経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
福島県
福島県と三重県『空飛ぶ車』事業者支援 ロボ試験場で飛行試験 印刷
2019年 8月 14日(水曜日) 17:48

県と三重県は2日、人を乗せて空を移動する「空飛ぶ車」の実用化への動きを加速させるため、協力協定を結んだ。協定は「空飛ぶ車」の完成に挑む事業者に対し、両県が連携して開発から活用まで支援することが柱。新たな移動手段の実現を通じて「空の移動革命」につなげる。政府が主導する「空飛ぶ車」の官民協議会は工程表で、2023年に人やモノを乗せた空の移動の実用化を目標に掲げている。県が整備を進めているロボット実証拠点「福島ロボットテストフィールド」が活用される見通し。

 
東電、福島第二廃炉を月内にも正式決定 福島県に伝達へ 印刷
2019年 7月 22日(月曜日) 18:39
石井国土交通大臣在9日的内阁会议后的记者招待会上,发表了作为对由于6月的山形县海上作为震源的地震需求下降了的山形,新泻两县的旅游支援策略,补助访问现场的旅行费的一部分。通过旅行社申请的话,国家会支援每人3000日元。如果购买山形县或者新泻县住宿一晚以上的旅行商品,可以以优惠3000日元的价格购买。
最終更新 2019年 7月 22日(月曜日) 18:39
 
福島県のイノシシ捕獲3万頭超 震災前の10倍に 印刷
2019年 6月 06日(木曜日) 19:19

福島県で2018年度に捕獲されたイノシシが3万頭を超え、東日本大震災前の約10倍に達する見通しとなった。イノシシは農業被害や交通事故を引き起こす上、東京電力福島第1原発事故で避難した住民の帰還の妨げにもなっていることから、県は今後も「最大限の捕獲」を続ける方針。震災前は3000頭台だったが、13年度に1万頭、16年度に2万頭を超え、18年度は初めて3万頭以上になるとみられる。正確な頭数は夏ごろまとまる。

最終更新 2019年 6月 06日(木曜日) 19:19
 
福島第1原発事故 福島県内の森林の放射線量75%減 印刷
2019年 5月 19日(日曜日) 17:29
福島県内の森林の空間放射線量は、東京電力福島第1原発事故後の2011年8月から今年3月までに約75%低減したことが、県が毎年実施する環境モニタリングで分かった。県は「間伐など森林を整備することが空間線量の低下につながる」と説明する。18年度のモニタリングは県内の森林1300カ所で実施した。うち初回の11年度から継続調査する362カ所で測定した空間放射線量の平均値は毎時0.23マイクロシーベルト。初回の0.91マイクロシーベルトから約75%低下した。
 
被災地で落胆の声相次ぐ WTO逆転敗訴 印刷
2019年 4月 17日(水曜日) 09:51

東京電力福島第1原発事故後、韓国が実施している福島など8県産水産物の輸入禁止措置をめぐり、世界貿易機関(WTO)の最終審で日本が逆転敗訴したことを受け、被災地からは、「非常に残念だ」「がっかりしている」などと落胆の声が相次いだ。福島県は、風評被害払拭に向け、地元の食べ物の魅力をハングルで紹介したリーフレットを韓国にある日本大使館や県人会に配布するなど情報発信に取り組んできた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 16 ページ