経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
福島県
中国、台湾から2000人泊決定 福島県が発表 印刷
2018年 10月 12日(金曜日) 09:31

福島県は4日、外国人観光客の誘致策の結果、11月~来年3月に中国、台湾から2千人泊の大規模な観光誘客が決まったと発表した。県によると、台北市の旅行会社が企画した11月~来年2月の旅行商品として、新潟空港と成田空港へのツアー客千人泊と、都内の旅行会社による来年1~3月のスキー旅行のツアー客千人泊の計2千人泊の県内誘致に合意した。このほか、来年1~3月にオーストラリアから県内スキー場への旅行者が2400人泊あり、冬期間のスキー需要を生かした観光誘客が好調という。

 
東電、都内で福島県産品の販売会 風評払拭支援アピール 印刷
2018年 9月 20日(木曜日) 11:01

東京電力ホールディングスは14日、都内のJR品川駅構内で福島県産品の販売会を開いた。東電が大規模なターミナル駅で同県産品の販売イベントを主催するのは初めて。2011年3月の原発事故後の風評被害が残るなか、東電は原発の敷地内にためた処理水について海洋放出も含む処分の判断を迫られており、イベントを通じて県産品の信頼回復を支援する姿をアピールした。

 
県内の観光客、震災前年の95%まで回復 印刷
2018年 8月 28日(火曜日) 09:47

2017年の県内の観光客数は5449万人で、前年より173万人(3.3%)増え、震災前年(2010年)の95.3%まで回復した。県が21日発表した。7圏域別にみると、県北、会津、県中の3圏域は震災前年を上回っているが、相双、いわき、南会津、県南の4圏域は下回っている。特に相双は48%減と半減している。観光の種類別でみると、「温泉・健康」の回復が遅れており、震災前年比34%減。一方で、道の駅が人気を集める傾向にあり、道の駅を含む「その他」が震災前年比で84%増と伸びているのが目立つ。

 
聖火リレー、福島県からスタート 被災地から復興五輪へ 印刷
2018年 8月 05日(日曜日) 00:18
2020年東京五輪の聖火リレーが、福島県からスタートすることが12日、決まった。東日本大震災からの復興五輪を印象づけることが決め手となった。同年3月26日から開会式のある7月24日まで、移動日を含めて121日間のリレーになる。沖縄への移動などはフェリーを使う。この日午前、大会組織委員会の森喜朗会長や東京都の小池百合子知事らが出席した調整会議で承認された。
 
「大学発ベンチャー」仕組み構築 福島県、事業化支援へモデル 印刷
2018年 7月 12日(木曜日) 21:48

県は本年度、県内の大学を対象に、ベンチャー設立につながる可能性のある研究成果を発掘、事業化までを一貫して支援する取り組みに着手する。3年をかけて5件程度の成功モデルをつくり、県内で「大学発ベンチャー」が持続的に生み出される仕組みの構築につなげる。 県内の研究機関などでつくる「アカデミア・コンソーシアムふくしま」やコンサルファームの専門家が今夏ごろから県内大学の研究室を訪問し、保有特許などの研究成果を調査。

最終更新 2018年 7月 15日(日曜日) 21:49
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 13 ページ