経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
高知県
平成の海援隊結成 「志国高知 幕末維新博」の一環 印刷
2018年 4月 05日(木曜日) 10:05

高知県は、民間企業や団体と連携して新しい地域活性化に取り組む「平成の海援隊」を結成した。明治維新150年を記念し県が進める「志国高知 幕末維新博」の一環。メンバーは、ヴィンテージ古着の復刻をテーマとする「ウエアハウス」と、ヴィンテージショップのカリスマ店長として知られる藤原裕氏、セレクトショップを展開する「Atmos」、人気タレントのユージさんら。

 
高知県が携帯に津波速報 18年度整備へ 継続配信で避難促す 印刷
2018年 2月 20日(火曜日) 16:06
高知県は南海トラフ地震で発生する津波からの早期避難を促すため、津波情報を携帯電話にメールで随時、配信するシステムを2018年度に整備する方針を決めた。14日の県南海トラフ地震対策本部会議で報告した。17年度の県民世論調査では、津波からの早期避難意識率は71・7%で、16年度から2・0ポイント減少。3割弱の人が、きっかけがないと避難行動を起こさないという結果が出た。
 
高知県、月島機械と契約 バイオガス発電で20年 印刷
2018年 1月 26日(金曜日) 09:35

高知県は16日、下水処理場の高須浄化センター(高知市)で下水汚泥を減量化する際に発生するバイオガスを使った発電事業で、月島機械と契約を結んだと発表した。下水汚泥を利用したバイオマス発電は同県では初めてで、地球温暖化の防止などに役立てる。県は月島機械にセンター用地の一部を貸し出し、同社は自社投資で発電施設を建設する。

 
紀貫之から吉田類まで 高知県立文学館で「酒と文学展」 印刷
2017年 12月 28日(木曜日) 16:29

高知の文化とは切っても切り離せない、お酒。紀貫之から、酒場詩人・吉田類さん=吾川郡仁淀川町出身=まで、本県ゆかりの作家と酒の長く深いつながりを約200点の資料から紹介する「酒と文学展」が、高知市丸ノ内1丁目の県立文学館で開かれている。来年1月14日まで。

 
JICAの研修員が高知の防災を視察 印刷
2017年 12月 07日(木曜日) 22:57
JICAの研修員が高知県内で防災について学び、高知市で防波堤など津波対策の設備を視察したとテレビ高知が報じた。この研修は、日本の防災を学んでもらおうとJICAと高知大学が行っていて、パプアニューギニアやバヌアツなど7カ国から8人が参加している。研修は今月7日から行われていて、一行はすでに過去の地震で被害を受けた兵庫県と宮城県を訪れている。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 11 ページ