経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
富山県
利賀でそば祭り開幕 山里の冬 活気呼ぶ 印刷
2019年 2月 12日(火曜日) 19:13

南砺市利賀地域の食や伝統芸能など多彩な魅力をアピールする南砺利賀そば祭りが8日、同市の利賀国際キャンプ場で始まった。特産そばの味わいともてなしの風情を満喫する大勢の来場者でにぎわい、冬の山里に活気をもたらした。10日まで。例年より少ない1メートル弱の積雪の中、神社や大黒様をかたどった大小20基の雪像が並んだ。手打ちそばやイワナの塩焼き、唐揚げ、五平餅など地元名物をふんだんに用意し、販売した。

 
高岡なべ祭り始まる 熱々料理に行列 印刷
2019年 1月 18日(金曜日) 14:10

冬の恒例行事「第33回日本海高岡なべ祭り」が12日、高岡市中心部で始まった。魚介類がたっぷり入った「海鮮シチュー鍋」や「高岡すり身ごっつお鍋」などが湯気を立てて提供され、来場者は熱々の鍋料理を頬張って体を温めていた。13日まで。県内外の自治体や飲食店など23団体が約20種類の鍋やご当地グルメを用意。ウイング・ウイング高岡前の広場やクルン高岡2階デッキ、御旅屋メルヘン広場などに設けられたブースには、お目当ての鍋を求める来場者の列ができた。

 
チューリップ球根、富山から初の空輸 県、貨物利用増を期待 印刷
2018年 12月 25日(火曜日) 19:19

富山県の名産であるチューリップの球根が29日、富山空港発の中華航空機で台湾へ輸出された。富山空港からのチューリップ球根の空輸は初めて。富山県は現在、週4往復運航されている富山―台北便の便数維持に力をいれており、同路線を使った貨物の輸出入の活発化に期待をかける。

 
今年度漁獲量、過去10年平均より6割増 春夏の北上多く、富山湾の水温も適温  印刷
2018年 12月 03日(月曜日) 18:57

県水産研究所は、7キロ以上のブリの今年度の漁獲量が過去10年の平均より6割多い205トンと予測した。春夏にかけて日本海を北上したブリが例年に比べて非常に多く、富山湾に向けてたくさんの南下が予想されることに加え、同湾周辺海域の水温が豊漁に適している状態という。200トン超になれば、6年ぶりになる。

 
富山県に国の交付金 「くすりのシリコンバレー」計画 印刷
2018年 11月 08日(木曜日) 10:32

専門人材の育成や地域産業振興への優れた取り組みを支援する国の新たな交付金の配布先に、富山県の「くすりのシリコンバレーTOYAMA」創造計画が選ばれた。産学官で医薬品産業の振興に取り組む県にとって大きな弾み。研究開発や人材育成を進め、2027年度に県内医薬品生産額の1兆円達成を目指す。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 14 ページ