経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
岩手県
大船渡の「ギークハウス」が古民家に移転 IT技術者にスローライフ提供 印刷
2016年 7月 21日(木曜日) 21:25

大船渡市にあるIT技術者向けシェアハウス「ギークハウス岩手大船渡」(大船渡市日頃市町)が市内の越喜来地区から移転して2カ月がたったと三陸経済新聞が報じた。昨年10月に越喜来の仮設住宅の一部を利用する形でスタートした同施設。プログラマーやデジタルコンテンツ系のクリエーターなど、IT系ノマドワーカーが集まるギークハウスとして岩手県内で初めて設立され、現在は内陸部の日頃市地区にある古民家を活用している。

 
岩手県、初のクマ出没警報 印刷
2016年 6月 28日(火曜日) 10:09

岩手県は23日、クマの出没による人身被害が県内で相次ぎ、夏場にかけて増加する恐れがあるとして、県全域に「ツキノワグマの出没に関する警報」を出した。警報発表は、2006年に発表要領を制定して以来初めて。19日現在、4月からの出没件数は1068件で、県が統計を取り始めた12年度以降、同期比で最多。人身被害は7件9人(前年同期6件6人)で、山林内だけでなく人里周辺でも襲われている。

 
いわて若者文化祭2016開催へ 「若者のチカラで岩手をアツく」 印刷
2016年 6月 06日(月曜日) 20:01

プラザおでって(盛岡市中ノ橋通1)を中心に 「いわて若者文化祭2016」が9月24日・25日、開催されると盛岡経済新聞が報じた。今回で3回目となる同イベント。今年は「POWER to IWATE 若者のチカラが岩手をアツくする2日間」をキャッチコピーに、「いわて国体・大会」のプレイベントとして開く。スポーツの枠を越えて新機軸の取り組みを展開する「国体・大会プラス」の一環でもあり、文化芸術分野を中心に活動し次世代を担う若者に発表の場を設けることで、活躍と交流を支援する。

 
賢治の世界キラッ「童話村」ライトアップ 印刷
2016年 5月 16日(月曜日) 23:33

宮沢賢治(1896~1933年)の生誕120年を記念し、岩手県花巻市の宮沢賢治童話村で29日、作品世界をイメージしたオブジェのライトアップが始まったと河北新報が報じた。童話村の「妖精の小径」や「山野草園池」に置かれたオブジェは約30個。発光ダイオードをステンドグラスなどで覆った。「銀河鉄道の夜」や「どんぐりと山猫」をイメージした高さ1~3メートルほどのオブジェが輝きを放ち、色とりどりの光で賢治の世界観を表現した。

 
盛岡城跡から岩手山、啄木も愛した眺め40年ぶり復活 印刷
2016年 4月 16日(土曜日) 00:04

盛岡出身の夭折の歌人、石川啄木が少年時代に愛した盛岡城跡の二の丸跡から望む岩手山の眺望の一部がほぼ40年ぶりに復活し、市民の目を楽しませていると産経新聞が報じた。これまで二の丸跡からは地上7階建ての岩手教育会館が立ち塞がり、岩手山が見えなかった。今回、老朽化に伴い教育会館が改築されることになり、建物が解体されて視界が開けた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

7 / 13 ページ