経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
九州地方
鹿児島の離島に電気自動車40台 活用法を島民発信 印刷
2017年 4月 23日(日曜日) 17:33
鹿児島県薩摩川内市の離島・甑島で、市と日産自動車、住友商事が協力し電気自動車(EV)40台を導入する事業が始まった。温室効果ガスの削減につながるようなEVの有効な活用方法を島民が発信し、再生可能エネルギーの普及拡大も狙う。日産のEV商用バン「e-NV200」を導入し、観光業者などに3年間無償で貸し出す。
 
「太陽のタマゴ」初競り40万円 最高値を更新 印刷
2017年 4月 23日(日曜日) 17:33
本県特産・完熟マンゴーの最高級品「太陽のタマゴ」の初競りは13日、全国一斉に行われ、宮崎市中央卸売市場では1箱40万円の過去最高値が付いた。全国平均価格は1キロ9242円。出荷は8月中旬まで。
 
別府でフロマラソン 別府市 印刷
2017年 4月 20日(木曜日) 17:05
源泉数と湧出量日本一を誇る温泉都市、大分県別府市でフロマラソンが3日間の日程で開催された。宿泊施設の風呂や地域住民が管理する共同湯など市内75の入浴施設をめぐる温泉スタンプラリーで、期間中に42カ所入浴すると完走。初日の3月31日朝は、風呂おけを持った参加者たちがJR別府駅前から一斉に湯の街に繰り出した。
 
阿蘇観光、客足鈍く 「被災イメージ払拭を」 交通事情が影響・熊本地震1年 印刷
2017年 4月 20日(木曜日) 17:03
熊本地震から1年となり、県内の多くの観光地は客足が戻りつつある。しかし阿蘇市は、県内最大の観光名所の一つ阿蘇山を抱えながら回復が遅れている。交通事情の影響だが、関係者は「被災イメージが払拭し切れず、訪問先の選択肢から外れてしまっている。阿蘇市観光課によると、市内の宿泊者数は15年は約78万人だったが、16年は約51万人と大幅減の見込み。うち復興工事関係者が約20万人を占める。
最終更新 2017年 4月 20日(木曜日) 17:03
 
シャクナゲ咲き誇る 大村・裏見の滝自然花苑 印刷
2017年 4月 20日(木曜日) 17:03
長崎県大村市立福寺町の裏見の滝自然花苑で、赤、白、ピンクなど色鮮やかな約6千本のシャクナゲが見ごろを迎えている。地元住民でつくる管理委員会が日本、英国、米国など原産の約40品種を植えており、5月上旬にかけて順次見ごろを迎える。落差30メートルの滝につながる遊歩道沿いには、シャクナゲや満開のサクラが咲き誇り、訪れた人たちの目を楽しませている。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 54 ページ