経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
関東地方
底まで歩けます 27日に浦賀ドック見学会 印刷
2018年 10月 18日(木曜日) 09:30

住友重機械工業の旧浦賀工場(神奈川県横須賀市浦賀)内にある「浦賀ドック」の見学会が27日、開かれる。ドックを観光資源として生かす取り組みを進める実行委員会が主催し、参加者を募集している。浦賀ドックは1899(明治32)年、建造。石造りが主流だった明治期のドックでは珍しいれんが造りで、全国では浦賀と川間(同市西浦賀)しかない。見学会では、市民ボランティアガイドとともに、普段は降りることができない地上から約18メートル下のドックの底まで足を運ぶ。

 
築地解体スタート 五輪へ急ピッチ 印刷
2018年 10月 16日(火曜日) 19:32

豊洲市場(江東区)開場にともない83年の歴史に幕を下ろした築地市場(中央区)で11日、解体に向けた作業が始まった。都は周辺の渋滞を防ぐため、1カ月以内に築地から豊洲につながる環状2号線(環二)の暫定道路を開通させる考えを示しており、解体工事を急ぐ構え。都は約1年4カ月かけて、155棟の建物の解体を予定している。2020年東京五輪・パラリンピックで主要な輸送ルートとしての役割も期待される環二は築地跡地を通ることから、都は暫定道路の工事に支障がある青果門の付近の建物から解体に着手し、整備を急ぐとしている。

 
「佐原の大祭」秋祭り始まる 関東三大山車祭り 千葉・香取、囃子連の集会場一部燃える 印刷
2018年 10月 16日(火曜日) 19:32

千葉県香取市の佐原地区で12日、江戸時代から約300年続く「佐原の大祭」の秋祭りが始まった。北総の小江戸と呼ばれる古い町並みの中を、身の丈4~5メートルの大人形を乗せた13台の山車が14日まで引き回される。佐原の大祭は夏と秋の年2回行われる。関東三大山車祭りに数えられる国指定重要無形民俗文化財で、国連教育科学文化機関の無形文化遺産にも登録されている。例年は3日間で約40万人の人出でにぎわう。

 
東京五輪・パラのボランティアに9650人応募 県が募集 定員の1.8倍、選考へ 女性の応募多数 印刷
2018年 10月 16日(火曜日) 19:28
本月13号东京丰州市场开始正式营业,沿海铁路的新车站名字叫(新市场前)。从车站到市场有一条专用通道,这一天排队顾客拥挤在通道上,都想看一看新市场容貌和品尝一下新市场里边的新鲜美味。
最終更新 2018年 10月 16日(火曜日) 19:31
 
日中国交正常化45周年 福田元首相、渋川で講演 印刷
2018年 10月 16日(火曜日) 19:23

福田康夫元首相は5日、日中国交正常化45周年と日中平和友好条約締結40周年を記念し、渋川市のホワイトパークで講演。中国やアジア諸国との関係などについて「世界中とお付き合いしていくことがこれからの日本の生きる道だ」と訴えた。特に日中関係については「良い関係でなくてはいけない」とし、南京事件にも言及。見解が分かれる犠牲者数について議論する問題ではないとし、「(事件が)あったことは事実。中国の全土にどれだけ被害を与えたか、日本人は考えなくてはいけない」と述べた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 90 ページ