経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
四国地方
平成の海援隊結成 「志国高知 幕末維新博」の一環 印刷
2018年 4月 05日(木曜日) 10:05

高知県は、民間企業や団体と連携して新しい地域活性化に取り組む「平成の海援隊」を結成した。明治維新150年を記念し県が進める「志国高知 幕末維新博」の一環。メンバーは、ヴィンテージ古着の復刻をテーマとする「ウエアハウス」と、ヴィンテージショップのカリスマ店長として知られる藤原裕氏、セレクトショップを展開する「Atmos」、人気タレントのユージさんら。

 
伊方原発2号機廃炉を正式決定 巨額安全対策費、採算合わず 印刷
2018年 4月 05日(木曜日) 10:05

四国電力は27日、臨時取締役会を開き、伊方原発2号機(愛媛県伊方町)の廃炉を正式に決めた。東日本大震災後に定められた新規制基準を満たすには、巨額の安全対策投資が必要で、再稼働させても採算に合わないと判断した。震災以降、廃炉を決めたのは東京電力福島第1原発を除き9基目となる。

 
香川、全県で水道事業を一元化 人口減少見据え全国初の統合、料金の値上げ抑制を目指す 印刷
2018年 4月 04日(水曜日) 09:42

香川県内の水道事業が4月1日から一元化される。岡山県から受水する離島の直島町を除く県内16市町と県で広域水道企業団を構成。県全域の水道事業の統合は全国初で、これまで自治体ごとに行っていた経営を効率化し、人口減少に伴う水道料金の値上げ抑制を目指す。老朽化している浄水場の統廃合も進め、現在の71カ所から10年後には38カ所まで減らす方針。

 
とくしまマラソン 1万2400人、春の阿波路を快走  印刷
2018年 4月 04日(水曜日) 09:42

吉野川沿いのコースを走る「とくしまマラソン2018」が25日開かれ、県内外から約1万2400人が参加した。ランナーは暖かな日差しの中、沿道に集まった多くの人たちからの声援を受けながら春の「阿波路」を駆け抜けた。ゲストランナーに、2004年のアテネ五輪女子マラソン金メダリストの野口みずきさんとプロランニングコーチの金哲彦さん、1991年の世界選手権男子マラソン金メダリストの谷口浩美さんを招いた。

 
春告げるフクジュソウ 徳島県三好・那賀で見頃迎える 印刷
2018年 3月 12日(月曜日) 11:16

春の訪れを告げるフクジュソウが、三好市と那賀町で黄色い花を咲かせている。フクジュソウはキンポウゲ科の多年草。三好市東祖谷中上で農家民宿を営む西岡孝明さん(68)の山野草園では、群生する約1万株のうち300株ほどが鮮やかな黄で園を彩っている。見頃は3月中旬まで。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 43 ページ