経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

秋元国際奨学財団

バナー
教育CSRに熱心に取り組んでいるベンチャー企業がある。中古不動産の再生事業を展開している㈱アルデプロだ。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。
バナー

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー

アンケート

日本について、一番興味を持っていることは?
 
Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

TOHO-NEWS

オススメ
最新記事

体力、女子が最高更新 握力とボール投げは低迷 スポーツ庁

スポーツ庁は13日、小学5年と中学2年を対象にした2017年度の「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」(全国体力テスト)の結果を公表した。各種目の結果を点数化して合計した「体力合計点」が、女子は小中とも08年度の調査開始以来最高を更新。男子は小中とも横ばいだった。調査は17年4~7月、全国の小5と中2のほぼ全員に当たる約208万人を対象に実施した。女子の体力合計点の最高更新は小5が4年連続、中2が3年連続。小5は8種目中4種目、中2は9種目中7種目が過去最高だった。...

河川で酒気帯び操縦禁止、東京都が条例改正案を提出へ

東京都は14日、都内の河川や運河を航行するプレジャーボートなどに新たな規制を設ける都水上取締条例の改正案を21日からの都議会に提出すると発表した。小型船舶の酒気帯び操縦を禁止する規定を盛り込んでおり、都によると、可決されれば全国初という。同条例は1948年に施行されたが、これまでほとんど改正されてこなかった。警視庁によると、高性能の水上バイクやモーターボートなどの普及や、飲酒やマナー違反による事故の増加もあり、利用者らから規制強化を求める声があがっていた...

奨学金破産、過去5年で1万5千人 親子連鎖広がる

国の奨学金を返せず自己破産するケースが、借りた本人だけでなく親族にも広がっている。過去5年間の自己破産は延べ1万5千人で、半分近くが親や親戚ら保証人だった。奨学金制度を担う日本学生支援機構などが初めて朝日新聞に明らかにした。無担保・無審査で借りた奨学金が重荷となり、破産の連鎖を招いている。機構は2004年度に日本育英会から改組した独立行政法人で、大学などへの進学時に奨学金を貸与する。担保や審査はなく、卒業から20年以内に分割で返す。...

麻生財務相 在任戦後1位に 1875日、宮沢氏の記録抜く

麻生太郎財務相の在任期間が12日、戦後歴代1位となった。在任期間は1875日に上り、1980年代から2000年代に複数回、財務相(蔵相)を務めた宮沢喜一氏(1874日)の記録を塗り替えた。麻生氏は、在任期間中に6度の予算案を編成したほか、法人税の実効税率20%台への引き下げなど、成長志向の税・財政改革に取り組んできた。...

庁舎など防災拠点周辺の無電柱化強化

東京都は9日、「(仮称)東京都無電柱化計画」の素案を発表した。2018年度からの10年間の都の基本方針などを示したもので、東京都無電柱化推進条例に基づいて策定された。23日までパブリックコメントを募集。今年度内に策定する。防災上重要な拠点周辺の都道無電柱化の強化、都道だけでなく区市町村道での支援や、都市開発諸制度を活用した開発者への無電柱化によるインセンティブ付与などが盛り込まれた。...

選択的夫婦別姓「容認」4割超 「必要ない」は3割切る

作家の石牟礼道子さん死去 90歳 「苦海浄土」

NHK受信料、19年度値下げ「検討を」 野田総務相

原発事故避難者訴訟 東電に11億円の賠償命令 東京地裁

北朝鮮非核化へ圧力継続 韓国に警戒促す 安倍首相とペンス米副大統領が会談

辺野古埋め立て工事、6月にも着手 政府方針

北陸で大雪、ヤマトが集配送を中止 腰の高さまで雪が…

住宅街でガス爆発、1棟全壊3人けが 爆風で19棟被害

JAXA 最先端の宇宙技術紹介 科学探査交流棟が開館 

JAXA最小級ロケット成功 人工衛星打ち上げ 再挑戦で

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

北海道地方

オススメ
最新記事

アイヌ文化ツアー4割増 中央バス系旅行会社、今年バス企画100本

北海道中央バス系列の旅行会社シィービーツアーズ(札幌)は今年、アイヌ文化をテーマにしたバスツアーを昨年より4割増やし、100本程度実施する。2020年にアイヌ文化復興の拠点「民族共生象徴空間」が胆振管内白老町に開設されることもあり、アイヌ文化への関心が高まっていると判断した。...

北海道信金、営業を開始 預金1兆円台、道内首位

札幌信用金庫(札幌)、北海信金(後志管内余市町)、小樽信金(小樽)の3信金が合併して「北海道信用金庫」(札幌)が誕生し、4日午前、営業を始めた。預金量は信金で道内初の1兆円台に到達。経営基盤強化とコスト削減を進め、人口減少や日銀のマイナス金利政策による厳しい経営環境下で生き残りを図る。合併は1日付。4日午前7時45分から、札幌市中央区の本店前で記念式典が開かれ、高橋はるみ知事や札幌市の秋元克広市長ら約100人が出席した。...

