経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
九州地方
中国イメージの着物完成 東京五輪に向けプロジェクト 印刷
2018年 12月 13日(木曜日) 19:11

2020年の東京五輪に向けて世界206カ国・地域それぞれをイメージした着物を制作する「キモノプロジェクト」の一環で、県内企業がスポンサーを務めた中国の着物が完成し、29日に県庁で中村法道知事にお披露目した。黒を基調に万里の長城、パンダ、竜などを配した色鮮やかなデザインが目を引く。

 
吉野ヶ里歴史公園でライトアップイベント「光の響」 熱気球夜間係留、花火打ち上げも  印刷
2018年 12月 13日(木曜日) 19:11

祭祀に太陽が多く用いられた弥生時代、一年で夜が一番長く季節が春に向かう年の始まりの日を祝っていたという冬至に合わせて、環壕集落など弥生時代の遺跡や建物を光で演出する。キャンドル装飾のための設置作業を手伝うボランティアの事前申し込みも現在受け付けている。

 
豊前海一粒かき、水揚げ始まる 豊前市 印刷
2018年 12月 13日(木曜日) 19:11

豊前市で「豊前海一粒かき」の水揚げが始まった。付着したフジツボなどの貝を取り除いたり、紫外線殺菌をしたりした上で、7日から販売する。宇島漁港そばで直売する「海幸丸うめざわ水産」(楳沢健代表)では、5基のイカダで昨年よりも1万5千個多い約5万7千個の種カキを養殖。

 
鹿児島県のインバウンド消費額が過去最大 香港・台湾の航空便増便が影響 印刷
2018年 11月 22日(木曜日) 18:58

鹿児島県は9日、2017年の「鹿児島県の観光の動向~鹿児島県観光統計~」を発表した。それによると、インバウンドの延べ宿泊者数は前年比54.7%増の74万4,180人で、観光消費額は49.6%増の403億3,800万円と大幅に伸長した。鹿児島県全体の延べ宿泊者数は10.9%増の798万6,670人で、延べ日帰り客数は5.1%増の1,378万2,000人。

 
神楽次代へ動画で継ぐ 宮崎県が配信 アクセス数、3年で10倍 印刷
2018年 11月 22日(木曜日) 18:58

古事記や日本書紀で神話の舞台として描かれ、数多くの神楽が残る宮崎県は、貴重な文化財として後世に伝えるため、県内の神楽を紹介する動画を制作している。動画へのアクセス件数は、公開開始から3年ほどで10倍以上に急増した。県文化財課の担当者は「これを機会に、神楽ファンを増やしていきたい」と語った。同課によると、県内には207の保存団体があるが、少子高齢化の影響などで、存続が危ぶまれている地域も多い。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 89 ページ