経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
広島県
ローマ法王 11月24日 平和公園でのスピーチ 印刷
2019年 9月 24日(火曜日) 09:43

核兵器廃絶への影響力に期待がかかる。ローマ法王フランシスコの訪日日程が正式発表され、広島市には11月24日に訪れ、平和公園でスピーチを行うことが分かった。ローマ法王フランシスコは11月23日から4日間の日程で来日し、24日には被爆地の広島・長崎両市を訪れる予定。関係者によりますと広島には長崎を訪れたあとチャーター機で夕方ごろ到着し、平和公園でスピーチを行う予定だという。

 
「ローマ法王」フランシスコを学ぶイベント開催 印刷
2019年 8月 27日(火曜日) 10:56
広島訪問が予定されているローマ法王の半生を描いた映画上映会を前に、「ローマ法王」フランシスコについて学ぶイベントが広島市で開催された。イベントは11月に見込まれるローマ法王の広島訪問への期待も込め、広島映画サークル協議会が開いた。講師は、カトリック教会のイエズス会神学生森晃太郎さんが務めた。森さんは、アルゼンチン出身のフランシスコの生い立ちや人となりを紹介。また、軍事独裁政権下の母国で葛藤の中で生き抜く姿が映画に描かれていることなど時代背景を交えて話した。
 
県産生ガキ、夏でも安全に 県が浄化技術開発 印刷
2019年 8月 06日(火曜日) 09:18

夏にも生ガキを安全に食べられるよう、広島県立水産海洋技術センターが新たな浄化技術を開発した。これまで、県産の生ガキの出荷解禁は10月だったが、今年は7月中旬に飲食店に出荷を始める。県によると、カキを10~15度ほどの冷たい海水で管理し、紫外線を照射するなどして、食中毒の原因となる細菌を除去。4日以上かけて浄化する。出荷するのは、品種改良したブランド「かき小町」が中心。産卵しないよう品種改良しており、夏でも大ぶりに育つのが特徴だ。

 
広島県、ヤフーと「防災マップ」、25日から開始 印刷
2019年 7月 11日(木曜日) 16:43

広島県はヤフーと連携し、スマートフォンで土砂災害警戒区域を確認できる「防災マップ」の運用を25日から開始した。土砂災害警戒情報が発令されると、スマホの画面上に通知が出る。現在地や事前に登録した3地点の危険度を地図上で見ることができる。スマホを活用した情報発信により住民の早期避難につなげる狙いだ。ヤフーが手掛ける防災アプリに、県と共同開発した土砂災害警戒区域の情報を加えた。

最終更新 2019年 7月 17日(水曜日) 16:44
 
JR芸備線10月下旬に全線復旧 広島の豪雨被災橋梁工事に見通し 印刷
2019年 6月 20日(木曜日) 10:18

JR西日本広島支社は14日、西日本豪雨で不通となっている芸備線の中三田―狩留家(いずれも広島市安佐北区)間4・5キロの運転を10月下旬に再開し、全線が復旧すると発表した。豪雨で一部流失した区間内の橋を造り替える工事の見通しが立ったため。併せて、朝夕のみ暫定運転している三次(三次市)―中三田間43・7キロは通常運行に戻る。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 15 ページ