北海道松前沖漂着 道警、窃盗容疑で 被害額790万円

北朝鮮の木造船が漂着した北海道松前町の無人島・松前小島の漁業関連施設の備品などがなくなった問題で、道警が窃盗の疑いで、木造船に乗っていた北朝鮮国籍の船員を逮捕する方針を固めたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。9日にも逮捕する。...

新千歳国際線ビル拡張工事で安全祈願祭

新千歳空港ターミナルビルディング(千歳市)は9日、国際線ターミナルビル拡張工事の安全祈願祭を同ビル南側の増設予定地で行った。東京五輪が開かれる2020年に完成予定。 総工費は650億円。外国人観光客の増加に対応するため、国際線ターミナルビル(地上4階・地下1階、延べ床面積約6万平方メートル)を南側に増築し、床面積は計約12万平方メートルにする。駐機場は現在の6カ所から9カ所とする。...

道内最大規模「きたみ菊まつり」始まる

北見で道内で最大規模といわれる菊まつりが始まった。今年で65回目となる「きたみ菊まつり」は菊の花およそ1万5000鉢が展示される道内では最大規模の菊まつり。花は市の栽培センターや農家、愛好家が丹精込めて育てたもの。会場には恒例の大河ドラマのシーンを再現した菊人形も並び、祭りを盛り上げている。地元の特産品が並ぶ物産展やフードコーナーなどイベントも多彩なきたみ菊まつりは北見駅南多目的広場などで29日まで。...

秋サケ漁、記録的不漁だった前年の半分 道内序盤の漁獲量

直下型地震を想定 総合防災訓練

札幌円山動物園でナイトウォッチング企画 星空観察会や音楽ライブも

北海道観光振興機構と航空会社4社、鉄道会社2社が共同で「生HOKKAIDO」キャンペーンを展開

全国初、太陽光発電テント納入 北海道・上砂川町

記録的大不漁だったスルメイカ漁 今季"初水揚げ" 去年の2倍近くに 北海道函館市

苫小牧のIR候補地を高評価 カナダの投資会社クレアベスト来苫

アイヌ民族の文様デパートの紙袋に 札幌丸井三越がデザイン一新「北海道に根差す」PR

国立アイヌ民族博物館基本設計公表 17年度着工、地上3階建て

新幹線効果顕著、五稜郭タワー10年ぶり100万人台確実

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

東北地方

オススメ
最新記事

鮮魚 福島県沖の「常磐もの」ヒラメ 今春にもタイへ輸出

「常磐もの」として人気の高い福島県沖のヒラメを今春にも、鮮魚としてタイへ輸出する計画を、福島県と漁業関係者らが進めている。実現すれば、東京電力福島第1原発事故から初めての県沖の鮮魚の輸出となり、県は安全性や高い品質をアピールできると期待する。 県によると、相馬市の松川浦漁港で水揚げされたヒラメを空輸し、現地の日本食レストランですしねたなどとして提供してもらおうと、現地関係者らと交渉しているという...

大玉サクランボを開発 サクランボの新品種「C12号」

山形県が大玉サクランボの開発に成功した。500円玉ほどの大きさで、世界でも最大クラスという。今秋にも農家へ苗木の供給を始め、2022年ごろから出荷・販売する予定だ。新品種「C12号」は県が開発した「紅秀峰」などを交配させてつくった。酸味が少なく、すっきりとした甘さが特徴。果肉もしっかりしているため、鮮度を保ったままの長時間輸送にも耐えることができ、県は輸出も視野に入れている。...

秋田・横手で「スポーツ雪よせ」世界大会、今年も 参加者募集 

「スポーツYUKIYOSE世界大会2018 inよこて」実行委員会が現在、横手市内で2月25日に開催予定の大会参加者を募集していると秋田経済新聞が報じた。過疎・豪雪地域の「雪よせ」に対する若者のボランティア参加へ向けた啓発などを目的に、「やっかいものである雪を活用したスポーツイベント」として横手市内で開かれる同イベント。...

石ノ森章太郎氏、生誕80周年 石巻・萬画館で特別企画展開幕 第1弾「ジュン展」

石ノ森章太郎氏(1938~98年)の生誕80周年を記念したイベントが25日、石巻市中瀬の石ノ森萬画館で始まった。2階の特別企画展「石ノ森章太郎とジュン展」をメインに、3階には漫画家たちから石ノ森氏に届いたお祝いの色紙を展示。石ノ森氏が日本の漫画界や漫画家らに与えた影響の大きさを浮き彫りにしている。...

「もりおか映画祭」2年ぶり開催へ 「ミステリー映画祭」から通算20回目

「もりおか映画祭2018」が2月17日・18日、盛岡市内映画館などで開催されると盛岡経済新聞が報じた。同イベントは盛岡市の中心市街地の活性化、映画文化の継承・発展に加え、市民が映画をきっかけに一体となって盛り上がることを目的に始まったもの。2015年を最後にイベントが一時休止となり、今回は2年ぶりの開催。...

