経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
CRI
習近平国家主席が安倍晋三首相を歓迎=北京 印刷
2019年 12月 24日(火曜日) 10:27

图片默认标题_fororder_夜3图1

習近平国家主席は23日、北京の人民大会堂で、第8回中日韓首脳会議に出席するため中国を訪れた日本の安倍晋三首相を迎え、「双方の努力の下、両国関係は改善と発展に向かっている。重要なチャンスに恵まれる中で、中国は日本と密接な意思疎通を保ち、両国関係を新たなレベルに引き上げ、両国の人々により多くの幸福をもたらしていきたい」と示しました。

習主席はまた、「世界は百年に一度の大変革を迎えており、情勢の複雑化がますます進む中、より冷静な戦略的対応が必要で、全局面に注視する広い視野が求められている」と強調しました。その上で、「中日両国は実務協力の拡大に力を入れ、質の高い発展に向けて『一帯一路』の共同構築と第3国市場における協力を推し進める必要がある。また、人工知能(AI)や、ビッグデータ、モノのインターネット(IoT)などに関する互恵協力を強化する必要がある。さらに、よりレベルの高い互恵関係と共同繁栄に向けた、双方向に開放的で、公平性と透明性を備えた、差別の無いイノベーション環境づくりに取り組んでいく必要がある。このほか、文化、観光、教育の分野を含む人員と文化の交流、青少年の双方向交流の促進、地方間友好交流の拡大、東京五輪と北京冬季五輪を互いに支持してくことなどを通じて、両国民の友好の基盤をより強固なものにしていく」と強調しました。

图片默认标题_fororder_夜3图2

さらに、習主席は「より積極的かつ建設的な安全保障関係の構築に向けて、相互信頼性を強化していく。開放型世界経済の構築に向けて、多国間主義と自由貿易を擁護していく」と述べ、大国としての責任を果たす必要性を強調しました。

これに対して安倍首相は、両国関係の発展を評価した上で、「日本は、習近平主席の来春の日本への公式訪問を非常に重視している。新時代に適した両国関係づくりに努めていきたい。経済・貿易や投資、イノベーション、観光、文化、スポーツなどにおける中国との実務協力を拡大していきたい。また、中国と共に第3国市場における協力を推し進め、地域問題における意思疎通と協力を強化したい」との日本の立場を示しました。

 
中国 今年の漢字は「穏」 印刷
2019年 12月 23日(月曜日) 15:12

图片默认标题_fororder_J1

中国のネットユーザーが選ぶ、2019年の「今年の漢字」と「今年のフレーズ」が発表され、安定性を意味する「穏」と、「我和我的祖国(私と私の祖国)」が選ばれました。

今回は、ネットユーザーから数千以上に上る推薦の言葉が寄せられました。国家語言資源監測研究センターと複数のメディア・データベースが共同で、2019年に最も使用頻度と注目度の高い50語と100のフレーズを選出し、最終的に「穏」と「我和我的祖国(私と私の祖国)」が選ばれました。

今年、国内外から様々な試練に晒されても、中国人は依然として穏やかな心を保ち、安定した成長への自信を表してきた一年でした。「穏」という一字にはそれを示す感情と意志が満ちあふれています。

一方、今年は新中国成立70周年にあたり、『私と私の祖国』というタイトルの映画や書籍が沢山発表されました。また、このフレーズは長く歌い継がれてきた歌のタイトルでもあり、中国人の愛国心を強く表現しています。

そのほか、今年の「10大新語」「10大流行語」「10大ネット用語」なども発表され、生き生きとした言葉が、今年の世相や生活を描き出し、社会の変化を記録しています。

 
マカオ祖国復帰20周年の夕べ開催、習総書記が出席 印刷
2019年 12月 20日(金曜日) 10:36
マカオ祖国復帰20周年を祝賀する文芸の夕べが19日夜、マカオ東アジアスポーツ大会体育館で開催されました。習近平中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席がこの夕べに出席しました。
 
習主席18日からマカオ入り 復帰20周年式典に参加へ 印刷
2019年 12月 18日(水曜日) 16:00

習近平中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席がマカオ祖国復帰20周年記念の関連行事に出席するため、18日午後にマカオ入りし、空港でプレスリリースを発表する予定です。

中央広播電視総台(チャイナ・メディアグループ/CMG)傘下の中央テレビ局総合チャンネル、ニュースチャンネル、中国語国際チャンネル、中国国際テレビ局の各外国語チャンネル、中央人民ラジオ局「中国の声」、「グレーターベイエリアの声」、中国国際放送局(CRI)「ニュースラジオ」などが生中継を行うほか、中央テレビ局の公式サイト「央視網」とスマートフォン用アプリ「央視新聞」など中央メディアの主要サイトやニューメディアプラットフォームもリアルタイムでその様子を伝えます。

 
マカオに宇宙探索科学センターが設立 印刷
2019年 12月 17日(火曜日) 16:13

国家航天局がマカオに宇宙探索科学センターを設立し、その除幕式が15日、マカオ科技大学で行われました。

今回設立された宇宙探索科学センターは、中国の宇宙探索に関する国際協力の新たなプラットフォームとなるもので、マカオおよび広東・香港・マカオ・グレーターベイエリアの国際科学研究機関との協力を深めることを主な目的としています。

なお、マカオ科技大学は、2005年から大陸部で推進されている月探査プロジェクトに参加しており、香港・マカオ地域で早い段階から協力を行っている大学です。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

3 / 602 ページ