経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
CRI
<輸入博>日本通運「パートナー作りとビジネスチャンスに期待」 印刷
2019年 11月 08日(金曜日) 20:28

图片默认标题_fororder_同1

上海で開催中の第2回中国国際輸入博覧会には、日本から364社の企業が参加しています。総合物流事業者の日本通運は第1回から引き続き出展し、今年の展示面積は昨年の実に4倍となりました。

日本通運国際物流(中国)有限公司の滝口雅俊マネージャーはインタビューを受けた際、「昨年から、『一帯一路』の中欧鉄道を利用することで、新たなサービスを提供できるようになった。これは、日本通運の業務展開における方向性であり、今回の輸入博に参加するテーマの一つでもある」と紹介しました。

图片默认标题_fororder_同2

滝口マネージャーはまた、輸入博でつながった成果について、「昨年の出展では2000人を超える来客があり、その中から新たな案件の相談が進んでいる。中国のクライアントだけでなく、『一帯一路』沿線国家の企業や、政府関係者との交流もできた。新たな顧客層の獲得、協力関係の締結、パートナー作りという面で、大きな成果を収めたと考えている。今後は中国のお客様にもっと日本通運を知ってもらい、さらにビジネスを広げて、業務を前へ進めて行けるよう期待している」と強調しました。

日本通運は2018年末から、中国・欧州定期貨物列車「中欧班列(チャイナ・レールウェイ・エクスプレス)」を活用した国際鉄道輸送サービス「Eurasia Train Direct(ユーラシアトレインダイレクト)」を始めています。欧州を目的地とするものとしては、海上輸送と鉄道輸送を組み合わせた日本・欧州間の複合一貫輸送サービス「Eurasia Train Direct(Sea & Rail)」と、航空輸送と鉄道輸送を組み合わせた「Eurasia Train Direct(Air & Rail)」サービスを展開しています。初期は中国人向けの展開を行っていましたが、今年からは日本や東南アジアにも提供を始めたということです。

 
49基目の北斗衛星が打ち上げに成功 印刷
2019年 11月 07日(木曜日) 18:26

图片默认标题_fororder_2

49基目の北斗ナビゲーション衛星が5日、打上げに成功しました。5日午前1時43分、四川省の西昌衛星発射センターから運搬ロケット長征3号Bで49基目となる北斗ナビゲーション衛星が打ち上げられました。

これにより、北斗ナビ3号システムの傾斜対地同期軌道衛星3基の打ち上げが全て完了し、北斗衛星測位システムのグローバルネットワークの構築が新たな段階に入りました。

計画によりますと、中国が2020年までに北斗3号グローバルシステムの建設を全面的に完了することを目指して、今後6基の北斗3号衛星を打ち上げる必要があるとしています。

また、今回は運搬ロケット「長征」が実施した317回目のミッションとなりました。

 
<輸入博>第2回虹橋国際経済フォーラム開催 印刷
2019年 11月 06日(水曜日) 17:28

第2回中国国際輸入博覧会の重要な一部として位置づけられている、第2回虹橋国際経済フォーラムが「開放・イノベーション、協力・ウィンウィン」をテーマに5日午後、上海国家会展中心(国家エキシビション・ コンベンションセンター)で開かれました。

中でも、分科会「開放、規制とビジネス環境」の参加者らが中国のビジネス環境をポジティブに評価し、国際投資の促進に向けたイノベーティブな解決案をめぐり、ディスカッションを行ないました。

ピーターソン国際経済研究所のゲイリー・クライド・フーバウアーシニア研究員は、中国がビジネス環境の改善に向けた努力を評価したうえで、「外国の企業と中国の企業、国有企業と私営企業がいずれも公平に協力を展開し、また、レギュレーションにおいても公平な競争環境にあることは、非常に重要である。この点において、来年1月1日から実施される『外商投資法』が、こういった面における中国の取り組みを表している」と述べました。

また、フォーチュン・グローバル500にランキングされている米国の多国籍企業、3M社のCEO(最高経営責任者)であるマイク・ロマン氏は、安定・公平・透明・開放である中国のビジネス環境を称え、「人材面での大きな強みも外資を引き付け、外資が安定的に企業活動を展開するうえでの重要な要素だ」と指摘しました。

 
<輸入博>習近平主席、林鄭香港特区行政長官と面会 印刷
2019年 11月 05日(火曜日) 16:51

图片默认标题_fororder_图A

習近平国家主席は4日夜、第2回中国国際輸入博覧会に出席するため上海入りした香港特別行政区の林鄭月娥行政長官と面会しました。

習主席は、香港のこのところの情勢について林鄭行政長官の報告を受けた後、「逃亡犯条例の改定による騒ぎが5カ月も続いているが、長官をはじめとする特区政府は職務を忠実に履行し、情勢の安定や世の中の調和に努め、かなりの厳しい仕事を成し遂げた。中央は行政長官を大変に信頼し、長官やそのグループの仕事を高く評価する。暴力を中止し情勢を安定させ、秩序を回復することがやはり現在の最も重要な任務だ。法律に基づいて暴力を制止し、取り締まることは、香港の多くの市民を守ることそのもので、揺るぐことはできない。同時に、社会各界との対話や暮らしの改善などをしっかり実施すべきだ。香港各界は、『一国二制度』の方針と基本法を全面的かつ正しく徹底実行し、一致団結して繁栄と安定を守るよう希望する」と述べました。

 
<輸入博>出展各社とバイヤーを結ぶ交流会を実施 印刷
2019年 11月 01日(金曜日) 14:26

まもなく開催される第2回中国国際輸入博覧会で、今年も大規模な需給交流会が6日から8日にかけて行われます。出展各社とバイヤーが適切なビジネスパートナーを見つける場であり、今回は前回より規模を拡大し、また交流の方法も多様化したものになります。

この交流会の事務局の責任者である曹佩氏によりますと、現在準備作業が順調に進んでおり、90ヵ国が参加を申し込んでいるとのことです。大手のバイヤーが増え、専門化が進み、分野も広範囲にわたっており、登録者数は50万人を超え、うち3割以上は製造業となっています。

また今回は、会場内の映像を国内8都市に配信し、参加できない企業やバイヤーはビデオを通じて商談することができます。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

9 / 602 ページ