経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
富山県
宇奈月の情報発信を 交流拠点うなジオ オープン 印刷
2017年 5月 03日(水曜日) 00:00
宇奈月温泉や黒部峡谷など、黒部の自然や観光資源について情報発信しようと、黒部市宇奈月町に新たな交流施設がオープンしたとチューリップテレビが報じた。「わくわく広場・うなジオ」は、立山黒部ジオパークや宇奈月温泉に関する情報発信の場をつくろうと、宇奈月町の旅行や宿泊などの団体でつくる「宇奈月ジオツーリズムコンソーシアム」が温泉宿の跡地を利用して整備した。28日はオープニングセレモニーが行われ、施設の内部が地元住民などに披露された。
 
ホタルイカ10年に一度の大漁 滑川沖で44.4トン 印刷
2017年 4月 07日(金曜日) 18:11

富山湾の春の風物詩、ホタルイカ漁が本格化し、滑川沖では30日、今シーズン最多の計44.4トンを水揚げした。定置網内のホタルイカを一度で積みきれず、再び沖に戻って水揚げする「二度起こし」が行われるほどの大漁で、浜は活気づいた。滑川市商工水産課によると、この日は10年に一度あるかないかの大漁。漁は3月下旬から上向きだったという。

 
富山のブリ支出45年連続1位 16年家計調査 印刷
2017年 3月 16日(木曜日) 01:19
総務省による2016年の家計調査で、富山市の1世帯当たりのブリへの支出額が、45年連続で全国1位となった。昆布や刺し身の盛り合わせも1位で、改めて富山市民の“魚好き”が示された。同市分の調査結果は9日、県が発表した。富山市のブリへの支出は年9358円。昆布は1984円となり、データがある1960年以降、2013年を除いて全てトップ。
 
砺波市 花まつりで春らんまん 印刷
2017年 2月 23日(木曜日) 20:32

17日、春一番が吹いた県内だが砺波市では、17日から花まつりが始まり、会場は、すでに春爛漫となっていまる。砺波市の県花総合センターでは、チューリップやケイオウザクラなど温室で咲かせた20種類2500鉢の花々が会場を華やかに彩っている。

 
日立国際電気の製造装置を選出 富山県ものづくり大賞 印刷
2017年 1月 31日(火曜日) 00:08

富山県は第5回ものづくり大賞を発表した。大賞に半導体装置製造の日立国際電気富山事業所(富山市)の微細回路の製造装置「ナノ技術対応最先端サーマルプロセス装置の開発」を選んだ。ナノ(10億分の1)メートルレベルの回路に対応し、半導体の処理速度を速くするなど高性能化が可能になる。石井隆一知事は「世界レベルの優れた技術開発」と評価した。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 > 最後 >>

1 / 8 ページ