経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
四国地方
高知県クロマグロが漁獲超過 県が採捕停止命令 規制強化後初 印刷
2018年 7月 27日(金曜日) 10:48

7月から資源管理の規制が強化された太平洋クロマグロ漁業で、高知県は19日、30キロ以上の大型魚に関し、月ごとに設定する漁獲枠を超過したとして採捕停止命令を出した。強化された規制に基づく最初の採捕停止命令で、期間は今月31日まで。クロマグロ漁業は2015年から国際合意に基づく自主規制を始めた。今月からは法律で漁獲上限を定める「漁獲可能量(TAC)制度」に移行。小型魚と大型魚それぞれに月ごとの漁獲枠が設けられるなど、管理が厳格化された。

 
中小企業被害、494億円 愛媛県 各市町や経済団体への聞き取り 印刷
2018年 7月 27日(金曜日) 10:48

愛媛県は20日、西日本豪雨に伴う県内中小企業の設備などの被害について、16日現在で、約494億円に上ったとの推計を明らかにした。調査を進めて全容解明を急ぐとしている。県によると、各市町や経済団体への聞き取りで、約700事業所の被害額を推計。総額の内訳は、工業関連が約229億円、商業関連が約264億円。いずれも豪雨で被害が甚大だった宇和島、大洲、西予の3市に集中していた。

 
「四角スイカ」味よりディスプレー 香川・善通寺で出荷スタート 印刷
2018年 7月 27日(金曜日) 10:44

さいころのような形の「四角スイカ」の出荷が、香川県善通寺市のJA香川県筆岡集荷場で行われている。ユニークな形からディスプレー用として人気があり、今年も全国のデパートや青果店などで販売される。価格は1玉1万~1万5千円という。四角スイカは同市のみで栽培される特産品。1辺約18センチのプラスチック製の箱内で育てる。手間暇がかかるうえ、栽培管理技術が難しく、出荷できるのは8割程度という。生育途中で収穫するため、甘みが乏しく食用には向かない。

 
西日本豪雨 とくし丸が被災地で活躍 全国ネットや機動力生かす 印刷
2018年 7月 27日(金曜日) 10:43

軽トラックで食品や日用品の移動販売を手掛けるとくし丸(徳島市)が、全国のネットワークや機動力を生かし、西日本豪雨の被災地で活躍している。死者が51人に上る岡山県倉敷市真備町も販売エリアだったが、商品を供給するスーパーと移動販売車が水没した。これに対し、高知県のスーパーが同社所有の「とくし丸」を提供し、周囲のほとんどの小売店が休業を余儀なくされる中、車両を仮設店舗にして17日から営業を再開した。

 
高知県奈半利沖で5mジンベエザメ 定置網に掛かり海へ返す 印刷
2018年 7月 05日(木曜日) 18:48
体長5~6メートルほどのジンベエザメが、高知県安芸郡奈半利町大敷組合の定置網に掛かっているのが6月26日、見つかった。雌とみられる珍客は同日、海に返された。定置網を所有する木下清・奈半利町漁協組合長によると、ジンベエザメが掛かったのは奈半利沖約4キロ、水深30メートルほどの場所。「カツオの群れかと思ったが、大きなしっぽが水面に見えた」と、イサギやメジカを水揚げしている網の中にジンベエザメが入っていた。
最終更新 2018年 7月 05日(木曜日) 18:49
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 46 ページ