経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
広島県
広島県立美術館で「大恐竜展」 印刷
2016年 8月 04日(木曜日) 10:48

県立美術館(広島市中区)で特別展「大恐竜展-よみがえる世界の恐竜たち」が開かれており、1階エントランスロビーに展示された全長約17メートル、高さ約6メートルのスピノサウルスの全身骨格をはじめ、迫力のある展示が人気を呼び、夏休みの土曜日となった30日も家族連れが大勢訪れた。研究者が化石を発見、発掘して科学的な研究を経て行う「復元」をテーマとしており、スピノサウルス、トリケラトプス、アロサウルスなどの全身骨格のほか、復元生体モデルも多数展示。

 
広島で日本初「船上ハイボールガーデン」 宮島をクルージング 印刷
2016年 7月 13日(水曜日) 11:58

日本旅行は7月29日、ハイボールを片手に厳島神社を海から眺めるナイトクルージング企画「船上ハイボールガーデンin宮島」を実施すると広島経済新聞が報じた。船をハイボールガーデン会場にする取り組みは日本で初めての試み。瀬戸内海の観光を盛り上げる「せとうちキャンペーン」を検討していた同社が、ハイボール需要を感じて企画した。

 
広島平和記念資料館でオバマ米大統領の「折り鶴」公開へ メッセージも同時展示 印刷
2016年 6月 20日(月曜日) 23:27

広島平和記念資料館(広島市中区中島町)で6月9日、先月広島を訪れたオバマ米大統領が自ら折った鶴4羽と核兵器廃絶に向けて記したメッセージの公開が始まったと広島経済新聞が報じた。展示場所は本館北側ギャラリー中央付近。ガラスケースを設置し、オバマ米大統領が広島を訪問した際に撮影した写真や直筆メッセージ、折り鶴4羽を展示する。このうち、2羽の折り鶴はオバマ米大統領が同館を訪れた際、小中学生に手渡したもの。

 
広島県知事「核兵器廃絶へ特別なインパクト」 印刷
2016年 5月 28日(土曜日) 14:22

オバマ米大統領の広島訪問が正式決定したことを受け、広島県の湯崎英彦知事は10日にコメントを発表した。「オバマ米大統領の広島訪問は核兵器廃絶に向け特別なインパクトがある」とし、核保有国の現職首脳として初めての広島訪問を評価した。そのうえで「世界中に希望を与える力強いメッセージをここ広島から発信していただきたい」との期待を示した。

 
原爆資料館の外国人入館者、過去最高の33万8千人 印刷
2016年 5月 09日(月曜日) 11:11

原爆資料館(広島市中区)は、平成27年度の外国人入館者が過去最高の33万8891人、入館者総数も過去5番目の149万5065人を記録したと発表した。4年連続で増加となった外国人入館者数は前年度比44.6%増加しており、志賀賢治館長は「円安のほか、原爆資料館で被爆の実相にふれた外国人らの口コミでの相乗効果、昨年が被爆70年だったことも影響したのかもしれない」と話した。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

7 / 12 ページ