経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
三重県
「三重銀行」+「第三銀行」=「三十三」 経営統合後の持ち株会社の名称が決まる 印刷
2017年 9月 24日(日曜日) 16:17
三重県四日市市に本店がある三重銀行と松阪市に本店がある第三銀行は、2018年4月に経営統合して設立する持ち株会社の名称を「三十三フィナンシャルグループ」にすると発表しました。「三十三」には三重銀行と第三銀行のそれぞれの強みをプラス(+)するという思いを込めているという。
 
クジラ仕留める演技披露 鳥出神社の鯨船行事 遺産登録後初の祭典 印刷
2017年 8月 30日(水曜日) 09:24

昨年12月にユネスコ無形文化遺産に登録された「山・鉾・屋台行事」の一つ「鳥出神社の鯨船行事」(四日市市)が14日、同市の富田地区で始まり、華やかに装飾された船形山車の町練りが唄や太鼓に合わせ、にぎやかに行われた。全国的に珍しい陸上の模擬捕鯨行事で、最も古来の様式を保持。地区の4つの組の山車(鯨船)が、模型のクジラを追いかけ、反撃を受けながら追い詰めて仕留めるという演技を繰り返し行う。遺産登録後初の祭典となる。

 
三重県内最大級の農産物直売所「朝津味」1周年 感謝祭イベント続々 印刷
2017年 8月 07日(月曜日) 11:45

津市高野尾町にある県内最大級の農産物直売所「朝津味」が開業1周年を迎えた。豊富な品ぞろえやイベント展開が奏功し、1年間で当初目標の倍近い約70万人が来場したという。8月上旬までは1周年を祝う催しを計画、さらなる集客増を図る考えだ。農産物を提供している約520人の農家の販売額は約1億4千万円に達しているという。

最終更新 2017年 8月 07日(月曜日) 11:45
 
NINJAがCOOL! アジア太平洋50人来日 三重の観光資源を評価  印刷
2017年 7月 13日(木曜日) 19:14
研修会名は「デスティネーション・アカデミーwithトリップアドバイザー(アジア太平洋地域)2017」。初回(2014年)はシンガポール、2回目(16年)はカンボジアで開かれ、3回目の今回は、日本文化における忍者と海女の観光資源が評価され、三重県での開催が決定。鳥羽を拠点に5~7日の日程で、18の国・地域から観光事業の関係者が県内を視察している。
 
甘い香り漂う中 梅干し用に人気の南高梅が収穫最盛期 三重・熊野市 印刷
2017年 6月 21日(水曜日) 17:32
三重県熊野市では梅の収穫が最盛期を迎えていると東海テレビが報じた。熊野市の小船梅林では梅干用として人気がある南高梅・約700本が栽培されていて、今月始めから収穫作業が始まりまった。農家の人たちは甘い香りが漂う中、たわわにみのった実を丁寧にもぎ取っていた。作業は今月末まで行われ、梅干用として市内の加工場に約5トンが出荷されるという。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 10 ページ