経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
Home ニュース TOHO-Daily
TOHO-NEWS
地下鉄サリン事件から22年、被害者らが集会 印刷
2017年 3月 23日(木曜日) 22:28

1995年にオウム真理教が地下鉄の車内でサリンをまき、13人が死亡、6千人以上が負傷した「地下鉄サリン事件」から20日で22年になるのを前に、被害者や遺族らが19日、東京都内で集会を開いた。駅助役だった夫を亡くした高橋シズヱさん(70)が「近年、オウム真理教の後継団体に再び若者が入信している。若い世代にこそ事件を知ってもらいたい」と訴えた。集会では、被害者の治療に当たった聖路加国際病院の石松伸一医師のインタビュー映像が流された。

 
IoTで日独連携、「ハノーバー宣言」採択 印刷
2017年 3月 23日(木曜日) 22:28

日独両政府は19日、すべてのモノがつながるIoT技術や人工知能(AI)などの先端技術で、日独で国際標準規格の策定や研究開発することを柱とした「ハノーバー宣言」を採択した。20日からハノーバーで開催するIT(情報技術)見本市「CeBIT」に先立ち、世耕弘成経済産業相とツィプリース経済・エネルギー相が宣言に署名した。ハノーバー宣言は、IoT関連技術の国際標準規格を日独共同で提案することや、ものづくりの現場でのサイバーセキュリティーの強化、産業技術総合研究所・情報通信研究機構とドイツ人工知能研究所の連携などが柱だ。

 
囲碁ソフト大会 中国の「絶芸」、初出場で優勝 印刷
2017年 3月 23日(木曜日) 22:27

囲碁のコンピューターソフト同士が対戦する「第10回UEC杯コンピュータ囲碁大会」(電気通信大学エンターテイメントと認知科学研究ステーション主催)が18、19両日、東京都調布市の同大学であり、初出場の中国IT大手、騰訊(テンセント)が開発したソフト「絶芸」が優勝した。準優勝は日本発の「DeepZenGo」だった。両ソフトは26日の第5回電聖戦で、一力遼七段(19)と対局する。

 
基準100倍のベンゼン 小池氏、移転を慎重判断へ 豊洲市場 印刷
2017年 3月 23日(木曜日) 22:27

東京都の豊洲市場(江東区)の地下水再調査で、環境基準の最大約100倍の有害物質ベンゼンなどが検出されたことが18日、分かった。1月に公表された9回目の結果に続き高い数値が出たことで、小池百合子知事は築地市場(中央区)からの移転の可否の判断について、より慎重な姿勢を取るとみられる。地下水調査をめぐっては9回目で基準の79倍のベンゼンが検出されるなど数値が急増したため、専門家会議が1月に再調査を決めた。

 
違法天下り、新たに30件 文科省、他省職員もあっせん 印刷
2017年 3月 21日(火曜日) 22:16

文部科学省が組織的に「天下り」をあっせんしていた問題で、国家公務員法に違反する事例が新たに約30件あったことが同省の調査でわかった。外務省や内閣府の退職予定者らの大学への天下りをあっせんした事例も含まれ、すでに判明している分と合わせ、違法事例は約60件に上る見通しだ。文科省は21日に内閣府の再就職等監視委員会に報告し、関係した職員の処分案と合わせて了承を得たうえで、今月中に調査結果の最終報告を公表する。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 731 ページ