経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
CRI
河北省崇礼、冬季五輪後初の雪シーズンを迎える 印刷
2022年 12月 02日(金曜日) 00:35

北京冬季オリンピックの雪上競技の開催地の一つである河北省張家口市崇礼区はこのほど、大会開催後初の雪のシーズンを迎え、各スキー場が相次いで営業を開始し、各地のスキー愛好者を引き付けています。

国家クラスのスキー観光リゾートとして、崇礼では現在、大規模なスキー場7カ所が建設され、計162キロに上る169本のコースを有します。各スキー場はスキー愛好者に快適なスキー環境を提供するため、新型コロナ感染症対策として「スキー観光エリア」を設け、クローズドループ方式を採用しています。

雲頂スノーパークのハーフパイプ

その中で万龍スキー場は今年、関連施設を新たにアップグレード・最適化し、ナイターのライトシステムを改善し、ナイターで開放するコース数を増やしました。一番早く営業を開始した同スキー場は、初日に各地からのスキー愛好者500人以上を迎えており、最近の統計では1日当たりの入場者数は800人から1000人になっています。

一般的なスキー需要のほか、北京冬季オリンピック優勝者を生んだコースの体験なども来場者が目指すところです。雲頂スノーパークでは、ハーフパイプ、スロープスタイル、パラレル・ジャイアントスラローム、スノーボードクロス、フリースタイルスキー・モーグルの冬季オリンピックと同様の五つのコースが12月中下旬に一般公開されます。それに合わせて、面白い試合や競技などのイベントが催されるということです。

 
中国初のアプト式列車、四川省でラインオフ 印刷
2022年 11月 29日(火曜日) 16:09

中国が独自に開発した初のアプト式列車が四川省でラインオフしました。  

中国初のアプト式列車

アプト式列車とは登山鉄道に使用される新型軌道交通車両であり、機関車の床下に設けられた1つまたは複数の歯車が、坂を登る際にレールの真ん中に敷かれるラックレールをかみ合わせて走行します。最高で約25.5度の坂道を安全に走行することができます。

列車内

今回ラインオフしたアプト式列車は、国内初のアプト式鉄道である都江堰・四姑娘山間で運行されます。列車は「ホイールレール+アプトレール」の二重式けん引モードを採用し、最高運行速度はホイールレール区間が時速120キロ、アプトレール区間が時速40キロです。列車は4両編成を採用し、定員は145人、国内最大面積の曲面観光用ガラス窓を備えています。

同路線は2023年末に一部開通し、2026年中に全線開通する予定です。開通すれば、観光客は都江堰駅でアプト式列車に直接乗り換えて四姑娘山観光地へ行くことができ、片道の所要時間は従来の5時間から2時間に短縮されます。

 
「神舟15号」、29日午後11時8分に発射予定 印刷
2022年 11月 29日(火曜日) 16:07

中国有人宇宙飛行プロジェクト弁公室によりますと、有人宇宙船「神舟15号」は29日午後11時8分の打ち上げを目指しています。宇宙飛行士の費俊龍、鄧清明、張陸の3氏が「神舟15号」に乗り、費氏が責任者を務めます。28日、3人の乗組員が酒泉衛星発射センターの問天閣で国内外のジャーナリストに向け記者会見を行う予定です。

 
150年前の沈没船「長江口2号」の引き揚げに成功 印刷
2022年 11月 21日(月曜日) 20:12

巨大なアーチ型の柱状構造物22本で構成される長さ48メートル、幅19メートル、高さ9メートル、重さ約8800トンの、水底作業で使われる大型装置のケーソンに乗せられた歴史的な商船の「長江口2号」が21日午前0時40分、引き揚げ作業船「奮力輪」の甲板中央にある水中にまで貫通する開口部からゆっくりと姿を現しました。

歴史的な沈没船「長江口2号」が150年ぶりに再び陽光のもとに現れたことは、中国の水中考古学が歴史的な成果を収めたことを意味します。「長江口2号」は「奮力輪」によって楊浦上海造船所の跡地に運ばれます。そのことで、文化財保護と考古学発見の新たな段階が始まります。

「長江口2号」の保存状態が良好で、現在に至るまで、中国国内および全世界で発見された最多の文化財を積み込んだ歴史的な木造沈没船として、清代末期の大型木造帆船の研究の空白を埋めるとされています。

「長江口2号」については、探索と発見や水中調査、引き揚げまで、科学技術の投入が考古学活動や文化財保護を推進する重要な方式であり、中心的な原動力となりました。

 
アジア一の大水深ジャケット「海基1号」が稼働開始 印刷
2022年 10月 03日(月曜日) 19:05

中国が独自に設計・建造したアジア一の大水深ジャケット油井プラットフォーム「海基1号」が3日、稼働を開始しました。


中国の大水深ジャケット油井プラットフォーム「海基1号」

ジャケット式の油井プラットフォームは世界で最も広く利用されている海洋石油・ガス生産施設であり、浅海での利用が一般的です。これまで、中国に300基以上あるジャケット油井プラットフォームの稼働範囲は、いずれも水深200メートル未満でした。「海基1号」は全高340.5メートル、総重量は4万トンを超え、いずれも中国の記録を更新しています。

「海基1号」は現在、5つの油井で生産を開始しており、当初は1日あたり約2700トンを生産する予定です。今後、「海基1号」により、2つの油田で14の油井を新規開発し、1日の生産量を最大5000トンにまで伸ばす計画です。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 656 ページ