経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
高知県
100歳以上7万人超え、49年連続増 トップは高知県 印刷
2019年 9月 24日(火曜日) 09:45

厚生労働省は13日、全国で100歳以上の高齢者が7万1238人に上ると発表した。2018年から1453人増え、49年連続で過去最高を更新。初めて7万人を突破した。19年度中に100歳になる人も3万7005人と過去最多だった。医療技術の進歩などが背景にあるが、高齢者の増加は社会保障の給付と負担の見直しを政府に強く迫る。都道府県別に見ると、人口10万人当たりの100歳以上の人数は高知県が101.42人で最多。12年以来、7年ぶりのトップだったが、若年層の人口減が影響している可能性があるという。

 
モネが夢見た青いスイレン 高知県北川村 印刷
2019年 8月 07日(水曜日) 09:59

印象派の画家クロード・モネの描いた風景を再現した高知県北川村の「『モネの庭』マルモッタン」で、青いスイレンが見頃を迎えた。モネが生前、自ら咲かそうと試みたものの、フランスの気候と合わず実現しなかった花だ。8月が最盛期で、10月末ごろまで見られるという。モネはスイレンをモチーフにした作品を多く残しており、この世界観を表現した園内の池には赤、白、黄、ピンクなどさまざまな色のスイレンが植えられている。

 
高知県の海水浴場の水質 最高ランク「AA」7カ所 印刷
2019年 7月 12日(金曜日) 16:49

海水浴シーズンを前に高知県は27日、県内8カ所の海水浴場の水質検査結果を発表した。昨年は「A=良好」だった興津小室の浜(高岡郡四万十町)が最高ランクの「AA=特に良好」にアップした。県と高知市が5月に各海水浴場で採水し、海水の汚れや透明度など5項目を検査。種崎(高知市)が「B=可」で、それ以外は全て「AA」だった。

 
津波で流された石巻の漁船、8年ぶりに発見 高知の沖合 印刷
2019年 6月 23日(日曜日) 15:19
2011年3月の東日本大震災の津波で、宮城県石巻市から流され、行方が分からなくなっていた漁船が、約900キロ離れた高知県の沖合で約8年ぶりに見つかった。高知海上保安部によると、高知県須崎市の横浪半島から約2.3キロの沖合で5月27日午後、巡回中の県警警備艇が転覆した状態で漂流している漁船(全長約6.5メートル)を見つけた。船に付いていたエンジンは残っておらず、船体には貝などが付着していた。
 
ラッキョウの収穫最盛期 高知・黒潮町 印刷
2019年 5月 31日(金曜日) 09:25

高知県内一のラッキョウの産地、黒潮町でラッキョウの収穫が最盛期を迎えている。黒潮町の大方地域は入野の浜の近くに広がる水はけの良い砂地を活かし、ラッキョウの栽培が盛ん。生産量は県内の7割近くを占め、およそ60軒の農家が収穫したラッキョウはJAを通じて出荷している。ゴールデンウィークを過ぎ各農家とも収穫の最盛期を迎えている。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 16 ページ