人気上昇中 皮ごと食べられる大粒ブドウの「シャインマスカット」

「常磐もの」福島県産ヒラメ海外へ 3月にもタイへ初輸出

新八峰名物「白神あわび」 旧校舎活用、養殖に力

仙台空港の出入国者3割増

復興への祈りを込め 伝統の「黒森神楽」舞い立ち 宮古市

東京・新橋ビル壁面に、リアル青森PR動画

福島県産リンゴ輸出目指す JAベトナム研修団、ジェトロ働き掛けへ

北木造船 海岸美化費で撤去へ 山形県、廃棄物扱い

秋田で「運転代行アプリ」の運用始まる 安心利用できる環境づくり目指し 

仙台の冬の風物詩「光のページェント」開幕 「みんなで灯す、心の明かり」テーマに

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

関東地方

オススメ
最新記事

東南アジアの訪日観光客に照準 神奈川県、ハラルビジネス支援強化

増加傾向にある東南アジア圏からの訪日観光客をターゲットに、県はイスラム教の戒律に沿った「ハラルビジネス」への支援を進めている。インバウンド需要の一層の拡大が見込まれるものの、一般の観光施設、飲食店などでは対応に苦慮する例もあるのが現状。慶応大と連携し、もてなしを学ぶ研修会を充実させる一方、ムスリム(イスラム教徒)向けの飲食店ガイドも提供し、双方の敷居を下げて誘客の旗振り役を担う考えだ。...

五輪関連8100億円計上 大幅増加、計2兆円超

東京都は1月26日、2020年東京五輪・パラリンピックの「大会関連経費」として、新たに約8100億円を計上すると発表した。これまで公表されていたのは都と国、大会組織委員会が試算した「大会経費」の1兆3500億円のみで、東京大会を開催するための経費は大幅に増え、現時点で約2兆1600億円に達することになった。...

千葉県17年の人口 5年連続で転入超過

総務省が29日発表した住民基本台帳に基づく2017年の人口移動報告によると、千葉県の転入超過は前年比0.8%増の1万6203人となった。転入者が転出者を上回るのは5年連続。再開発が進む県北西部で若いファミリー層の転入が続くほか、東京湾アクアライン周辺の人口も増加。一方で県南部や外房地域は人口流出に歯止めがかからず、地域間格差は一段と広がった。...

草津白根山火山喷发 温泉街没有收到损害

草津白根山本白根山火山喷发后,草津温泉街相关的不好的舆论扩大。为此,县政府的1月26日向该町派遣了职员。旅馆组合和观光协会前往当地听取了意见。县政府表示,今后将正确掌控信息发送。当天还向日本政府提交了希望书。...

「ここは本当に埼玉か」 氷点下9.8度 転倒や水道管凍結

強い寒気の影響で冷え込みが厳しくなる中、1月26日のさいたま市の最低気温は氷点下9.8度、越谷市も氷点下7.5度を記録し、観測史上最低を更新した。県内各地で22日に降った雪が残り、気温の低下で路面が凍結し、歩行者の転倒事故が相次いでいる。水道管が凍結し、利用できない世帯も出ている。...

草津白根山噴火 温泉街「現状被害なし」 風評払拭へ県一丸、国にも要望

自転車と住める部屋完成 宇都宮

五輪客輸送へ茨城県連絡調整会議が初会合 日韓W杯事例など紹介

神奈川県、災害時協力で段ボール団体と協定

50億円規模のベビーシッター補助制度 東京都新年度予算案

高速バスで鮮魚輸送 空きスペース活用、収益増へ ちばシティバスと東安房漁協

3月にも入館者1千万人達成か 新館建設、今夏オープン予定

「高崎だるま市」に35万人 SC・百貨店もにぎわう 

鹿沼に「復興食堂ゆめ広場」開店 岩手・三陸の海産物提供

県内、増える企業主導保育所 37カ所、国の助成事業活用

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

甲信越地方

オススメ
最新記事

長野五輪20周年で県民アンケート 9割近く肯定的評価 交通機関整備と知名度向上

1998年の開催から7日で20年を迎える長野冬季五輪について、県民の9割近くは肯定的に捉えていることが、県世論調査協会のアンケートで分かった。公共交通機関の整備が進んだ上、五輪開催地として国際的な知名度が高まったことなどが主な理由。長野五輪に対する評価を聞いた設問では、「良かった」との回答が57.5%と半数を超え、「まあ良かった」も30.4%あった。一方、「良くなかった」「あまり良くなかった」は、それぞれ0.5%、1.9*%で、否定的な評価は3%に満たなかった。-...

