経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
九州地方
母の日にマンゴーを JA県経済連がPR 印刷
2017年 5月 18日(木曜日) 15:50
今月14日の母の日に鹿児島のマンゴーを贈ってもらおうと、三反園知事による試食宣伝会が11日朝、鹿児島市で行われました。試食会は、母の日の贈り物として県産のマンゴーをPRし、出荷量を増やそうとJA県経済連が初めて開いたものです。マンゴーは、曽於地区や日置地区を中心に県内各地で栽培されていて、鹿児島は全国3位の生産量となっています。
 
日向で5月14日を「ごいしの日」と制定 日本唯一の「はまぐり碁石」生産地にちなみ  印刷
2017年 5月 18日(木曜日) 15:49
5月14日を「ごいしの日」とする記念日登録証の授与式が5月10日、日向商工会議所で行われた日向経済新聞が報じた。主催は日向市。同市はハマグリの貝殻を原料とする白碁石の「はまぐり碁石」の日本唯一の生産地。地元で碁石の製造、販売を行う「ミツイシ」が登録申請者となり、日本記念日協会(長野県佐久市)が認定した。
 
大分・かんたん港園で「海辺のガーデニングフェスタ」 ムーンライトヨガも  印刷
2017年 5月 18日(木曜日) 09:38
大分のかんたん港園(大分市生石)で現在、「第14回海辺のガーデニングフェスタ」が開らかれていると大分経済新聞が報じた。大分県の港湾環境整備事業により整備された同園を中心に「人の集まる海辺の地域として活性化できれば」と始まった同イベント。期間中、コンテナガーデン・ハンギングバスケット・ミニガーデンなど3部門のガーデニングコンテストが行われ、50点以上の作品を楽しむことができる。
 
益城町に新仮設役場 地震からの「復興拠点」 印刷
2017年 5月 18日(木曜日) 09:38
熊本地震で役場庁舎が使用不能となった熊本県益城町は8日、新たに完成した仮設プレハブ庁舎で業務を始めた。これまでは、旧庁舎敷地内の公民館と別のプレハブとに役場機能が分散されていたが、地震後1年が経過し、大半の機能が再び1カ所に集約された。同町の中桐智昭総務課長(57)は「復旧復興の新たな拠点ができた。各課の場所も近くなり、連携がスムーズになる。復興に向けスピード感を持ち、業務に取り組む」と語った。
 
「お~いお茶」一番茶摘み 印刷
2017年 5月 18日(木曜日) 09:37

「お~いお茶」に使用 緑鮮やか 一番茶摘み 最盛期迎える 西海・山口農産

大手飲料メーカー伊藤園(東京)が販売するペットボトル緑茶飲料「お~いお茶」の茶葉を生産している西海市大瀬戸町多以良内郷の山口農産の茶園で一番茶の摘み取りが最盛期を迎えていると長崎新聞が報じた。作業は5月中旬まで続く。山口農産は2004年9月設立。07年度から県の産炭地域新産業創造等基金などの助成を受け、同町の耕作放棄地約20ヘクタールを茶園に整備。荒茶加工場(約800平方メートル)も建てた。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 56 ページ