経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
長野県
ごみ排出最少 信州V3 16年度分調査 印刷
2018年 4月 18日(水曜日) 19:30

県は12日、環境省の調査で、2016年度に長野県民1人が1日に出したごみ(一般廃棄物)の量が15年度に比べ14グラム減って822グラムとなり、都道府県別で最少だったと発表した。全国最少は3年連続。県は、県民一人一人にごみ減量の意識が浸透しているとし、「引き続きごみ減量の取り組みを進め、全国最少を継続したい」(資源循環推進課)としている。調査は市町村別のごみの総排出量を人口で割って算出し、全国平均は925グラム。少ない方から2位は滋賀県、3位は熊本県だった。

 
長野県諏訪の小型ロケット3号機 打ち上げ成功 印刷
2018年 3月 28日(水曜日) 09:28

諏訪地方の企業や信州大学などで構成する「SUWA小型ロケットプロジェクト」は18日、秋田県能代市の海岸からロケット3号機を打ち上げた。高度約3500メートルに達した後、パラシュートを開いて落下した。ほぼ設計通りの性能で、打ち上げ実験は成功した。小型ロケットは高度3500メートルに達した。

 
長野県の鉱工業生産指数、7年ぶり高水準 印刷
2018年 3月 03日(土曜日) 00:00

長野県が2月20日発表した2017年の鉱工業生産指数(速報、2010年=100)は前年比9.1%高い99.7と、10年(100.0)以来7年ぶり高水準となった。国内外の景気改善を背景に半導体製造装置などの製造業が生産を大幅に増やしている。ただ足元で進む円高と在庫の増加など、好調な県内経済を揺るがしかねない変化も生じつつある。生産指数の上昇を主導したのは半導体関連だ。半導体製造装置などはん用・生産用・業務用機械工業は前年比17.7%上昇。新設した工場に納入する電気計測器など電気機械工業も15.8%上昇した。

最終更新 2018年 3月 05日(月曜日) 19:57
 
長野五輪20周年で県民アンケート 9割近く肯定的評価 交通機関整備と知名度向上 印刷
2018年 2月 08日(木曜日) 09:54

1998年の開催から7日で20年を迎える長野冬季五輪について、県民の9割近くは肯定的に捉えていることが、県世論調査協会のアンケートで分かった。公共交通機関の整備が進んだ上、五輪開催地として国際的な知名度が高まったことなどが主な理由。長野五輪に対する評価を聞いた設問では、「良かった」との回答が57.5%と半数を超え、「まあ良かった」も30.4%あった。一方、「良くなかった」「あまり良くなかった」は、それぞれ0.5%、1.9*%で、否定的な評価は3%に満たなかった。-

 
長野県の飯田水引コンテスト、2年ぶり開催 印刷
2018年 1月 17日(水曜日) 23:03

飯田・下伊那地方の伝統工芸「飯田水引」を使ったアクセサリーや飾り物などを対象にした「飯田水引コンテスト」が4月、2年ぶりに開催される。新たに「ギフト部門」を設け、贈答品に添える飾り物を募集する。ライフスタイルの変化で需要が低迷する水引産業の活性化につなげる。飯田水引協同組合(飯田市)や南信州・飯田産業センター(同)などでつくる実行委員会が主催する。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 12 ページ