オリエンタルランドが北杜にハウス農園 日照量魅力、相次ぐ企業進出

東京ディズニーリゾート(TDR)などを運営するオリエンタルランドは1月31日、北杜市大泉町にトマトなどを栽培する直営農場「北杜農園」を完成させ、内覧会を行った。環境管理システムによる屋内栽培で、年間を通じて高品質な野菜の安定供給を目指す。耕作放棄地などを有効活用。市内から30人を雇用する。同社の農園は北海道弟子屈町、千葉県袖ケ浦市に次ぎ3カ所目。...

佐渡1万世帯断水 復旧いつ 住民いらだち コインランドリーで行列も

日本列島を襲った寒波の影響で、佐渡市はかつて経験のない「大断水」に見舞われた。水道管が破損し、1月29日午前8時時点で約2万4千の全世帯のうち1万656世帯が断水。金井、佐和田、真野の各地区では2千世帯に迫るなど断水は広域にわたった。市民らは、災害派遣要請を受けて出動した自衛隊の給水で何とかしのぎながらも、夕方になっても復旧のめどが立たず、いらだちは募った。...

長野県の飯田水引コンテスト、2年ぶり開催

飯田・下伊那地方の伝統工芸「飯田水引」を使ったアクセサリーや飾り物などを対象にした「飯田水引コンテスト」が4月、2年ぶりに開催される。新たに「ギフト部門」を設け、贈答品に添える飾り物を募集する。ライフスタイルの変化で需要が低迷する水引産業の活性化につなげる。飯田水引協同組合(飯田市)や南信州・飯田産業センター(同)などでつくる実行委員会が主催する。...

「ふるさと納税」富士吉田市快走 12月末で寄付金16億円超、前年度2倍

富士吉田市の堀内茂市長は10日の記者会見で、今年度の「ふるさと納税」による寄付金額が、昨年12月末に16億円を超えたと発表した。早くも過去最高の平成28年度(通年で約7億6643万円)を更新し、2倍強の水準に達した。返礼品目を増やし、全国の自治体の返礼品を紹介するポータルサイトへの参加を増強した。...

大雪、魚沼160センチ、新潟68センチ 平年上回る積雪

長野県内企業、設備投資へ旺盛な動き

ワイン生産・出荷は山梨県トップ 昨年度調査 ワイナリー数も81軒

新潟市HPを一新 街の情報探しやすく

シナノケンシがロボット分野に本格参入へ・2製品を発表

乗り心地向上 スーパーあずさ新型車両を公開

新潟で蓮池薫さん講演「北朝鮮は追い込まれている」

日本電産、ロボット部品生産12倍 長野県に新工場

富士河口湖で「紅葉まつり」 紅葉トンネルや夜間ライトアップも 

新潟知事、原発再稼働で東電にクギ 「安全なくばイエスなし」

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

東海地方

オススメ
最新記事

小中学生のケータイ所持急増 三重県教委、SNSでのいじめ防止へ啓発リーフレット配布

県内でスマートフォンなど携帯電話を持つ小中学生が急速に増えていることが、県教委の調査で分かった。小学生の所持率は50.3%、中学生は73.2%と、この3年間でそれぞれ10ポイント程度上昇した。県教委は「動画投稿サイトやSNSの影響」と分析。犯罪被害やSNSを通じたいじめ、有害情報へのアクセスを防ぐため、子供や保護者への指導と注意喚起を強化する考えだ。...

丰田公司的测试跑道明年春季投入使用

丰田汽车公司表示,爱知县丰田市和冈崎市之间的山谷中大型测试跑道2019年4月开始-2013年之间渐次使用。有团体抗议称建设这样的工程将会影响到濒临物种的生息,因此采取了反对措施,为此,处于环境保护的考虑,从14条线路减少到了11条。原定2012年使用,目前已经大幅迟缓。测试地区距离丰田市中心地区15公里的山林里,占地面积为东京球体型田径场的140倍,350公顷面积。...

进口出口时隔2年增加 2017年的清水港口 货运活跃

名古屋关税清水关税分署公布的2017年清水港口贸易概况显示,出口额比去年增加了6・0%,为1兆8533亿日元。进口额增加10・0%,达到9475亿日元,时隔2年增加。出口总额为雷曼危机时大幅减少的2009年以来最高水准。差距额度增加2・2%,超过9057亿日元,连续3年增。...

郡上开工建设太阳能发电所 这将是国内最大规模的发电容量

从事大规模太阳能发电所建设事业的Pacifico energy公司2月2日宣布,已经开始在郡上市美並町上田高尔夫球场遗迹建设太阳能发电所。发电容量一般家庭约1万2千户的电力相当的55兆瓦,预计国内最大规模。2019年7月份力争运转。...

トヨタ、愛知のテストコース来春稼働へ 環境に配慮

トヨタ自動車は、愛知県豊田市と岡崎市の山あいにつくる大型テストコースを2019年4月から23年にかけて順次使い始めることを明らかにした。絶滅危惧種の生息などを理由にした反対運動にあい、環境への配慮からコースを14本から11本に減らした。稼働の時期も目標だった12年から大幅に遅れる。トヨタがつくるのはテストコースや実験棟など。豊田市中心部の本社から15キロほど離れた山林に、東京ドーム140個分の350ヘクタールの敷地を確保する。...

