経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
四国地方
高知県・市、中央産業団地を7月から分譲 印刷
2018年 6月 14日(木曜日) 22:22

高知県と高知市は同市の一宮地域に共同で整備していた「高知中央産業団地」の分譲を7月下旬から始める。南海トラフ地震による津波発生に備えてBCP(事業継続計画)対応を急ぐ市内企業の流出防止や県外企業の誘致につなげる。県と市はそれぞれ6月議会に関連議案を提出する。同団地は浸水被害想定区域でなく、開発面積は約13万平方メートル。このうち約5万平方メートルを製造業を対象に分譲する。

 
楽天/農業サービス「ラグリ」が愛媛県にカットサラダ工場新設 印刷
2018年 6月 14日(木曜日) 22:21

楽天の運営する農業サービス「Rakuten Ragri(以下:ラグリ)」は1日、愛媛県大洲市にカットサラダ工場を新設し、有機野菜の栽培から加工までを一貫して行う加工事業を本格始動したと発表した。「ラグリ」のカットサラダ工場で取り扱う原料は、日本国内の耕地面積全体に対し、わずか約0.2%にあたる「有機ほ場」において栽培されたオーガニック野菜。これまで、オーガニック野菜に特化した加工事業は原料の安定供給が課題となっていた。今回の一貫生産の実現によって、原料の安定確保だけでなく、新鮮な状態でのオーガニック野菜のカットサラダの流通、従来では廃棄対象となっていた規格外野菜の有効活用が可能となる。

 
かわつ花菖蒲園 一般開放始まる 香川県坂出市 印刷
2018年 6月 13日(水曜日) 10:08

香川県坂出市川津町の「かわつ花菖蒲園」の一般開放が始まった。園内では紫や白、青など色とりどりの花が来場者の目を楽しませている。同園は、休止した浄水場内の濾過池跡にショウブを植栽し、平成4年に開園。毎年「水道週間」(6月1日~7日)に合わせて一般開放している。早生、中生、晩生と開花時期の異なる品種を混ぜていることから咲き具合の移り変わりを楽しむことができ、昨年は約1万5千人が訪れた。

 
香港のアンテナショップ、事業者を募集 徳島県 印刷
2018年 6月 13日(水曜日) 10:08

徳島県は香港でアンテナショップを運営する事業者の募集を始めた。応募受け付けは22日まで。香港の百貨店やショッピングセンターで最低でも1カ月以上の期間、県産品の販売促進活動を展開するほか、現地での需要調査などが実施できる企業を想定している。受託期間は2019年3月末まで。公募による企画提案を受け付け、選定委員会で決定する。県によると、香港では県内の農水産物や食品をPRする短期間の物産展のような形態でのイベント実績はあるが、情報発信や市場調査までを委託するのは初めてという。

 
日本一の早堀りイモ「土佐紅」高知県香南市夜須町で収穫始まる 印刷
2018年 5月 23日(水曜日) 13:42

日本一早掘りといわれるサツマイモ「土佐紅」の収穫が高知県香南市夜須町で始まった。JA土佐香美によると、収穫は7月中旬まで続き、今シーズンは例年並みの200トンの出荷を見込む。半世紀以上の歴史がある夜須町では現在、8戸が計980アールで栽培。ハウスに加え、露地でも冬場に畝をビニールで覆い、通常のサツマイモより3カ月ほど早い収穫を可能にしている。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 45 ページ