経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
長野県
長寿日本一は長野県 厚労省が調査 印刷
2017年 6月 20日(火曜日) 17:57
長野県は、人口10万人あたりの死亡率が最も低く、「長寿の傾向」がみられることがわかった。厚生労働省が、各都道府県の年齢構成の差を調整して調べたところ、人口10万人あたりの死亡率が最も低いのは、男女ともに長野県だった。男性は滋賀、奈良、女性は島根、岡山と続く。一方、死亡率が最も高いのは、男女ともに青森県で、次いで、男性では秋田、岩手、女性では福島、茨城と、東北地方が多いという。
 
松本空港 チャーター便誘致本腰 信州魅力をPR 印刷
2017年 5月 29日(月曜日) 17:16
県営松本空港(長野県松本市)とアジアの都市を結ぶ国際チャーター便が4、5月、2年ぶりに就航した。県は松本空港の利用拡大と国際化を打ち出し、将来は国際定期便の就航を目指している。それに向け、国際チャーター便の運航実績を積み上げ、海外での松本空港の知名度アップを目指すが、実現には課題も多い。国際チャーター便は4月に韓国、5月に台湾を行き来した。
 
山岳観光シーズン幕開け 長野県松本市 印刷
2017年 5月 03日(水曜日) 00:00

北アルプスの山岳観光シーズン幕開けを告げる「第49回上高地開山祭」が27日、梓川の清流に架かる河童橋(標高1500メートル)のたもとで開かれた。好天に恵まれた上高地一帯には、式典関係者の他、登山者、観光客ら3000人余り(主催者発表)が集まった。松本市の姉妹都市、スイスのグリンデルワルト村からの一行26人も参加。アルプホルンの演奏で始まり、安全祈願の神事が執り行われ、開山を祝う獅子舞が披露された。

最終更新 2017年 5月 08日(月曜日) 20:35
 
農業を「カイゼン」 長野県、トヨタと連携 印刷
2017年 4月 11日(火曜日) 10:29

長野県はトヨタ自動車と連携し、5月から県内農業の効率化を支援する。トヨタで農業を担当する社員が講師となり、県内の農業法人や県の農業指導員を年5回をめどに指導。トヨタが自動車製造で培った「カイゼン」のノウハウを農業に生かして作業を効率化する。県が主導する「農業カイゼン実践普及事業」で講習会を開く。

 
防災ヘリ墜落 「離陸後15分」深まる謎 長野県警、本格捜査着手 印刷
2017年 3月 18日(土曜日) 19:47
搭乗者9人全員が死亡した県消防防災ヘリコプター「アルプス」の墜落事故で県警は7日、業務上過失致死の疑いもあるとみて松本署に捜査本部を設置した。県警は現場付近の尾根側の木に機体の接触痕を確認しており、搭乗者の1人が機内で撮影したビデオ映像などを手掛かりとして、当時の状況の解明を急ぐ。墜落したヘリとの交信は離陸後約15分以内に断たれており、なぜ悲劇を招いたのか謎は深まるばかりだ。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 > 最後 >>

1 / 9 ページ