経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
神奈川県
満艦飾、豊漁に祈り 真鶴港「貴船まつり」 印刷
2017年 8月 01日(火曜日) 18:41

国の重要無形民俗文化財で、日本三大船祭りの一つ「貴船まつり」が7月27日、真鶴町の真鶴港周辺で始まったと神奈川新聞が報じた。神職らを乗せた神輿船や、華やかに飾り付けられた花形の小早船が港を出ると、観客らから歓声が上がった。豊漁や海の安全を願うまつりでは、手こぎの櫂伝馬2隻に率いられ、神輿船などが対岸の貴船神社に渡り、神輿を出迎えて港に戻る「海上渡御」が行われた。

 
ペット放棄の影響考えて 7月2日まで外来生物展 箱根 印刷
2017年 7月 07日(金曜日) 18:55

主に県内に生息する外来生物を紹介する特別展が7月2日まで、箱根町立森のふれあい館で開かれている。外来種が増えている理由として飼い主の飼育放棄が多いといい、担当する石原龍雄学芸員は「安易にペットを放棄することは自然界に大きな影響を与える。特別展では、中国や東南アジア原産の鳥で、同町内でも目撃報告が増えているソウシチョウ(体長約15センチ)やアライグマなど、外来生物約60種を写真や標本で紹介。増殖したことで起きた被害も合わせて解説している。

 
新造船「マジェスティック・プリンセス」が横浜初入港 海上見学会に200人を招待  印刷
2017年 6月 16日(金曜日) 21:53

横浜市は7月3日、日本初で横浜に寄港するプリンセス・クルーズの豪華客船「マジェスティック・プリンセス」の横浜港海上見学会に市民200人を招待するとヨコハマ経済新聞が報じた。同船は、世界最大の国際的なプレミアムクルーズライン「プリンセス・クルーズ」が中国市場向けに特別に設計、建造した、最新・最大クラス「ロイヤル・クラス」の第3船で総トン数は142,229トン、全長330メートル、乗客定員は3,560人。客室の8割が海側で、すべてバルコニーが付く。上海が母港となる。

 
幕末から昭和まで「横浜の地図」150点 横浜都市発展記念館で企画展 印刷
2017年 5月 25日(木曜日) 18:14
幕末から昭和50年前後までの横浜の地図約150点を集めた企画展「ようこそ!横浜地図ワールドへ」が横浜都市発展記念館で開かれている。7月2日まで。陸軍や国が製作した地形図から、民間企業の商業地図、個人が描いた鳥瞰図、市電の路線図まで、種類はさまざま。
 
山林でツキノワグマ目撃 地域住民に注意喚起 相模原市緑区 印刷
2017年 4月 29日(土曜日) 00:00
21日午後1時10分ごろ、神奈川県相模原市緑区名倉の石楯尾神社近くの山林で、散歩中の男性が体長約1メートルのツキノワグマ1頭を目撃した、と藤野まちづくりセンターへ連絡があった。市水みどり環境課によると、男性は山林からガサガサと音がしたため振り返ったところ、4~5メートルの距離で目撃。鳥獣保護員が足跡からツキノワグマと確認した。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 10 ページ