経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
四国地方
高知市の中心商店街に外国語対応観光案内所オープン 印刷
2019年 4月 09日(火曜日) 20:16

外国語対応観光案内所「こうち観光ナビ・ツーリストセンター」は高知市が帯屋町のアーケード内に整備した。英語対応が可能なスタッフがいつも2~3人いるほか、大型客船が入るなど外国人観光客が多いと思われる時には中国語などが話せるスタッフも増やす。またセンター内には県内各地の観光地の英語や中国語などのパンフレットが置かれている。センター奥にはフリーワイファイや携帯電話を充電できるコーナーもある。

 
中四国最大太阳能共享设施 印刷
2019年 4月 09日(火曜日) 20:15

中四国最大級のソーラーシェアリング施設が松山市に完成した。松山市神次郎町に完成したのは、農地を使って太陽光発電を行うソーラーシェアリングと呼ばれる施設。ソーラーパネルの下には、墓参りなどで使われる「しきみ」が約2万3000本植えられている。

この施設は、東京に本社があり再生可能エネルギー事業を展開しているe-flatが総工費およそ12億円をかけて整備したもの。

最終更新 2019年 4月 09日(火曜日) 20:15
 
大自然の中で春を満喫!香川県で「春らんまんフェスタ2019」開催 印刷
2019年 4月 09日(火曜日) 20:14

香川県の国営讃岐まんのう公園で、3月21日から5月12日まで「春らんまんフェスタ2019」が開催される。70品種・約20万本のスイセンをはじめ、35品種・約5万本のチューリップのほか、ネモフィラ・ルピナス・シャーレーポピーなど、春のフラワーリレーが楽しめる。4月21日の「まんのう町の日」には、地元の伝統芸能披露やステージショー、抽選会、特産物販売など多彩なイベントが行われる。

 
「高温多湿」で傷み半減 徳島県などサツマイモ新貯蔵技術 印刷
2019年 4月 09日(火曜日) 20:14

徳島県立農林水産総合技術支援センターなどがサツマイモの品質をより長く保つ貯蔵技術を実用化し、なると金時の若手生産者でつくる生産販売会社「農家ソムリエーず」(徳島市)が3月から東南アジアなどへの輸出に導入した。高温多湿の環境に置くことでカビや腐敗の発生を抑える「キュアリング」技術を基にした処理法で、傷みの発生をほぼ半減させた。サツマイモの輸出が全国的に伸びる中、品質保持と安定供給で他産地との差別化を図る。

 
空港整備計画を決定、高知県の官民会議 印刷
2019年 3月 18日(月曜日) 17:26

高知空港の成長戦略を検討する官民会議は13日、高知市で4回目の会合を開いた。2021年度に年間旅客数を180万人以上とする目標達成に向けたアクションプランと、新ターミナルビルの整備計画を決めた。会議では、17年度の旅客数146万人を180万人以上に引き上げるほか、国際チャーター便100往復の実現に向けた実施体制やスケジュールを確認した。新ターミナルビルは延べ床面積が5千~6千平方メートルをメドとし、国際線と国内線の両方に対応できるようにする。19年度に基本設計を実施し、21年度の供用開始を目指す。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 56 ページ