経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
関東地方
アマゾン、ロボット導入の物流拠点「アマゾン茨木 FC」開設 印刷
2018年 6月 21日(木曜日) 09:46

Amazon.co.jpは6月11日、国内で2拠点目となる「Amazon Robotics」を導入した物流拠点「アマゾン茨木 FC(フルフィルメントセンター)」を新設すると発表した。稼働開始は2018年9月を予定している。Amazon Roboticsは、商品棚の下にロボットが入り、棚を持ち上げ、FC内を移動する技術。ロボットが商品棚を作業員の前まで運ぶことによって作業員が歩く必要がなくなることで、入荷した商品の棚入れ時間、注文商品の棚出し時間の削減に貢献する。

 
神奈川県、中国・遼寧省と新たな覚書 ロボット産業など 印刷
2018年 6月 05日(火曜日) 09:34

神奈川県は8日、友好提携35周年を迎えた中国・遼寧省と新たな覚書を結んだ。病気を未然に防ぐ未病対策やロボット産業の振興などで協力する。中国の環境汚染対策として、神奈川県内の企業の取り組みを役立ててもらうことも検討する。覚書は遼寧省からの要望を受けて締結した。同省は高齢化対策に力を入れているほか、ロボット開発を重点産業に指定している。

 
2030年までにゼロエミビークル新車販売50%に、小池都知事が共同宣言で 印刷
2018年 5月 31日(木曜日) 22:43

小池百合子東京都知事は24日、パリ市長のアンヌ・イダルゴ市長と共同声明を発表。「2030年までに、東京都はEV(電気車)、FCV(燃料電池車)などゼロ・エミッション・ビークルの新車販売割合を50%まで引き上げることを目指す」と宣言した。ゼロ・エミッション・ビークルとはCO2排出量ゼロの車両のことを示し、小池氏が環境負荷低減のキーワードとして用いている。

 
ロッテ、今年も千葉県教育委員会と「夢チャレ」実施 印刷
2018年 5月 31日(木曜日) 22:43

ロッテは千葉県教育委員会との連携事業として、「ちば夢チャレンジ☆パスポート・プロジェクト2018」を実施すると25日、発表した。このプロジェクトは今年で5年目を迎え、ホームゲームへの招待並びにキャリア体験プログラムの提供を行う。子どもたちがスポーツへの夢やあこがれを抱けるよう、プロ野球選手のパフォーマンスに触れるとともに練習見学、ダンス発表、スタジアムクルー体験などの場を提供。「見るスポーツ」、「支えるスポーツ」の推進を図ることを目的としている。

 
日本一の長さを誇る「荒川水管橋」の上を歩く見学会 印刷
2018年 5月 31日(木曜日) 22:42

埼玉県は20日、全長1101メートルの水管橋としては日本一の長さを誇る「荒川水管橋」(鴻巣市、熊谷市)の上を歩く見学会を開いた。県営水道50周年イベントとして企画し、計945人の親子連れらが参加し、眼下を流れる荒川や、富士山など普段見ることができない橋の上からのパノラマの景色を楽しんだ。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 82 ページ