輸出入2年ぶり増 17年の清水港、荷動き活発化

郡上でメガソーラー着工 県内最大の発電容量

福島県産食材、食べよう 大震災復興を応援 三重県庁食堂でキャンペーン開始

振り袖姿の164人が弓始め 名古屋・愛知県護国神社

子育て家庭、お魚いかが 戸田漁協の移動販売

スマホで即時口座決済 大垣共立銀が2月開始

「国際忍者学会」設立へ 三重大、来年2月に総会 国内外の研究者と議論を

オフィスで ボッチャ イン ナゴヤ

観光誘客へ連携 浜松で「湖サミット」

信長居館跡にカラフルな石敷いた池 発掘調査で発見

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

近畿地方

オススメ
最新記事

ベンチャー企業開発「グラフィットバイク」を和歌山県が公用車として導入

和歌山県が9日、新たに導入する公用車を発表した。2輪車、電動のバイク。地元・和歌山のベンチャー企業が開発したもので、インターネット上で投資を募ったところ、国内最高額となる約1億2000万円以上集まったという全国からも注目されているバイク。...

ホテルを兼ね備えた市役所の新分庁舎 業務開始へ

ホテルを兼ね備えた複合施設として完成した橿原市役所の新しい分庁舎が、報道関係者に公開された。分庁舎は近鉄八木駅前に建設された複合施設「ミグランス」の1階から4階を使う。広い交流スペースを設けた1階には市民窓口課が新設され、住民票や戸籍のほか様々な証明書を取ることができ窓口サービスの向上が図られる。10階には3方向に眺望が開けた年中無休の展望施設があり、大和三山を見渡すことができる。...

兵庫県内のイノシシ被害、2年連続で全国最多

イノシシにかみつかれたり、突進されたりしてけがをした人身被害で、兵庫県が2016年度、17年度(11月末まで)の2年連続で全国最多を記録していることが8日、環境省への取材で分かった。17年度は2番目の岐阜、京都などが3件にとどまる中、兵庫は13件と突出。山と市街地が近い神戸・六甲山付近で多発している。近年、京都市の繁華街など都市部でのイノシシ目撃が増えており、専門家は「個体数が増えており、繁殖期の真冬が最も危険」と警戒を促す。...

大阪万博誘致へ 超党派議連発足 大阪府に続き、市議会も

2025年国際博覧会(万博)の大阪誘致に向け、大阪市議会の議員77人が9日、超党派の万博誘致推進議員連盟を発足させた。国内機運の醸成を高める活動や全国の地方議員らへの働きかけなどを強化する。議連は市議会の大阪維新の会と自民党、公明党の3会派が中心となり、共産党(9人)を除く全議員が参加した。...

AIロボと動物談義を NTTなど実証実験 

NTTは京都市動物園(左京区)の来園者がロボットと対話する実証実験を同園で始めた。人工知能(AI)技術を活用し、人間と雑談を交えながら対話を続けるのが特長で、将来の実用化に向けた検証を行う。ロボット本体は大阪市のベンチャー、ヴイストンが製造し、AI技術はNTTコミュニケーション科学基礎研究所が開発した。実証実験では、同園で人気の動物10種類のどれかをテーマに選べば、ロボット2体と数分間会話を楽しめる。...

2月は「忍者月間」の巻 職員ら油日神社清掃 甲賀市、PRイベント計画

カジノ生かした観光議論 和歌山市内でシンポ

民泊営業で住居専用地域を制限 奈良市、県と相反する方針

タカ、姫路城背に大空舞う 鷹狩り復活へ「放鷹術」

万博誘致、地域ごと展開へ ブロック担当に重鎮ら 自民

京都観光、ランニングで コーチ伴走、市内22キロ踏破

琵琶湖の水草で鉄の5倍強度 滋賀県で新素材製造成功

トルコ軍艦遭難で義援金 山田寅次郎の伝記出版

カラフルな古代衣装で華やかに執務 奈良・橿原市議会

有機農産物の直売で活性化へ 兵庫・播磨科学公園都市の施設「光都プラザ」

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

中国地方

オススメ
最新記事

セブンイレブン、山口県光市でも移動販売開始

セブン-イレブン・ジャパンは8日、移動販売車「あんしんお届け便」を山口県光市でも開始したと発表した。同社が山口県内でこのサービスの運用を行うのは初めて。同日から「セブン-イレブン光市三井店」で開始する。あんしんお届け便は、2011年5月に茨城県で開始し、現在は1道28県56台が稼働している。...

AIやIoTで連携 広島県とソフトバンク サービス開発や社会の課題解決

広島県とソフトバンクは1月30日、広島県庁で人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながる「IoT」の活用促進に向けた連携協定を結んだと発表した。ソフトバンクのプラットフォームに、広島県内の自治体や企業、大学などが持つデータを集めて掛け合わせる。新たな商品やサービスを生み出したり、社会の抱える課題を解決したりすることを目指す。...

