経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
三重県
三重県内宿泊者1000万人突破 28年、過去最多 サミット効果 印刷
2017年 3月 21日(火曜日) 22:19

三重の平成28年の延べ宿泊者数(日本人と外国人の合計)が約1003万人となり、初めて1千万人を突破し過去最多となったことが分かった。観光庁の宿泊統計調査(速報値)で、県は、昨年5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)のインパクトなどを要因にあげ、鈴木英敬知事は「うれしい。サミット開催で各マスコミが情報発信をしたほか、地元も受け入れ態勢を整えた。今後も増えるよう支援していきたい」と話している。

 
伊勢神宮で「祈年祭」 五大祭の一つ、一年の五穀豊穣祈る 印刷
2017年 2月 26日(日曜日) 00:06

伊勢神宮の外宮と内宮で2月17日、五穀豊穣を祈る「祈年祭」が行われたと伊勢志摩経済新聞が報じた。別名「としごいのまつり」、同祭は、10月の神嘗祭、6月・12月の月次祭の3つの祭典「三節祭」にこの2月の祈年祭と「勤労感謝の日」に当たる11月の新嘗祭を加え「五大祭」という。農作物が豊作になるように、人々が飢えることなく平和で過ごせるようにと祈る。

 
「白い赤福餅」 伊勢で開催する第27回全国菓子大博覧会で限定販売  印刷
2017年 2月 06日(月曜日) 09:23

創業310年になる赤福(伊勢市宇治中之切町)が1月11日、「第27回全国菓子大博覧会・三重(通称「お伊勢さん菓子博2017」)」内に出店する「おかげ茶屋」で白い赤福餅を販売すると発表した。4月21日~5月14日に開催される同菓子博。通常の赤福餅は白い餅を小豆を煮て作ったこしあんで包み、五十鈴川の川の流れを表現した模様をつけた物だが、白い赤福餅は、こしあんに白小豆を使う。

 
三重銀と第三銀、経営統合へ交渉 印刷
2017年 1月 13日(金曜日) 17:10

三重銀行(三重県四日市市)と第三銀行(同県松阪市)が経営統合に向けて交渉していることが分かった。人口減少や貸出金利の低下などで収益環境が悪化する中、統合により規模を拡大し顧客基盤を強化する狙いとみられる。関係者によると、持ち株会社を設立して両行がぶらさがるホールディングス制や合併など統合形態や、統合時期を検討している。

 
「お伊勢さんマラソン」 野口みずきさんハイタッチで参加者と触れ合う 印刷
2016年 12月 20日(火曜日) 10:45

「野口みずき杯 中日三重 お伊勢さんマラソン」が3日・4日、三重県営サンアリーナ(伊勢市朝熊町)周辺で開催されたと伊勢志摩経済新聞が報じた。伊勢市出身の野口みずきさんは生まれ故郷で2日間、参加者たちと触れ合った。厚生小学校(同一志町)、厚生中学校(同一之木)、宇治山田商業高等学校(黒瀬町)を卒業した野口さんは、2002年名古屋国際女子マラソンで初優勝すると、2003年の大阪国際女子マラソンで優勝、2004年のアテネ五輪で金メダル獲得。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 > 最後 >>

1 / 8 ページ