経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
九州地方
肝付町で高齢者IoT見守り実験 フジクラなど4社 印刷
2018年 4月 06日(金曜日) 19:16

フジクラ、NTTドコモと共同で39Meister事業を運営するハタプロの39Meisterチーム、キャラバン、LiveRidgeは、位置情報を取得する専用IoTシューズと、その位置検知を行う見守りシステムを開発した。鹿児島県肝付町の協力の下、実際の利用シーンを想定した捜索実証実験を3月10日に実施し、その有用性を確認した。

 
青岛杂货庙会 10月为止一个月举办一次 印刷
2018年 4月 06日(金曜日) 19:15

宫交植物园青岛每月第4个周日举行,这是宫崎经济新闻报道的。县内的生产者和消费者直接连接为目的,2013年开始举行此活动。会场上有杂货、有机栽培蔬菜等县内的各地的约30个店铺参加。10月末为止,出店者更换,每月1次举办。

 
日田彦山線「鉄道復旧大前提」、福岡・大分県に協議要請 JR九州社長 印刷
2018年 4月 06日(金曜日) 19:14

JR九州の青柳俊彦社長は28日の定例記者会見で、昨年7月の九州北部豪雨で一部区間が不通となっている日田彦山線について、「鉄道での復旧を大前提とする」との考えを示した。2月中旬に沿線の福岡、大分の両県知事に伝え、協議開始を求めたことも明らかにした。焦点となっている復旧に関する費用の負担割合については、同社や両県が今後、調整する。

 

 
くまモン販売1408億円 17年、過去最高 印刷
2018年 4月 05日(木曜日) 18:19

熊本県は20日、県のPRキャラクター「くまモン」を利用した商品の2017年の年間売上高が、好調な海外販売などを背景に少なくとも1408億7000万円に上り過去最高だったと発表した。16年は1280億2000万円。調査開始後の7年間の累計売上高は、5000億円を超えた。全体の主な内訳はくまモンのパッケージを使った県産トマトやイチゴなどの食品が約1195億円、ぬいぐるみなどのグッズは約214億円。

 
海に浮かべた風車で発電、環境相は前向き 長崎・五島 印刷
2018年 4月 05日(木曜日) 18:18

長崎県五島市の沖合で海に浮かべた風車で発電する「浮体式洋上風力発電」計画の環境影響評価手続きで、中川雅治環境相は29日、「望ましい」などとする意見書を、世耕弘成経済産業相に出した。計画は、長崎県五島市沖に浮体式9基(出力計約2万2千キロワット)を戸田建設が設置、2021年の稼働を目指す。浮体式は、着床式と呼ばれる海底に固定するタイプより深い沖合でも使え、地震などにも強いとされる。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 75 ページ