赤字31路線を一斉廃止へ バス会社、規制緩和に抗議

各紙によれば岡山県を中心にバス事業などを営む両備グループは8日、傘下2社の78路線のうち赤字31路線を一斉に廃止すると、国土交通省に届け出たと発表した。割安運賃を売り物にする他社が、両備の数少ない黒字路線への参入を計画。国も認める見通しとなったのに抗議する、異例の「実力行使」に踏み切った。地域住民の足への影響が懸念される。...

平昌五輪に鳥取からチャーター便

平昌オリンピックの開催に合わせ9日、鳥取空港から韓国の襄陽国際空港に向けチャーター便が出発した。9日鳥取空港に姿を現したチャーター便。平昌オリンピックの開催に合わせ鳥取県などが企画したもので、韓国の襄陽国際空港に向かう。このチャーター機には、平昌と友好交流を続けている鳥取県若桜町の交流団や鳥取県が派遣する文化公演団「桜道里」のメンバーが搭乗し、出発前に記念撮影なども行われた。...

棒持ち伝統の「石がま漁」 湖山池で住民らフナなど捕る

江戸時代前期から続くとされ、鳥取県指定無形民俗文化財になっている伝統的な漁法「石がま漁」が、鳥取市の湖山池で行われ、地域の住民らが棒で追い込む独特の漁法でフナなどを捕った。石がまとは、湖岸から数メートルの場所に大小の石で築いた石積み。釜を伏せたような形から名付けられたという。底部に魚道があり、石のすきまから5メートルほどもある松の棒で底をつつき、湖岸側に設けたいけす「ドウカン」に魚を追い込んで捕る。...

山口県萩市に21MWのメガソーラー完成、7730世帯分の電力に

交通系ICカードで交通機関と店舗を連携

戦中戦後の「ひもじさ」知って 岡山空襲展示室で企画展始まる

古墳時代の金銀装飾大刀、一堂に 松江・風土記の丘で権威の象徴30点展示

美しい星空“星取県”へ、推進特命チームが発足 条例制定受け 

周南・新駅ビルオープンデッキ クリスマス・イブに開放

「うさぎの島」で知名度アップ 広島・竹原市の大久野島桟橋に観光案内所  

“天空の山城”大掃除 備中松山城本丸、1年間の汚れ落とす

小学校にコウノトリ巣塔設置 飛来が相次ぐ島根・雲南

米子の農家で白ネギ「伯州美人」本格出荷 柔らかさと甘さ特徴

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

四国地方

オススメ
最新記事

愛媛県西条市が「2018日本ICT教育アワード」に決定

全国ICT教育首長協議会は1月30日、「全国ICT教育首長サミット」を東京国際交流館で開催した。第2回を迎えた同サミットでは、全国ICT教育首長協議会のモデルケースとしてふさわしく、首長の主体的な行動がその地域の教育課題を解決し、ICT教育導入の進んでいない他の地域でも展開できる取り組みを顕彰する「2018日本ICT教育アワード」には、西条市の「ワクワク度日本一に向けたICTを活用した『スマートシティ西条』」が決定した。...

香川県教委 「部活動指導員」を配置 教員の負担軽減へ

...

街をLEDで色とりどりに 徳島県庁など4エリア 9日からデジタルアートフェス

発光ダイオード(LED)を使った芸術作品で彩る「とくしまLED・デジタルアートフェスティバル」が9日から徳島市中心部で開かれる。シンボルとなる作品は、同市出身の猪子寿之さんが代表を務める「チームラボ」が制作し、シンボルの作品は、新町川(藍場浜公園)、城山公園、万代倉庫、県庁の4会場で楽しめる。...

高知県、月島機械と契約 バイオガス発電で20年

高知県は16日、下水処理場の高須浄化センター(高知市)で下水汚泥を減量化する際に発生するバイオガスを使った発電事業で、月島機械と契約を結んだと発表した。下水汚泥を利用したバイオマス発電は同県では初めてで、地球温暖化の防止などに役立てる。県は月島機械にセンター用地の一部を貸し出し、同社は自社投資で発電施設を建設する。...

西予市宇和町に風力発電所8基建設へ 8千世帯分の電力

大和ハウスグループの大和エネルギー(本社・大阪市阿倍野区)は19日、愛媛県西予市宇和町に風力発電所8基(発電出力16メガワット)を建設すると発表した。22日に着工し、来年11月の発電開始を予定している。想定する年間発電量は3万5千メガワット時で、一般家庭約8千世帯分の消費電力に相当する...

