経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
中国地方
鳥取砂丘の「オアシス」巨大化 2~3倍、大雪の影響? 印刷
2017年 3月 23日(木曜日) 22:40

鳥取市の鳥取砂丘で、例年より大きくなった「オアシス」が話題だ。訪れた市民や砂丘近くの観光業者らも「普段の2~3倍はありそうだ」と珍しがっている。「オアシス」の正体は、砂丘の地下水が湧き水となってできた水たまり。鳥取市では2月に90センチを超える積雪があり、地下水の量が増えたため巨大化したとみられる。鳥取県砂丘事務所が今月1日にボートを浮かべて計測したところ、深さは最大で1.37メートル、面積は約5500平方メートルだった。

 
岡山県への移住支援策を強化 知事方針、情報をデータベース化 印刷
2017年 3月 02日(木曜日) 23:42

2月定例岡山県議会は24日、本会議を再開。代表質問を行い、自民党の渡辺英気、民主・県民クラブの高原俊彦、公明党の増川英一の3氏が県政全般をただした。伊原木隆太知事は、県内への移住者を5年間で累計1万人とする目標の達成に向けて、2017年度に移住希望者の情報をデータベース化し、相談内容や検討状況などに応じたサポート体制を強化する方針を示した。

 
松江城天守の耐震工事着手へ 29年度に計画策定、31年度中に工事 印刷
2017年 3月 02日(木曜日) 23:41

国宝・松江城天守の耐震性能向上を図るため、松江市は15日、同天守で初めてとなる耐震工事に着手する方針を発表した。耐震診断で、震度6強~7の地震発生時に天守の一部で変形の恐れがあるなどと評価されたため、補強工事を行う考え。平成29年度に基本計画を策定し、31年度中に工事を終えるとしている。

 
地震で落果→ピンチをチャンスに 鳥取県「王秋」梨を生産拡充へ 印刷
2017年 3月 02日(木曜日) 23:40

昨年の鳥取県中部地震で大量に落果し、訳あり販売などをしたところ「おいしい」と各地で評判になった梨「王秋」。この梨の生産を広げ代表品種の一つに育成する事業を、鳥取県が新年度から手がける。地震の災いを福に転じる事業だ。王秋は、中国梨「慈梨」に「二十世紀」「新雪」を交配した赤梨で平成15年に品種登録。鳥取県にもほぼ同時に導入され、現在、栽培面積は全国一の15~16ヘクタール。

最終更新 2017年 3月 02日(木曜日) 23:40
 
「メトロ書店」経営の川崎興産 攻めのIT中小企業百選に 書籍在庫管理システム開発 印刷
2017年 2月 13日(月曜日) 20:34

経済産業省が所管する2015年度の「攻めのIT経営中小企業百選」に、長崎や福岡で計4店「メトロ書店」を経営する川崎興産(長崎市)が選出されたと長崎新聞が報じた。独自に開発した在庫管理システムが全国約1600の書店で導入されたことが高い評価を受けた。同省は2014年度から、IT活用による製品・サービス開発強化やビジネスモデル変革を通じて新たな価値創出などに取り組んでいる中小企業を選出。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 37 ページ