経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
神奈川県
ドローンで観光PR 愛川町、動画とポスター公開 印刷
2017年 4月 06日(木曜日) 18:31
愛川町は小型無人機「ドローン」で宮ケ瀬ダムなどを上空から撮影した観光PR動画とポスターを初めて作製、町ホームページなどで公開を始めた。キャッチフレーズは「デカッ! 近ッ! 行こッか!愛川町」。町を代表する二大観光地「宮ケ瀬ダム」と「県立あいかわ公園」の魅力を紹介している。動画は15秒から2分までの9種類に編集、ナレーションは町内の子どもたちが協力した。
 
地産地消や地域社会に貢献へ 県協同組合連絡協が発足 印刷
2017年 3月 16日(木曜日) 01:17

地産地消の促進や協同組合の理念発信を目指す「県協同組合連絡協議会」が7日設立され、横浜メディア・ビジネスセンター(横浜市中区)で発足会が開かれたと神奈川新聞が報じた。 同協議会によると、地域の組合が直接加入する県レベルの協同組合提携組織は、茨城県に続き2例目。同協議会には県内の農協や生協、漁協など約80組合・団体が参加。代表にJA県中央会会長の高桑光雄氏と県生協連合会会長の當具伸一氏が就任した。

 
魅力、回遊性向上へ 三浦市・城ケ島にハイキングコース 印刷
2017年 2月 21日(火曜日) 18:39

三浦市・城ケ島の魅力や回遊性の向上に向けて、島南部のハイキングコースが整備されると神奈川新聞が報じた。地元団体が主体となって取り組み、市が県の交付金を活用して支援。市は2017年度当初予算案に関連経費約1750万円を盛り込んだ。釣り堀開設などに続き、県が進める事業「新たな観光の核づくり」を加速させる。城ケ島は近年、観光地として注目が集まっている。

 
小田原城、入場者60万人突破 過去最高 展示刷新が奏功 印刷
2017年 1月 31日(火曜日) 00:09

昨年5月、耐震改修工事を終えてリニューアルオープンした小田原市を代表する観光スポット「小田原城」天守閣の、オープン以降の入場者数が今月、60万人を突破。過去最高だった昭和38年度の58万8740人を超え、53年ぶりに記録を更新した。リニューアルに伴う展示内容の刷新など、さまざまな取り組みが奏功した。

最終更新 2017年 1月 31日(火曜日) 00:11
 
「箱根スイーツコレクション2017春」開催へ 各店で自信作準備  印刷
2017年 1月 06日(金曜日) 22:14

箱根エリアで2月1日から、「箱根スイーツコレクション2017春」が開催されると小田原箱根経済新聞が報じた。今回は「箱根の乗り物スイーツ」をテーマに34店が参加する。箱根カフェ(箱根町湯本)は、箱根湯本駅構内に店舗があることから「チョコロールクレープ~アレグラ号を添えて~」(800円)と題して、電車をスイーツで表現する。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 > 最後 >>

1 / 9 ページ