冬風そうめん色白に 小豆島「極寒づくり」最盛期

AIで文書要約 審議会議事録も 徳島県が実証実験第2弾

紀貫之から吉田類まで 高知県立文学館で「酒と文学展」

観光列車結び四国周遊 JR、来春ツアー発売 第1弾テーマ 桜や幕末維新

高松で「全国年明けうどん大会」 うどん大喜利や台湾との交流ブースも

おせちの定番「レンコン」出荷 徳島・鳴門市

JICAの研修員が高知の防災を視察

「しまなみ海道が世界の中心に」 駐日伊大使、自転車レース開催を愛媛知事に提案

空海ゆかり「ボタン」で町おこし 善通寺市

クリスマスを飾る「ポインセチア」出荷 小松島市

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

九州地方

オススメ
最新記事

ザトウクジラ、来遊ピーク 鹿児島県・奄美大島

冬場にザトウクジラの繁殖海域となっている鹿児島県の奄美大島近海で、クジラの来遊がピークを迎えつつある。鯨類調査を兼ねたホエールウオッチングも催され、迫力ある姿にツアー客の大歓声が上がる。ツアーには島内外から観光客が参加。クジラの親子連れの姿も確認でき、海面をジャンプしたり、胸びれで海面をたたいたりするたびに喝采を送る...

キンカン、たわわに実る 宮崎で収穫最盛期

甘みが強く、皮ごと食べられる手軽さで人気のキンカンが収穫の最盛期を迎えている。宮崎県美郷町のビニールハウスでは、鮮やかなオレンジ色のキンカンがたわわに実り、一つひとつ手作業で収穫されていた。JA日向などでは大きさや糖度によってブランド名「たまたま」や「たまたまエクセレント」として出荷している。収穫作業は3月末ごろまで続き、九州各県や関西、関東へも出荷される。...

大分「宗麟大橋」開通 半世紀ぶりの新橋梁に渋滞緩和期待

大分市の大分中央幹線道路「庄の原佐野線」の「元町・下郡工区」が14日16時に開通したと大分経済新聞が報じた。2013年に着工した同工区は、芸短大北交差点から下郡工業団地入口交差点までの1.2キロメートル。周辺の混雑緩和のほか、今年の国民文化祭および全国障害者芸術・文化祭、2019年のラグビーW杯開催に当たり、市の出入をめぐる移動時間短縮が期待される。...

熊本地震の被災者の6割が仮設延長希望 

熊本県は、平成28年4月の熊本地震で仮住まいを続ける被災者の意向調査結果を公表した。約1万6千世帯のうち6割が、自宅の建設工期が間に合わないといった理由で、入居の延長を希望した。再建先は5割が自宅、3割が民間賃貸住宅、2割が公営住宅で、未定は昨年6月時点の約4千世帯から142世帯に減少した。県によると、昨年12月末時点で県内外では計約4万1600人が仮住まいを続ける。政府は原則2年の仮設の入居期限を、1年間延長することを決めている。...

10万トン級クルーズ船 佐世保に来月初寄港 三浦岸壁を延伸

佐世保港に2月、10万トンを超えるクルーズ船が初めて寄港する。受け入れる三浦岸壁(佐世保市干尽町)はこれまで270メートルで7万トン級までしか接岸できなかったが、延伸工事に伴い1月から285メートルに延び、寄港が可能になった。今年はほかにも16万トン級の大型船などが初寄港を予定。佐世保港で日々違う風景を楽しめそうだ。昨年のクルーズ船寄港回数は国内9位の84回(前年比20回増)。...

伝統の「鮒市」にぎわう 夜明け前から寒ブナ求め 佐賀・鹿島市

福銀に「歴史の広場」 140年のルーツたどる

クルーズ船誘致へ 瀬戸内町・西古見地区

旭化成が連覇 全日本実業団駅伝

大分の水族館「うみたまご」で戌年にちなんだ生き物展示 

知事「新年『创新』的一年」

伊藤ハム、鹿児島の豚肉工場拡張 生産能力1.4倍に

3千人のファン歓声 宮崎市で大相撲宮崎場所

別府で温泉シンポジウム「ONSENアカデミア」、「スポーツと健康」テーマに 

九州電力、特許無償提供 熊本地震で被災の企業を対象に 

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

沖縄地方

オススメ
最新記事

最新技術は「性フェロモン」 サトウキビの害虫防除、沖縄県農業研が実用化

沖縄県農業研究センターは23日、宮古島および伊良部島でサトウキビに被害をもたらす害虫「ケブカアカチャコガネ」を、性フェロモンを使って防除する技術を確立し、実用化したと発表した。科学的に合成した雌の性フェロモンを大気中に放出して雄を誘引し、交尾を妨害することで生まれる幼虫を減らす。...

純利益2000万円以上902社で過去最多 東京商工リサーチ

札幌信用金庫(札幌)、北海信金(後志管内余市町)、小樽信金(小樽)の3信金が合併して「北海道信用金庫」(札幌)が誕生し、4日午前、営業を始めた。預金量は信金で道内初の1兆円台に到達。経営基盤強化とコスト削減を進め、人口減少や日銀のマイナス金利政策による厳しい経営環境下で生き残りを図る。合併は1日付。4日午前7時45分から、札幌市中央区の本店前で記念式典が開かれ、高橋はるみ知事や札幌市の秋元克広市長ら約100人が出席した。...

