経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
秋田県
横手で「きりたんぽナイト」 きりたんぽの日に合わせ東京と同時開催 印刷
2016年 11月 16日(水曜日) 21:43

横手市のシェアスペース「石蔵ミライ」(横手市前郷一番町)で11日、秋田の郷土料理を楽しむイベント「きりたんぽナイト」が開かれたと横手経済新聞が報じた。主催は秋田県出身者でつくる首都圏在住者グループ「WE LOVE AKITA」。きりたんぽをいろりに立てて焼く様子が「1111」に見えることから、「かづのきりたんぽ倶楽部」(鹿角市)が制定した「きりたんぽの日」にちなんで開いた同イベント。同会場と「なまはげ銀座店」の2会場で同時開催した。

 
秋田で「イングレス号」発進 ローカル鉄道使い観光誘客の可能性探る 印刷
2016年 10月 23日(日曜日) 13:35

由利高原鉄道(由利本荘市)で11月6日、スマートフォンゲームのユーザー向け貸し切り車両「イングレス号」が運行されると秋田経済新聞が報じた。米ナイアンティック社が開発し、世界で数千万人が楽しむスマートフォンのGPS機能を活用した位置情報ゲーム「イングレス」。同ゲームの特長を生かした観光誘客の可能性などについて、秋田県観光戦略課の「ゲーム×自治体 観光誘客可能性調査事業」の委託を受けた「秋田イングレス活用研究会」が企画した。

 
秋田県湯沢市の国道13号「院内道路」が11月5日開通 印刷
2016年 9月 30日(金曜日) 09:15

国土交通省 湯沢河川国道事務所は14日、秋田県湯沢市上院内と下院内を結ぶ国道13号「院内道路」(延長3.0km)が11月5日に開通すると発表した。円滑な冬期交通確保や観光拠点間の速達性確保が期待される。秋田・山形県境の国道13号は災害による通行止めの発生頻度が高いうえに、周辺に代替道路がない。さらに周辺は豪雪地帯で運搬排雪による通行規制の発生など、国道13号の機能確保について問題があった。

 
クマ出没 秋田県が警報初発令 年末まで 印刷
2016年 9月 05日(月曜日) 21:33

秋田県は1日、クマの目撃や人が被害に遭った事故が相次いでいることを受けて、「ツキノワグマ出没に関する警報」を県内全域に発令した。期間は12月末まで。8月26日に県、市町村、猟友会などによるツキノワグマ被害防止連絡会議が発足し、警報発令制度の導入が決まったことによるもので、発令は今回が初めて。県内では、5~6月に鹿角市十和田大湯の山林でクマに襲われたとみられる男女4人が死亡。

最終更新 2016年 9月 05日(月曜日) 21:34
 
北ミサイル 「戦前なら応戦」「陸地狙ったのでは」 秋田知事が暴挙に憤り 印刷
2016年 8月 16日(火曜日) 21:38

北朝鮮のミサイルが3日、秋田県男鹿半島の西250キロの日本海に落下した事態に、秋田県では船舶や漁業関係者らが対応に追われるとともに、暴挙に憤りの声が上がった。秋田県では平成21年に長距離弾道ミサイルが上空を通過している。佐竹敬久知事は産経新聞の取材に対し「秋田沖にミサイルを撃ったことに怒りを覚える。戦前なら応戦する事態だ」と反発した。さらに「排他的経済水域(EEZ)を狙って撃ったのではなく、陸地を狙って届かなかった可能性もある。不測の事態が起きかねない緊迫した状況だった。政府はきちんと対処してほしい」と求めた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

10 / 16 ページ