経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
四国地方
100歳以上7万人超え、49年連続増 トップは高知県 印刷
2019年 9月 24日(火曜日) 09:45

厚生労働省は13日、全国で100歳以上の高齢者が7万1238人に上ると発表した。2018年から1453人増え、49年連続で過去最高を更新。初めて7万人を突破した。19年度中に100歳になる人も3万7005人と過去最多だった。医療技術の進歩などが背景にあるが、高齢者の増加は社会保障の給付と負担の見直しを政府に強く迫る。都道府県別に見ると、人口10万人当たりの100歳以上の人数は高知県が101.42人で最多。12年以来、7年ぶりのトップだったが、若年層の人口減が影響している可能性があるという。

 
西部ガス系、愛媛に風力発電所 初の九州外 印刷
2019年 9月 24日(火曜日) 09:44

西部ガス子会社で再生可能エネルギー事業を手がけるエネ・シード(福岡市)は13日、愛媛県伊方町に新しく風力発電所を建設すると発表した。同社の風力発電所では、エネ・シード北九州風力発電所(北九州市)に続く2カ所目で、九州域外では初の再生エネの拠点となる。2020年7月に着工し、21年12月からの稼働を目指す。風力発電設備は3基で発電能力は合計7メガワットを予定する。

 
うどんだけじゃない!香川の美味を全国へ 中四国最大級の食品商談会 印刷
2019年 9月 24日(火曜日) 09:44

香川県のおいしい食べ物を全国に売り込もうと、中四国最大級の食品商談会が高松市で開かれた。かがわ産業支援財団や香川県などが毎年開いているも。11回目の今年は、売り手として県内の94社と買い手として県内外の64社が参加していて、いずれも過去最多となっている。個別の商談ゾーンでは、15分から20分の商談時間で契約に関する話が進んでいた。去年は、713件の商談のうち、207件が成約または成約見込み、380件が商談継続となった。

 
車の急発進防止装置に半額補助 徳島県、70歳以上に11月にも 印刷
2019年 9月 24日(火曜日) 09:43
徳島県は、アクセルとブレーキの踏み間違いによる急発進を防ぐ装置の取り付け費用を半額補助する制度を、11月にも始める。12日発表した2019年度一般会計補正予算案に関連予算3200万円を盛り込んだ。対象は70歳以上で、夜間の運転を控えるといった安全運転の目標を定めた「安全運転自主宣言」を県に提出したドライバー。
 
別子観光センター跡地、再整備事業 固まる 印刷
2019年 8月 28日(水曜日) 16:55

愛媛県新居浜市別子山の市有観光宿泊施設で2012年に廃止された「別子観光センター」の跡地について、市が再整備計画を固めたことが23日までに分かった。公設民営を基本に簡易宿泊施設などを新設する内容で、19年度中に基本設計に着手し、22年度の開設を目指す。市は新施設の基本設計費などの関連議案を9月定例議会に上程する方針。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 61 ページ