沖縄の企業、後継者不在8割 全国最多、社業継承遅れ

帝国データバンク(TDB)沖縄支店は8日、沖縄県内企業の後継者問題に関する実態調査の結果をまとめた。県内企業の84.3%が後継者不在で、全国平均の66.5%を大幅に上回り全国で最も多かった。前回2011年の調査と比べても18.4ポイント増えており、県内企業で後継者が不足している実態が改めて浮き彫りとなった。...

沖縄パワー全開 1000人の三線も 横浜・鶴見ウチナー祭

第2回鶴見ウチナー祭(同実行委員会主催、鶴見区共催)が4日から2日間、横浜市の鶴見区弁天町の入船公園で開催された。2日間で約7万人が来場し、沖縄の料理や音楽を満喫した。来場者は沖縄料理や泡盛、オリオンビールを堪能しながら、三線やゆし豆腐作り、琉装を体験。沖縄音楽や琉球舞踊、地元鶴見のエイサー、南米帰りの県人らによるサンバ演舞を楽しんだ。千人で安里屋ゆんたを演奏する「1千人三線」も開催され、盛況だった。...

観光客最高504万6100人 8月単月で初の100万人突破 60カ月連続で前年同月を上回る

...

钟乳洞窟损坏特别决议

チビチリガマ荒らしで特別決議 読谷村議会「戦争犠牲者への冒涜」

高校求人は5年前の4倍 那覇職安調査、人材確保で前倒し傾向

「島あっちぃ」で活性化 31人、伊平屋観光県事業

現地の味そのまま! 女子も大好きな沖縄フードがセブンに登場

5月有効求人倍率、過去最多1.13倍 失業率は改善3.5%

内閣府 離島振興に6.9億円交付 新規で22事業

ドクターヘリ発信基地、浦添に完成 関係者ら出席し竣工式

4月第3日曜は「もずくの日」 沖縄県那覇市でモズク早食いなどイベント

白い百獣の王が来た 沖縄こどもの国、あす歓迎セレモニー

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

China Online

オススメ
最新記事

<平昌冬季五輪>中国勢、女子エアリアルで銀、銅メダル

16日夜、ピンチャンオリンピックでフリースタイルスキーの女子エアリアル決勝が行われ、中国勢が銀メダルと銅メダルを獲得しました。...

中国の春節、半調理品の年越し料理が大人気

春節(旧正月)を間近に控え、中国各地のレストランは大晦日(今年は2月15日)の夜に家族そろって食べる「年越し料理」の注文が例年になく盛況です。一方で、半調理品のデリバリー件数も倍増しています。1年で最も大切な「年越し料理」ですが、注文配達の普及でスタイルもやや様変わりしています。 北京市豊台区に住む「80後(1980年代生まれ)」の張芳さんは、普段からよくデリバリーサービスを利用していて、今年の「年越し料理」も半調理品を注文しました。「毎年、春節になると、親が台所で懸命に料理をしており、見ていて目頭が熱くなる。台所から出てきて、家族団欒の温かさや幸せをじっくり味わって欲しい」と話していました。...

中国人の健康指標が中・高所得国の平均レベルを上回る

国家衛生計画生育委員会の王賀勝次官は12日、北京で「中国人の健康指標は中・高所得国の平均レベルを上回っており、2016年、中国人の平均予想寿命は76.5歳まで向上している」と発表しました。 王次官は当日に開かれた記者会見で「2017年、中国の妊産婦の死亡率は10万分の19.6となり、2010年より約3割減少している。嬰児の死亡率は2017年6.8‰(パーミル)となり、2010年より5割減少した」と明らかにしました。...

無人運転のモデル基地建設が進む 試運転もまもなく開始

李小鵬交通運輸相は7日北京で、「中国は今、無人運転のモデル基地を建設し、無人運転の発展計画を作り、関連技術の規範についての起草を進めることで、無人運転技術の発展を積極的に推し進めている」と述べました。...

中国、陸上型ミサイルのブースト段階迎撃実験に成功

国防省報道局は6日、「中国は5日、国内で陸上型ミサイルに対するブースト段階の迎撃捕捉実験を行い、所期の目的を達成した。なお、この実験は防御目的のもので、他国を対象としたものではない」との発表を行いました。...

新技術と新サービスが支える2018年の「春節大輸送」

今年の中国のGDP成長率、「6.7~6.9%」との予想

史上最大の大移動作戦「春節」の豆知識 

2018年「春運ラッシュ」旅客輸送量は延べ30億人

外務省、「日本の『一帯一路』参与は中日関係に有利」

中国・ASEAN間の貿易総額が5000億ドル突破

河野外相27日から訪中、関係改善に期待感=中国外務省

中国科学者、初の体細胞クローンのサルを誕生させる

去年の中国外資導入が過去最高額=国連報告

日本職人精神の恵み、抹茶の豆知識サロンが北京で開催