経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
CRI
中国の耕地面積 19.18億ムーに達する 印刷
2022年 6月 27日(月曜日) 18:49

中国自然資源部はこのほど、引き続き最も厳しい耕地保護制度を実施し、耕地保護の最低基準を下回らないよう堅持し、国家の食糧安全を固く保障すると表明しました。

第3回全国国土調査の結果によりますと、中国の耕地面積は19億1800万ムー(およそ1億2800万ヘクタール)に達し、国務院が確定した2030年の耕地保有量目標の18億2500万ムー(およそ1億2200万ヘクタール)を達成したということです。

ここ数年、中国は耕地保護政策を改善しつつあり、耕地保護で守るべき最低基準を厳格に画定し、土地収用と新たに開墾した土地の補充のバランスを規範化し、耕地の「非農業化」と「非食糧化」を断固として抑制するなど一連の新政策と新措置が打ち出されました。

 
ウクライナ問題 中国は平和と正義の側に立つ=外交部 印刷
2022年 6月 17日(金曜日) 11:07

外交部の汪文斌報道官は16日の定例記者会見で、米国務院報道官の「ロシア側に立つ国は、歴史の誤った側に立つことになる」との発言に反論し、「中国は常に、ウクライナ問題の歴史的経緯と是非曲直から出発し、独立自主の立場で判断を下し、常に平和と正義の側に立っている」と強調しました。

汪報道官は、「米国は約束を破り、北大西洋条約機構(NATO)の東方拡大を推進し続け、欧州を再び衝突と対立に陥れた。その時中国は、共同、包括、協力、持続可能な安全保障理念を積極的に提唱し、バランスのとれた、効果的かつ持続可能な欧州安全保障システムの構築を呼びかけた。米国は、ウクライナ人が最後の1人となるまで戦うと騒ぎ立て、紛争の火に油を注いでいる。その時中国は、交渉による解決を促した。米国による極端な制裁と圧力で、危機の影響は日々拡大しているが、中国は世界経済を政治化、道具化、武器化することに断固反対している。誰が正しい側に立っているのか、世界は知っているだろう」と述べました。

 
紙のように薄い青銅器 三星堆遺跡で発見 印刷
2022年 6月 16日(木曜日) 11:06

2020年に発掘が再開されてから、四川省広漢市にある三星堆遺跡では新たに発見された6つの祭祀坑の考古学的発掘が最終段階に入りました。

このほど、7号坑から紙のように薄い青銅の器物が複数出土し、これまでに大きい器物が数多く出土した三星堆遺跡では珍しい発見です。

新たに発見された6つの祭祀坑のうち、7号坑で出土した青銅の器物は大きさが小さいものの、精緻さは決して劣ることはありません。このほど、7号坑から手のひらの大きさの青銅器が出土し、その厚さはA4サイズの印刷用紙とほぼ同じぐらいです。

専門家によりますと、中国の中原地域(中華文化の発祥地である黄河中下流域)で出土した青銅器は一般的に青銅を溶かして鋳型に流し入れて製造されることから、厚みのあるものが多く、三星堆でも大量に発見されてきました。一方で、今回7号坑で新たに出土した紙のように薄い青銅器は、熱した金属を打ち鍛えて作ったと見られ、今後はさらに金相試験などを経てその鋳造方法の謎を解いていくということです。

 
中日韓は相互信頼を増進し、共通利益を広げるべき=外交部 印刷
2022年 6月 15日(水曜日) 11:04

14日に韓国で開かれた「中日韓協力国際フォーラム」を受けて、外交部の汪文斌報道官は15日、「中国はパートナーシップの精神を守り、中日韓協力の発展を推進し、より安全かつ安定、開放的かつ繁栄した北東アジアの構築に力を入れたい」と述べました。

汪報道官は、「2022年中日韓協力国際フォーラムが6月14日に、オフラインとオンラインの形式で開かれた。三カ国の外相らが祝賀の書簡を送り、それぞれは恒久的な隣国と重要なパートナーとして、相互信頼を増進し、団結協力をして、共に地域の安定、経済回復と国民友好のためにより多くのプラスのエネルギーを注入し、中日韓協力の前進と発展を絶えず推進しなければならないことで考えが一致した」と表しました。

汪報道官はまた、「中日韓は近隣で重要な発展のパートナーである。三国協力はこの20年間、東アジアの平和と安定を維持し、地域経済協力をリードして、世界の発展と繁栄を促進するために積極的な役割を果たしてきた」と示しました。

 
重慶動物園で6頭のパンダの合同誕生日会 印刷
2022年 6月 14日(火曜日) 11:03

重慶動物園で10日、園内で6月に生まれた6頭のジャイアントパンダの合同誕生日会が行われ、にぎやかな1日となりました。

合同誕生日会では、去年6月10日に生まれ、ちょうど1歳になったばかりの双子パンダの「星星(シンシン)」、「辰辰(チェンチェン)」と、2019年6月23日に生まれた2組の双子パンダの「双双(シュアンシュアン)」、「重重(チョンチョン)」の兄弟と「喜喜(シーシー)」、「慶慶(チンチン)」の兄妹(「二重の喜び」を意味する“双重喜庆”という言葉から、一文字ずつ取って命名)の6頭が祝われました。重慶動物園は今回の合同誕生日会のために6月生まれの一般市民、15名を特別に募集し、パンダのために果物と竹の風味の誕生日ケーキを一緒に作りました。

重慶動物園では現在、19頭のジャイアントパンダが飼育されています。居住スペースの過密状態を改善するため、園内の「パンダ館」の改修・拡張工事が3月から始まっており2023年の完成を予定しています。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 651 ページ