経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
九州地方
鹿児島県、農林水産物輸出額が200億円突破 印刷
2018年 8月 01日(水曜日) 18:39

鹿児島県は27日、2017年度の県産農林水産物の輸出額が16年度比29.6%増の200億7900万円となり、過去最高になったと発表した。「牛肉」が48.8%増と大幅に伸びたほか、「養殖ブリ」、「丸太」なども拡大した。同輸出額は15年度に初めて100億円の大台を突破、わずか2年で200億円超と急拡大を続けている。畜産物が101億3400万円(44.3%増)と全体の半分を占めた。大半が牛肉で、輸出再開となった台湾向けが大幅増となり、米国向けも拡大した。

 
霧島酒造の新工場が完成 生産能力が25%アップ  印刷
2018年 7月 31日(火曜日) 19:10

5つ目の工場が完成し、増産体制が整った。焼酎売上高ランキング、5年連続日本一の霧島酒造の新工場が完成し、26日現地で竣工式が行われた。完成した工場は、敷地面積、約3万2000平方メートル、焼酎の製造ラインを備えた鉄骨5階建ての建物や焼酎かすをリサイクルする施設、それに貯蔵タンクなどが設置されている。総工費は152億円で、1日あたり85トンのサツマイモを使って、約81キロリットル、一升瓶にして4.5万本の焼酎を生産することができる。

 
IoTスクエア、大分県姫島車えび養殖IoTプロジェクトを開始 印刷
2018年 7月 31日(火曜日) 19:10

株式会社 IoT スクエアは、姫島車えび養殖株式会社と共同で、車えび養殖において IoT 技術を活用した環境データの収集・分析により生産性向上を目指すプロジェクトを、大分県および姫島村のご支援のもと開始いたした。なお、本プロジェクトの開始について、平成 30 年 25日に、大分県庁において安東副知事に対して報告会を実施した。

 
有明海再生の取り組み ナルトビエイの生態調査 印刷
2018年 7月 31日(火曜日) 19:08

有明海沿岸の4つの県と国が協同で二枚貝を食い荒らすエイの生態調査をした。有明海で19日から始まったのはアサリなどの二枚貝を食い荒らすナルトビエイの生態調査で国や熊本県をはじめ福岡、佐賀、長崎が協力して進める有明海の漁場を再生する取り組みの一環。

二枚貝の養殖が盛んな有明海では2000年頃からナルトビエイによる食害が深刻な問題となり2016年度にはおよそ600トンの貝が被害にあっているとみられている。

 
国境越え海洋ごみ対策を 長崎県離島4市町と韓国 高校生が意見交換 印刷
2018年 7月 30日(月曜日) 17:52

長崎県の離島や韓国の高校生らが海洋ごみ問題について意見を交わす「海ごみ交流事業」が14、15両日、五島市内であった。「海ごみ問題について会員制交流サイト(SNS)で情報発信する」「教育を徹底する」など、個人や高校で今後取り組む方針をまとめた宣言文を採択した。日韓共通の問題である漂着ごみや環境汚染についての認識を深め、解決策を話し合おうと県が開催。五島、壱岐、対馬、新上五島4市町の高校生約70人と釜山市の生徒約20人など、計約100人が参加した。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 81 ページ