経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
中国地方
長門・ラグビーW杯カナダ代表が公開練習 印刷
2019年 9月 24日(火曜日) 09:43

今月20日、日本で開幕するラグビーワールドカップに出場するカナダ代表がキャンプ地の山口県長門市で練習を公開した。地元の人たちは国旗を描いた連だこで選手を応援した。カナダは世界ランク22位でワールドカップ出場は9大会連続9回目。体格を生かした攻撃を得意としている。選手を応援しようとカナダの国旗を描いた連だこも揚げられた。

 
ローマ法王 11月24日 平和公園でのスピーチ 印刷
2019年 9月 24日(火曜日) 09:43

核兵器廃絶への影響力に期待がかかる。ローマ法王フランシスコの訪日日程が正式発表され、広島市には11月24日に訪れ、平和公園でスピーチを行うことが分かった。ローマ法王フランシスコは11月23日から4日間の日程で来日し、24日には被爆地の広島・長崎両市を訪れる予定。関係者によりますと広島には長崎を訪れたあとチャーター機で夕方ごろ到着し、平和公園でスピーチを行う予定だという。

 
モンゴルで海水魚養殖へ 岡山理科大、好適環境水使い流通目指す 印刷
2019年 9月 24日(火曜日) 09:42

岡山理科大(岡山市北区理大町)は11日、カリウムやナトリウムなどを混ぜた人工の飼育水「好適環境水」を使い、内陸国モンゴルの首都ウランバートルで海水魚・ハタ類の養殖を23日から始めると発表した。来年11月末までに同国での試験出荷を目指す。国外ではタイとカンボジアでエビの養殖実験を行っているが、市場流通まで視野に入れるのは今回が初めて。

 
天然ワカメのストック実験に成功 島根県  印刷
2019年 9月 24日(火曜日) 09:42

島根県水産技術センターは、民間の加工業者などと共同で、天然ワカメの鮮度を保つ新しい保存技術の実証実験に成功した。ワカメは鮮度が落ちやすく、ストックしづらい問題があったが、これを解消することで、漁師や加工業者らの仕事の効率化や収益増につながると期待されている。同県隠岐地方の天然ワカメは、養殖モノより香りが高く肉厚なことから人気があり、最近は漁獲量も増え販売も好調。しかし、天然ワカメは一度に多く獲れても、鮮度が落ちやすいため、関係者は出荷した余りの扱いや獲りだめができないことに悩んでいた。

 
鳥取「ウェルカニ」キャンペーン開始 印刷
2019年 9月 24日(火曜日) 09:42

カニの水揚げ量日本一の鳥取県が「蟹取県ウェルカニキャンペーン」を展開している。県内の対象ホテルや旅館(161施設)に宿泊し、専用はがきなどで応募すると、抽選で毎月100人に旬のカニが当たる。鳥取県は平成26年に「蟹取県」に改名。水木しげるロードや大山、鳥取砂丘など県内11カ所の観光地のうち3カ所以上を回って写真をSNSに投稿すると、抽選でカニや名産品の詰め合わせが当たる「フォトラリーチャレンジ」も実施している。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 76 ページ