経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
大阪府
新元号 5月から特別カレンダー 予約殺到 印刷
2019年 4月 03日(水曜日) 18:37

「平成」に代わる新たな元号の決定・発表まで、あと4日となった。多くの人の関心が集まる中、関西でも企業などが準備に追われている。大阪市内にあるカレンダー業界最大手の「新日本カレンダー」では、毎年約300種類も製作している。2019年カレンダーでは、改元を控え、元号を入れずに作るなどの対策をしてきた。そんな中、改元を記念し、新元号を入れた5月はじまりの特別なカレンダーの制作を予定している。

 
知事と市長が辞職願 来月、大阪ダブル選 印刷
2019年 3月 11日(月曜日) 18:38

大阪都構想を巡り、住民投票の日程案が否決されたことを受け、松井知事と吉村市長が8日午後、辞職願を提出した。大阪では、来月、知事と市長のダブル選挙が行われる。松井知事は午後4時半ごろ、大阪府庁で府議会議長に対し、今月20日付の辞職願を手渡した。大阪市役所では、ほぼ同じ時刻に、吉村市長が市議会議長に対し、辞職願を提出した。

 
関空1000億円で大規模改修へ 万博向け 印刷
2019年 2月 18日(月曜日) 18:33

2025年の万博開催に向け、関西空港が、約1000億円を投じて空港の大規模改修を行うことが分かった。運営する関西エアポートによると、大阪・関西万博が開催される2025年までに、メインターミナルの改修に700億円、災害対策に300億円を投資して、大規模改修を行うという。メインターミナルの大規模改修は、開港以来、初めて。急増する外国人観光客に対応するのが狙いで、効率的に出入国できるよう保安検査の設備を改修するなどし、年間4300万人の受け入れが可能な空港を目指す。

 
健康活動に電子マネー、大阪府がサービスで医療費抑制へ  印刷
2019年 1月 25日(金曜日) 09:39

大阪府は10月、健康イベントに参加したりウオーキングしたりすれば、電子マネーや景品などと交換できるポイントを付与するサービス「アスマイル」を始める。18歳以上の大阪府在住者が対象。スマートフォンの専用アプリケーション(応用ソフト)または、専用の歩数計を使えば利用できる。健康習慣を根付かせ医療費の抑制を図るのが狙い。2021年までに30万人の利用を見込む。

 
大阪府が万博推進本部を設置 印刷
2019年 1月 01日(火曜日) 00:00

2025年国際博覧会(万博)の大阪開催に向け態勢を強化するため、大阪府は11日、松井一郎知事をトップとする「万博推進本部」を設置し、府庁で初会合を開いた。会合で松井知事は「万博は世界中の人が参加するビッグイベント。誘致に手を挙げて4年間で勝ち取ることができたのは、府市職員の高いポテンシャルがあったからだ。一人一人のスキルを高め、1970年大阪万博を超える、世界中を驚かせる万博を実現したい」と呼びかけた。

最終更新 2019年 1月 07日(月曜日) 18:16
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 14 ページ