭り東京」が11日、東京ドームで始まった。群馬県から桐生八木節まつりが初参加してステージで八木節を披露。高崎市と高崎観光協会は「開運たかさき食堂」と題したブースで地元の味をPRしている。20日まで。桐生八木節連絡協議会の選抜チームと桐生八木節キャンペーンスタッフの約30人が、青森ねぶたの巨大な山車が飾られたメインステージでおはやしと踊りを実演。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 16 ページ