経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
四国地方
モネの庭 来園者150万人達成 高知・北川村 印刷
2017年 5月 16日(火曜日) 12:58
年間およそ1000種類の花が咲く北川村モネの庭マルモッタンは今年、開園18年目を迎え来園者数が150万人に達した。モネの庭ではゴールデンウィークの来園者数が去年に比べて8パーセント増加していてレストランがリニューアルしたことも理由の一つではないかという。北川村を含む中芸地域は森林鉄道やユズ畑の景観・食文化が先月日本遺産に認定されている。モネの庭のレストランでもユズを使った料理をメインにしていて、園は料理を通してユズの魅力をPRしていきたいという。
 
松山城二之丸史跡庭園で斬新な新作能を披露 子規・漱石生誕150年記念 印刷
2017年 5月 16日(火曜日) 12:58
正岡子規(1867-1902年)と夏目漱石(1867-1916年)の生誕150年を記念し、松山市の松山城二之丸史跡庭園の特設能舞台で10日夜、新作能「子規(ホトトギス)」が披露され、多くの市民が現代的な能楽世界を堪能した。「子規」は松山藩ゆかりの金剛流能楽師、宇高通成さんが創作し、市文化協会の主催で上演。庭園に咲く、カンキツ類の花々の甘い香りに包まれた能舞台で舞囃子や狂言を上演の後、薪に火がともされ、「子規」が始まった。
 
坂出市が「さかいでブランド」発刊 サヌカイトや三金時スイーツも 印刷
2017年 5月 16日(火曜日) 00:00
香川県坂出市が4月、地元の特産品情報誌「さかいでブランド」を発刊したと高松経済新聞が報じた。同市の農産物・特産物を材料とした加工品や創作品などを紹介する同誌。「さかいでブランド」として認定された商品を市内外で認知してもらう目的で発刊した。安山岩「サヌカイト」を使った石琴や風鈴、「三金時(金時にんじん、金時いも、金時みかん)」を使ったスイーツなどを掲載。製造している各事業所情報も載せる。
 
樹齢230年 藤の花が見ごろ 印刷
2017年 5月 15日(月曜日) 13:24

「藤寺」として知られる徳島県石井町の地福寺では、樹齢230年の藤棚が見頃を迎えました。藤棚は幅3メートル長さ30メートルにもなり、60センチほどに伸びた房が薄紫色の花を無数に咲かせていて、訪れた人を楽しませている。天候の影響で、今年の見頃は例年より1週間ほど遅れたという。

 
県内最大級の津波避難タワーが完成 高知・黒潮町 印刷
2017年 4月 19日(水曜日) 10:57
南海トラフ地震が起きた場合、大津波が来ることが想定されている高知県黒潮町に、県内最大規模の津波避難タワーが完成した。黒潮町佐賀に完成した津波避難タワーは町が国と県の補助を受けて整備。避難フロアまで22メートルの高さがあり、およそ230人を収容できる。また、基礎から立てた鋼管の内部をコンクリートで固め、柱の強度を増しているという。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 32 ページ