経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
秋田県
直径103mの大型風車を22基、秋田県で進む大型ウィンドファーム計画 印刷
2017年 7月 04日(火曜日) 18:56

秋田県が所有する日本海沿岸の保安林で、大規模な風力発電所の建設工事が進んでいる。設置する22基はGE製の風車を導入することが決まった。総出力は66MWで、年間4万世帯分の発電量を見込んでいる。GEリニューアブルエナジーは秋田県秋田市および潟上市に建設予定の「秋田潟上ウインドファーム」に導入する風車22基を、同プロジェクトのEPC業務を請け負う清水建設から受注した。

 
秋田「東北一の酒どころ」出荷量など3項目トップ 印刷
2017年 6月 13日(火曜日) 18:36
県は5日、日本酒造組合中央会がまとめた平成28年度の都道府県別の清酒出荷調査で、工場からの出荷量を示す「総課税移出数量」など3項目で、東北でトップになったと発表した。県は「名実ともに東北ナンバーワンの酒どころになった」としている。総課税移出数量で、秋田は4位(約2万890キロリットル)となり、昨年の5位から順位を上げた。
 
横手・酒造店の内蔵で朗読会 「江戸川乱歩の世界」テーマに 印刷
2017年 5月 22日(月曜日) 13:44
横手の酒造店「日の丸醸造」(横手市増田町増田七日町)で5月20日、朗読会「奇っ怪 江戸川乱歩の世界」が開かれると横手経済新聞が報じた。同酒造の文庫蔵として使われてきた内蔵は、1908(明治41年)年築で国登録有形文化財。内蔵での朗読会は2012年から始まり今回で6度目。
 
東北初 秋田県人口100万人割れ 昭和31年から26%減 印刷
2017年 4月 25日(火曜日) 19:44
県は21日、今年4月1日時点の県人口が99万9636人となり、前月から4674人減少し、100万人の大台を割りこんだと発表した。東北地方では初めてで、全国では10番目に少ない。県人口が90万人台になるのは昭和5年(1930年)以来87年ぶり。ピークだった昭和31年(1956年)の135万人から26%減少した。
 
ハタハタ漁獲量25%減 枠縮小検討も 印刷
2017年 4月 03日(月曜日) 13:35
秋田県や漁協で作る「ハタハタ資源対策協議会」が28日、秋田市内で開かれ、県内今期のハタハタ漁獲量(2016年9月~今年2月末)が833トンと、昨期に比べて約25%減ったことが報告された。県水産振興センターは、県内を含む日本海北部のハタハタの資源量について「増加傾向にはない」と分析。ハタハタ漁の長期的な持続には、漁獲枠の縮小を含めた見直しが必要だとの考えを示した。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

8 / 16 ページ