経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
京都府
舞鶴港 貨物量が過去最高 韓国航路、利便性向上で 昨年 印刷
2018年 4月 21日(土曜日) 12:15

京都府は、舞鶴港で昨年1年間に取り扱った貨物の量をまとめた。コンテナが1万3402TEU(20フィートコンテナ換算での量)と過去最高にのぼり、貨物量全体も1161万1000トンと、8年連続で1000万トンを超えた。韓国とのコンテナ航路で、船会社2社による共同配船が始まったことで利便性が高まり、扱いの増加につながったと府港湾局はみている。府経済交流課と港湾局によると、対前年比で貨物量全体は7.3%、コンテナ取扱量は16.6%伸びた。

 
京都市の民泊条例成立 住専地域、営業60日に制限 印刷
2018年 3月 30日(金曜日) 14:30

住宅宿泊事業法(民泊新法)の6月施行に合わせ、独自規制を上乗せする京都市の民泊関連条例が23日、市議会2月議会で可決され、成立した。新法で180日が上限となった住居専用地域での営業日数を原則60日まで絞り、管理者の「駆け付け要件」を定めた。新法に基づく事業者の届け出が始まる3月15日から一部施行される。

 
日本初の事業用水力発電所が初めて一般公開 印刷
2018年 3月 06日(火曜日) 18:11

日本初の事業用水力発電所として知られる京都市の「蹴上発電所」が、初めて一般公開された。蹴上発電所は1891年に運転を開始し、電気鉄道や街灯に電力を供給するなど、京都の近代化に貢献してきた。琵琶湖から京都市まで引かれた「琵琶湖疏水」から取水していて、現在も稼働している発電所なども見学できる。

 
AIロボと動物談義を NTTなど実証実験  印刷
2018年 2月 12日(月曜日) 16:25

NTTは京都市動物園(左京区)の来園者がロボットと対話する実証実験を同園で始めた。人工知能(AI)技術を活用し、人間と雑談を交えながら対話を続けるのが特長で、将来の実用化に向けた検証を行う。ロボット本体は大阪市のベンチャー、ヴイストンが製造し、AI技術はNTTコミュニケーション科学基礎研究所が開発した。実証実験では、同園で人気の動物10種類のどれかをテーマに選べば、ロボット2体と数分間会話を楽しめる。

 
京都観光、ランニングで コーチ伴走、市内22キロ踏破 印刷
2018年 1月 21日(日曜日) 17:39

「京都マラソン観光ラン」が13日、京都市内で行われ、参加した約40人のランナーが走りながら、京都観光を楽しんだ。NPO法人「京都光華ランニングクラブ」が2年前から開催。西京極陸上競技場前をスタートし、参加者は伴走するコーチの指導を受けながら、約22キロ先の府立植物園前に向けて足を進めた。ランナーは白い息を吐きながら疾走。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 11 ページ