経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
長野県
農業を「カイゼン」 長野県、トヨタと連携 印刷
2017年 4月 11日(火曜日) 10:29

長野県はトヨタ自動車と連携し、5月から県内農業の効率化を支援する。トヨタで農業を担当する社員が講師となり、県内の農業法人や県の農業指導員を年5回をめどに指導。トヨタが自動車製造で培った「カイゼン」のノウハウを農業に生かして作業を効率化する。県が主導する「農業カイゼン実践普及事業」で講習会を開く。

 
防災ヘリ墜落 「離陸後15分」深まる謎 長野県警、本格捜査着手 印刷
2017年 3月 18日(土曜日) 19:47
搭乗者9人全員が死亡した県消防防災ヘリコプター「アルプス」の墜落事故で県警は7日、業務上過失致死の疑いもあるとみて松本署に捜査本部を設置した。県警は現場付近の尾根側の木に機体の接触痕を確認しており、搭乗者の1人が機内で撮影したビデオ映像などを手掛かりとして、当時の状況の解明を急ぐ。墜落したヘリとの交信は離陸後約15分以内に断たれており、なぜ悲劇を招いたのか謎は深まるばかりだ。
 
中部森林管理局・森林総合研究所・信州大学農学部、林業振興へ包括的協定 印刷
2017年 2月 23日(木曜日) 20:35

林野庁中部森林管理局(長野市)と森林総合研究所(茨城県つくば市)、信州大学農学部(南箕輪村)の3者は16日、森林や林業の研究・技術開発に向けた連携協定を締結した。国内最先端の森林・林業分野の研究機関である国立研究開発法人の森林総研が、地域の森林管理局と包括的な協定を結ぶのは初めて。長野、岐阜、富山、愛知の4県にまたがる広大な国有林が、国内の林業振興を牽引することになる。

 
「大鹿歌舞伎の魅力を世界に」 重要無形民俗文化財登録を歓迎 印刷
2017年 2月 02日(木曜日) 17:51

国の文化審議会は27日、大鹿村の「大鹿歌舞伎」を重要無形民俗文化財に指定するよう松野博一文部科学相に答申した。歌舞伎を専業とする俳優以外の地方の人々が上演する「地芝居」としては国内初の指定となる。同村教育委員会は「地方で演じられる歌舞伎は物まねだとか亜流だと評されてきたが、日本固有の民俗文化に認められた意義はとても大きい」と歓迎した。

 
「移住したい都道府県」長野県が11年連続トップに 「田舎暮らしの本」ランキング 印刷
2017年 1月 11日(水曜日) 22:31

移住希望者向け月刊誌「田舎暮らしの本」(宝島社)の最新号(2月号)で、読者アンケートによる「移住したい都道府県ランキング」の総合1位に長野県が11年連続で輝いた。阿部守一知事は「この優位性を活かして人口の社会減を増加に転じさせたい。長野県に住み続ける人はもとより、移り来る人にとっても幸せな信州となるよう努力する」とコメント。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 > 最後 >>

1 / 9 ページ