経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
愛媛県
灯籠4000本に包まれライブ 今治・大西でフェスタ 印刷
2018年 10月 30日(火曜日) 10:49

愛媛県今治市大西地域の秋の祭典「おおにしフェスタ」が21日、同市大西町宮脇の藤山健康文化公園であり、約4000本の灯籠点灯や、同市出身のラジオパーソナリティー正岡省吾さんのライブなど多彩なプログラムでにぎわった。

 
四国電「伊方原発、再開準備進める」大分地裁決定受け 印刷
2018年 10月 05日(金曜日) 18:54

四国電力は28日、伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)の運転再開に向けた準備を進める方針を改めて表明した。大分地裁が同日、運転差し止めの仮処分の申し立てを退けたことを受けたもので、10月1日未明に燃料の装荷を始め、27日の再稼働、30日に送電を始める計画だ。

 
愛媛県特産サトイモ「伊予美人」出荷始まる 印刷
2018年 9月 10日(月曜日) 20:21

愛媛県特産のサトイモ「伊予美人」の出荷シーズンを迎え、JAうまの篠原一志組合長、JA全農えひめの関岡光昭副本部長らが愛媛県庁を訪れ、神野一仁副知事に生産概況や収穫、販売開始を報告した。県内のサトイモ収穫量は9570トン(平成29年産)で全国4位。県農業試験場で育生した「白くてまるい」伊予美人は今年、県内147.1ヘクタールで栽培され、前年より19%多い3575トンの出荷を見込んでいる。

 
西日本豪雨 愛媛県が「柑橘復興チーム」設置 印刷
2018年 8月 20日(月曜日) 11:18

西日本豪雨により、特産のミカンなどに甚大な被害をうけた愛媛県南予地域のかんきつ農業の早期復興のため、県は、南予各地の市町と農協、研究機関などで構成する「南予地域柑橘農業復興対策チーム」を設置したと毎日新聞が報じた。一元的、機動的に対策を練る狙いがある。第1回会議が2日開かれ、短期・中長期的な復興案やスケジュールについて確認、意見を交換した。

 
中小企業被害、494億円 愛媛県 各市町や経済団体への聞き取り 印刷
2018年 7月 27日(金曜日) 10:48

愛媛県は20日、西日本豪雨に伴う県内中小企業の設備などの被害について、16日現在で、約494億円に上ったとの推計を明らかにした。調査を進めて全容解明を急ぐとしている。県によると、各市町や経済団体への聞き取りで、約700事業所の被害額を推計。総額の内訳は、工業関連が約229億円、商業関連が約264億円。いずれも豪雨で被害が甚大だった宇和島、大洲、西予の3市に集中していた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 13 ページ